こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学留学のこと

国立(阪大 筑波 お茶女 横国)・早慶上智・マーチあたりの人文科学系学部を受験するつもりで勉強してきたのですが、ふと留学という道を思いつき興味を持ちました。複数の質問があるので箇条書きで失礼します。人によるだろうということばかり、かつ具体性のない質問で申し訳ありません。一般論を教えていただけると嬉しいです。

1:あるサイトにアメリカ4年制大学への留学に必要な英語力の目安としてTOEFL iBT61(PBT500,CBT173)という記述があり、別のサイトでそれが英検準1級に相当するものだと知りました。国内の大学の模擬講義を思い出しそれが英語でなされることを想像して、その程度の英語力でついていけるとは思えなかったのですが、実際どうなんでしょう?

2:日本を出る時点で質問1に書いた程度の英語力があるとして、4年間英語圏の大学に通いながら生活をしたら卒業する頃にどの程度の英語力がつくでしょうか。英語圏で就職することも可能だと思いますか?

3:帰国して就職する場合、上に挙げたような大学の卒業生と、そのくらいの学力の人間が進学し卒業できる海外の大学の卒業生とで扱いに差があるでしょうか?

4:人や社会のことに広く関心があり、海外で暮らすこと自体からも得るものは大きいと思っています。けれど同時に、進学するからにはそれなりの教育を受けたいとも思っていて、つまり留学できるならどこでもいいわけではないのですが、日本の普通の高校生が努力して留学できる大学、留学斡旋機関で紹介されている大学で、質問1程度の英語力をもって、上に挙げたような大学に匹敵する教育を受けられると思いますか?

5:留学の話から少しずれますが、大学で受ける講義その他には(文系なので実験はないものとして)その分野に関する書籍を読むなどして得られる教養以上のものがあるでしょうか? あるならば具体的になんでしょうか。

6:海外で日本の書籍、映画などに触れるのは難しいことですか? 読む本すべてを購入するのは経済的に痛いのですが… また、日本語を忘れるという話を聞きますが、それは防げないこと、あるいは英語習得のためにある程度必要なことですか?

7:留学に関する書籍、ウェブサイトなどでお勧めのものがありましたら教えてください。


分かるものだけでも教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-12-17 17:04:59

QNo.5529365

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下回答します。

1. TOEFL iBTは英語を母国語としない留学生が現地の大学でやっていけるだけの英語コミュニケーション能力を客観的に図る試験です。iBTで61だとかなり低めで英検2級レベルです。iBT 80で準一級、100で英検一級レベルに相当します。ただ、これはあくまでも紙面(電子上)でのシュミレーションしているだけにしか過ぎません。実際に授業についていったり、英文ペーパーを書いたり、リサーチ・プレゼンなどで要求される英語力は、試験で要求される範囲とは完全に別世界です。学部の場合でも、iBTで最低100位あるのが理想ですし、院ならば105-108点(及び専門的知識)はほしいところです。ただ大学によってまちまちですけどね。

2.全くのゼロの状態からスタートした場合でも、大体英検一級、TOEIC930、TOEFL iBT 105位が取れるレベルになるようです。ただし、まじめに勉強し、積極的に英語でコミュニケーションを図る努力をし続ければの話ですが。海外就職ですが、就労ビザ(H1b)が取れるかどうかがネックになります。学部+院なら多少可能性は高くなると思いますが、絶対とは言い切れません。

3.これは企業方針によります。外資系企業の多くは、海外留学経験者が多いので、シビアな競争になる可能性があります。国内企業だと、日本社会の文化や会社方針に問題なくついていけるかどうかがポイントにもなります。

4.これはあなたの努力しだいです。

5.せせこましい固定的観念からの脱却(つまり、日本で言う世間の常識からの脱却)

6.数年程度なら忘れることはまずないと思います。ここの掲示板でコメントが書けて・読めればまず大丈夫ですよ。英語の影響で長ったらしくなったり、多少、変になることはあるかもしれませんが。

7.ALCのmain pageから留学に関する書籍を検索してみてください。結構多くの情報が載っていると思います。

投稿日時 - 2009-12-25 05:05:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

1.TOEFL:
   550点が University of California等 4年制の大学で要求されます。
   DeAnza College等のCommunity Collegeから編入という制度もあります。
    最初の2年間でGPA3.0-3.4を取れれば UC SanDiego等への編入が保障されているようです。

2.英語圏での就職:
   アメリカでは難しいです。http://www.fulbright.jp/study/res/faq39.html

帰国後の就職: http://kaigai.rikunabi.com/
     
 
   Australiaの大学の特定の学部を卒業したり米国のCPA(会計士)の資格があると永住可能との話もあります。

   http://uscpa-taikenki.uogjp.com/jirei/kozue.html
   独立技術永住権に該当する必要があります。

  英語力ーそれなりの目標を決めて文章力等をつけないとNative Speakerとの差は歴然ですが
      移民の国では皆さん英語はどんどん上達します。仕事では自分の専門分野の知識と
      相手を説得する、Projectを進める等のSkillが重要です。
      (日本人は最初から帰国するのが前提なこともあり英語力が向上しない人が多い気がします)

3.大学のLevel  皆さん良く勉強します、特に大学院に進学する予定のある学生は ガリベンです。

4.留学斡旋機関で紹介されている大学: 商売ですので必ずしもLevelの高い大学を進めている様ではないと思います  進学先は ご自分で選ぶ必要があります。

5.経済学や会計学等の単位は編入の際単位を認められますが DeAnza CollegeのCounselor等に相談する必要があります。 UCの3年目の50%は地元のCommunity Collegeからの編入者に枠が用意されてます。
  Californiaの4年制の州立大は外国人にとって大変$が掛かります、、、、

6.SATもACTのTestも受けずに米国の大学に進学する方法は Temple Univ Japanから米国の大学に編入するか 日本の大学からTemple Univ Japanに編入し 更に他の4年制の大学に編入する。Community Collegeから4年制に編入等です。

 国内の学部はクラスに番号が付いて居ない為、海外への単位移行は難しいと言われてます。

 
 海外での就職を希望されるのであれば 豪州の独立技術永住権等調査されたらいかがでしょうか?

7.日本の本:
  大学によっては日本の本も新聞もあります、駐在員等のCommunityから借りるのも手です。
  Internet時代、Communityの形成も容易にて 思いつくことは何でも実現可能です。

8.大学?
   考える力を身につける場。  問題点の認識、調査、Action Plan,実行 (一生必要なSkill)
   社会問題、海外の貧困、戦争等様々な問題意識を持っている人達との付き合いの場が大学の重要な役   割です。 Business School等では頻繁に講演が行われます。
     http://www2.haas.berkeley.edu/Videos/Steve%20Wozniak.aspx
   
   高校と大学の交換留学、MBAと3回留学した方のBlogです。
   http://si-backs.blog.so-net.ne.jp/archive/c296641-1

9.3年程 働いた後、大学院を目指す時代です。
   http://www.agos.co.jp/useful/link/studentblog/blogs.html

http://blog.goo.ne.jp/mit_sloan
http://goldenbear.exblog.jp/
http://knol.google.com/k/why-berkeley-for-your-mba-program#


   

投稿日時 - 2009-12-26 03:47:08

ANo.4

あなたの挙げておられる日本の大学に進学し、在学中におよそ1年間アメリカへ交換留学しました。それまでの海外経験は旅行だけでした。

1.PBT570点くらいはありましたが、最初は厳しかったです。課題量・クラスの大小などによりますが、あなたの英語力に応じて勉強が必要です。

2.可能だと思います。が、アメリカの大学では選んだ学部と就職先の整合性がより求められると聞きます。めざす業界によって求められる英語力も違うと思います。

3.企業・仕事内容によってさまざまかも。海外大だからものすごく有利、という期待はしないほうがよいかもしれないです。

4.私がいったのは日本ではほぼ無名の大学ですが、「しっかり学べるもんだな~。みんなよく勉強するな~」と感じました。

5.文系でもチームワークが求められることもあるし、いろんな人と意見交換して、視野が広がる

6.1年間でたくさん漢字を忘れてしまった気がします。が、勉強すれば当然復活します。

投稿日時 - 2009-12-20 12:19:02

ANo.3

何故留学するのか?
 Global化の中 世の中で活躍する人間になる為には 異文化、多様性の中に身をおく必要があります。

[PDF]
ヨーロッパ諸国の教育改革からの示唆
http://www.murc.jp/report/quarterly/200902/18.pdf
多様性、 人的社会資本(Social Capital)  知識社会時代の教育

黒川先生の講演録
Page8の図3 参照下さい。
http://www.kiyoshikurokawa.com/articles/files/200738.pdf


Tom Freedman Creativeで差別化された サービスを提供可能な人間以外は失業のRiskにさらされる。
http://www.nytimes.com/2009/10/21/opinion/21friedman.html?_r=1&em

企業がもとめる人材とは?  国内で 注目される日本企業、経営者?
http://www.recruit-ex.co.jp/for_clients/files/furoku2009_2.pdf

人材のガラパゴス化: NRI 
http://www.atmarkit.co.jp/news/200712/14/nri.html
http://www.nri.co.jp/souhatsu/research/2008/pdf/rd200804_01.pdf
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20090107/182063/


http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku_kondan/kaisai/dai3/1seku/1s-siryou6.pdf
2008・5・16 立命館副総長(新戦略・国際担当) 本間政雄
(6) (補足)日本人留学生の海外派遣
・日本人学生の海外留学には、我が国の教育プログラムと海外大学のそれとの整合性をとる必要があること(単位互換、共同学位制度など)に加え、言語、授業料、生活費、住居、治安の問題などもあり、近年留学者数がそれほど増加していない。
・グローバル化が加速度的に進行する社会・産業を支えていくためには、日本人学生が積極的に海外で学ぶことが必要である。そのためには、各大学における学生交換協定の締結や共同学位制度の整備、外国語教育、海外拠点の設置など一層の努力が必要であるが、政府・財界による奨学金の拡充などの財政支援も不可欠である

 異文化に触れ、Innovative Spritのある人材との交流等 多様な経験が経済の発展には必要です。


英語は道具力  http://www.amazon.co.jp/英語は道具力-think-book-猪口-孝/dp/4890136193
http://d.hatena.ne.jp/kuromori999/20090917/1253145179


求められる社会制度、価値観 ー  世界で通用する人材育成の為の教育制度に関する社会政策:  
http://www.education-policy.jp/index.html
世界標準の学歴社会への再構築 学位を武器に転職可能に  大森不二雄 教授
http://www.shidaikyo.or.jp/riihe/research/arcadia/0328.html
日本経済新聞  経済教室  10月23日 2009年  大森不二雄 教授
http://www.education-policy.jp/cv/ohmori.html


世界の大学改革の激変: 日本の「一流」大学の大相撲化は待ったなし
http://www.kiyoshikurokawa.com/jp/2008/03/post-179c.html
「世界から見た日本の高等教育」
http://www.shidaikyo.or.jp/riihe/research/series/030.html
教育開国と英語 ―鎖国からの脱却を― -3-
http://www.shidaikyo.or.jp/riihe/research/arcadia/0359.html

http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A2V0QNY3QE4QX/ref=cm_pdp_rev_more?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview#RRZ7ZQVBW3L38
英語を仕事で使える日本人を増やす為には?, 2009/3/23

投稿日時 - 2009-12-19 04:19:53

ANo.2

資料が多いのは
http://www.fulbright.jp/study/service.html

4年制の大学は TOEFL,SAT,ACTのテスト+Essayで出願期間も締め切りが年明けと思いますので まずは Univ of Califと交換留学制度のある 阪大、筑波 早慶上智 ICU 同志社等を受験され 結果が出てから TOEFLのみでTemple University Japanから 米国に転入というPatternもありです。
http://www.tuj.ac.jp/english_program/indexj.html
Community Collegeから3年目編入も財政難で大変だそうです、、
http://www.deanza.edu/transfer/
http://dev.dvc.edu/org/departments/transfer-center/
 Diable Collegeで死ぬほど勉強して UCLA経由商社にいかれた方のBlogを読んだことがあります、 最初の二年でそれなりの成績をとるとUS SanDiegoや Irvine, Davisに転校できます。浪人は無駄ですのでSan Franciscoの南のCommunity CollegeのDeAnzaは International Studentに力をいれており DeAnzaがお勧めです。 TOEFLがIBT60点以下の場合は夏6週間通うと秋から入学可能とのこと。


日米のDouble Degreeも関西大 慶応あたりは一部の学部にあるそうです。
 http://www.kansai-u.ac.jp/Kokusai/world/system/program02.html

Agos:   http://www.agos.co.jp/
   http://tofl.jp/abroad/index.php
    
TOEFL PBT 550 is needed for most top 4 year university.

In this global economy, having a undergrad degree from US university should be a plus when you apply for a job in Japan.
(Make sure to get 900 on TOEIC before applying for a job to differentiate yourself )  900点を取ると 就職の際も別扱いになるそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/College_and_university_rankings
UCB, UCLA, UCSD, UCSB, UC Irvine, UC Davisあたりは世界ランキングでも 阪大より上です。 米国の大学を卒業するとMBAを受験する際 TOEFLは免除されます。

21世紀の日本の教育システムへの提言: Overhauling Japanese Education System 教育のガラポゴス化からの脱却
  こちらに Califの教育制度 詳しくまとめてあります、
  こちらのLinkのPageの右側で  "A.J." さんの他の記事から探してください。

http://www.panoramio.com/user/2873947/tags/Aerial%20Photo
CAL Pilotより (学部時代に飛行機の免許を取得しました!)

まずは受験に集中し 結果が出てから考えも遅くないと思います。
世の中、Sweden人、Finland人、インド、中国、Singapore人が大活躍で英語を自由に操れないれない日本人は グロバル経済に参加出来ない時代となっており 内閣のScientific Advisorの黒川教授も留学を勧められてます。
http://www.kiyoshikurokawa.com/jp/2008/03/post-179c.html
http://www.kiyoshikurokawa.com/articles/files/1195_001.pdf

投稿日時 - 2009-12-19 03:54:26

ANo.1

1.一所懸命勉強すれば大丈夫です。

2.人によりますが、普通は英語圏で就職できる英語力が身につきます。

3.企業にもよりますが、一般的には差はないでしょう。

4.先生方の学生教育に対する考え方が日本より真摯なので、日本の大学以上の教育を受けられると思います。日本の大学では珍しくない休講などはまずありません。

5.視野の拡大―「井戸の中の蛙大海を知らず」からの脱却

6.大学生が4~5年で日本語を忘れることはありません。日本の書籍や映画へのアクセスの難易は住む場所によ
  ります。

7.グーグルで「海外留学」を探せば沢山出てきます。 

投稿日時 - 2009-12-17 17:49:25

あなたにオススメの質問