こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日露戦争。ロシアは樺太南半分を日本に割譲

当時、南半分には何人くらい、どのような人種の人びとが住んでいたのでしょうか。
ロシア兵たちは、北半分に逃げたと思いますが、残った人たちの国籍は「日本」になるのでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-12-09 20:56:10

QNo.5510525

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ポーツマス条約により明治38年日本に返還された南樺太は
明治39年の統計では、 人口12361人であった。
主に樺太アイヌ・ギリヤーク・オロチョン族等
北方諸民族である。彼らは、ロシア国籍から日本国籍に変わった。
 また樺太千島交換条約により、日本国籍を選び北海道に移住していた
北方諸民族も故郷に帰った。
 そのご内地本籍・朝鮮籍などの人々も、続々と移住し、
太平洋戦争のころには、約40万人が樺太で暮らしていた。

投稿日時 - 2009-12-09 21:22:33

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2009-12-10 19:38:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問