こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

少林寺拳法は中国拳法ではない?

少林寺拳法をやりたくて調べたら

(1)少林拳とは違う

(2)中国拳法ではなく日本の拳法である

(3)日本拳法(というのがあるんですか??)と古武道がもとになっていて
中国拳法とはぜんぜん関係ない

(4)歴史を偽っている。はじめた人は少林寺に行っていない

などなど色々出てきました。???疑問だらけです。詳細を知っている方がいましたら教えてください。よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2009-12-01 19:18:24

QNo.5490531

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

質問者様の疑問も最もですね。
(1)少林拳とは違う:現在は少林寺拳法自体がそう発表しています。
(2)中国拳法ではなく日本の拳法である:他の方も言われている様に術理のベースは日本の古流柔術と思われます。
(3)日本拳法(というのがあるんですか??)と古武道がもとになっていて中国拳法とはぜんぜん関係ない:少林寺拳法の剛法である振り子突きが縦拳なため、その様に言われることがあるようですが、直接の関連性は低いと思います。
(4)歴史を偽っている。はじめた人は少林寺に行っていない:これに関しては様々な話があります。確認を行おうと思えば出来る話もあるようですが、難しい所だと思います。ただ、初期の著作物で中国武術に対しての文章で首を捻る記載があるのは確かです。

とはいえ、一代であれだけの大系の武道を創始し、青少年の教育を武道を通し行っていることは疑いようのない事実であります。学習においてもよく研究されている様で、個人的見解ですが良い武道だと考えます。

投稿日時 - 2009-12-09 23:06:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

誰も源流のままという事もないし、おのずと他流の影響を受けたり、共通の認識に至ったりします。
また中には、威厳を作る為に既成の団体を名乗ったりもします。
詳細経緯は関連のサイトに出ているでしょうが、ドコまで本当かも判りません。

合気道だって、私が習っている富木(合気道協会)は講道館に居た富木先生が嘉納先生に言われて植芝先生の門を叩き、後に講道館に戻って講道館護身術を纏める傍ら合気道を系統、分別化して作ったとしていますが、合気会では「関係ない。合気道と名乗れるのは合気会だけ」と言っていました。
その富木の中であっても日々改良がなされ、現在多くの道場で教えている内容は、富木先生の技とは同じといえば同じですが、別物といえば全く別物でもあります。
この事は同じ中国産である少林拳と太極拳の流れについてもいえることです。

だから中国拳法家に言わせれば、全く別物だというだろうし、系列だとしている人も居るでしょう。

ただし「同じ」ではありません。参考にしているかもしれませんが、少林寺拳法は日本産と理解した方がいいと思います。

投稿日時 - 2009-12-03 15:07:24

ANo.5

1、宗家”宗道臣師(初代の事、現在は実娘が二代目宗道臣)”が中国へ戦時中に特殊工作員として派遣されて居た時に主に中国拳法の南派を学び改良を加えて日本国中に広めたものでその点からいえば中国拳法の流れをくんでいると言っても過言ではありません
2、従って上記から回答はおのずから解るでしょう
3、柔術家だった”澤山宗海師(後に関西大学教授に就任)が剣道の面胴などを使って防具を付けてのフルコンタクトの武道を始めたが、剣道の防具では蹴りや拳を受けると壊れてしまうので独自の物を作り愛弟子二人を連れて全国行脚して日本に広めた日本独自の大正時代に始まった総合格闘技です
4、1の答で御解りだと思います

投稿日時 - 2009-12-03 11:48:47

ANo.4

1)2)は下記URLを参照下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E6%9E%97%E5%AF%BA%E6%8B%B3%E6%B3%95

3)は柔術が元です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%8B%B3%E6%B3%95

4)偽っているかはわかりません。

その他に少林寺拳法は空手や合気道の影響も受けています。
少しですが少林寺拳法を見る機会がありましたが、受身や一部技に合気道と同じものがありました。
少林寺拳法は道場が多いので入りやすいと思います。

投稿日時 - 2009-12-02 18:26:31

ANo.3

>(3)日本拳法(というのがあるんですか??)と古武道がもとになっていて中国拳法とはぜんぜん関係ない

これは全然違いますね。日本拳法は防具を着想して実際に打ち合う日本発祥の拳法で、昭和8年ごろ、宗家の澤山宗海氏によって創案されたものです。
ひとつ、日本拳法界の信頼できる筋からのうわさ話を・・・・・
ある日、宗家のもとに腕自慢の若者が試合を挑みに来ました。宗家は日本拳法を創始する前は、柔道5段、片手で90キロの鉄アレイを持ち上げるほどの体力。拳法も円の動きを取り入れた流れるような拳法の使い手でした。若者は宗家の拳であっけなく敗れてしまいました・・・。
「道場破りであれば名前くらい名乗られよ」宗家にそう糺された若者は「それだけは勘弁してください・・・・」ほうほうの体で逃げ帰ったそうです。その若者こそ・・・・・後の宗○臣氏であったということです。
いや、あくまで噂ですから。でも、宗家の愛弟子みたいな人から聞いた話なんで信憑性は高いと思うよ。

投稿日時 - 2009-12-01 22:19:42

ANo.2

少林寺拳法経験者です。

(1)違います。少林寺拳法は戦時中、中国に渡った日本人が中国各地でいろんな中国拳法を学び戦後それらを整理統合して少林寺拳法を創りました。

(2)源流は中国にあります。

(3)全国に広く普及した少林寺拳法に対し、いまいちマイナーで普及しない武道団体が流したデマです。

(4)中国河南省にある嵩山少林寺に行って義和門拳の法脈継承の儀式をして伝法の印可受けております。嵩山少林寺で修行はしておりません。

投稿日時 - 2009-12-01 21:57:46

あなたにオススメの質問