こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英語の発音について

今、英語の発音の練習をしていて、ケネディ大統領の就任演説の冒頭部分を聞いていました。
そこで”the belief that the rights of man…”という部分があるのですが
that the がフラップをおこしたようにザットラと聞こえます。
私が持っている参考書では、/t/が母音ではさまれた場合に変化する
と書かれてあるのですが、どうも適用されそうにありません。
単に聞きづらく、本当はザットザッと言っていると考えてよいのでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-17 16:45:06

QNo.5455379

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

that the のように‘th’で始まる有声音の単語(this/that/the/those/them/they/their/there/then/than/thoughなど)が連続して早く発音される場合は、舌の動きは次のようになります。

この場合thatの語尾の“t”は舌先は“t”の位置にきますが、殆ど発音されません。
そして次にくるtheを早く発音した場合、舌先は上前歯の下から少し出てタッチしているか、上前歯の後ろにタッチしていますが出てくる音はDかLに近くなります。

従って、質問者さんがおっしゃってるように、自ずとザッ(ト)ラまたはザッ(ト)ダに聞こえるのが普通の現象のようです。

投稿日時 - 2009-11-18 02:42:42

ANo.2

「ザットラ」、、、ありえるんじゃないでしょうか。

>私が持っている参考書では、/t/が母音ではさまれた場合に変化する

「発音の規則」として機械的に考えない方がいいと思います。
「人間(の舌)の運動能力の問題」として考えては?

"t"や"th"の発音。ゆっくり話すときは舌先が前歯に触れます。
でも速く話すと、舌先の動きが間に合わなくて、前歯に触れないうちに次の音に移ってしまう。
だから日本語のラ行のように聞こえるんです。

that the … ゆっくり話すと、"th" を2回発音します。
でも、速く話すと、2つ目の"th"の発音のとき、舌先が前歯に届かない。
その結果、「ザットラ」のように聞こえるのでしょう。

投稿日時 - 2009-11-17 17:27:41

お礼

やっぱりそうなんでしょうか。
そういう考えもあったのですが、なにか規則的なことでもあるのか
と思い質問させていただきました。ご回答ありがとうございます

投稿日時 - 2009-11-17 18:04:47

ANo.1

that the の部分ではなく、 that the rights の部分が、
ザットラい と聞こえているのではありませんか?

 ※間違った指摘をしておりましたら、申し訳ありません。

投稿日時 - 2009-11-17 16:49:17

あなたにオススメの質問