こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カルロスゴーン氏はそんなにすごいの

日産を立て直したとしてカルロス・ゴーン氏がもてはやされてますが、果たして彼はそんなにすごいのでしょうか?

(1)彼はフランス語しか話さないのでしょうか?
(2)フランス語しか話さないで、意思の疎通ができたのでしょうか?
(3)工場をばんばん閉鎖して、人を切れば黒字になるのは当然だと思うのですが、彼はそんなにすごいのでしょうか?
(4)彼は高給をもらっているようですがいくらもらっているのでしょうか?
(5)高給をもらっているとしたら、社員の首をどんどん切って自分は高給をもらうのってどうでしょう?

投稿日時 - 2003-05-11 10:05:54

QNo.544482

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1),2)いえ、まさか。「英語」です。NHKでのインタビューを見ましたが、流ちょうですよ。
(その点トルシエさんとはだいぶ違います。彼の英語はひどいのでほとんどフランス語のみでしたね。)

ただ、社員に対してメッセージを送りたいときなど、日本語も使います。(専属の日本語の教師を付けて勉強しています)

3)そんなに簡単な物ではありません。
いま日本中の会社で工場閉鎖、人員削減していますが、上手く言っていない会社の方が非常に多いです。
会社が利益を上げるためにも、人と生産資材は必要な物ですから、一筋縄では行かないのです。
たとえば、有名なところではダイエーなども大幅な人員削減、不採算店舗売却を勧めているにもかかわらず立ち直れていません。
メーカーにしても同じです。

4)わかりません。
でも5~10億円でも、あれだけの快挙を成し遂げてくれるのであれば安い買い物だと思いますけど。

5)社員にも還元していますよね。ボーナスや月給のベースアップを労働組合の要求額満額認めたりなどしています。
今のご時世でそのような会社は日本にはほとんど見あたりません。空前の利益を上げているトヨタでさえ、月給のベースアップには渋いです(ボーナスで還元していますが)。
(それに必要なお金の金額は彼の給料よりは遙かに巨額です。)
ゴーン社長の英断だそうです。従業員の志気をあげるためには、苦労した分見返りが必要と言うことですね。

では。

投稿日時 - 2003-05-11 11:31:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

今、本人がテレビで話ししてるよ

投稿日時 - 2003-05-11 10:59:11

あなたにオススメの質問