こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

山手線のホームドア

山手線にホームドアが設置され、京浜東北線が走ることもあるので、
6扉車を廃止してドアの位置を揃える。
というのは、知っていたのですが、最近ふと気づきました。

山手線のE231系と京浜東北線のE233系とでは、運転席直後のドアの
位置が違いますよね。あれって、どうするんでしょうか?
気になって、東京駅のホームでしばらく見比べていたのですが、
山手線内回り、京浜東北線北行きの先頭車側は、通常の両開きの
ホームドアではなく、運転席方向への片開きにすればなんとか
なるかなと思いました(ただ、その場合運転席から出られない)が、
両数が違うので反対側はそういうわけにはいかないなと。

当然、何らかの手立てが用意されているはずですが、
どうするつもりかご存知ですか?

投稿日時 - 2009-11-11 17:51:15

QNo.5439891

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

今のところ公式の発表はありません。

・山手線に新形式投入
・E233系は先頭車ドアカット

この二つが考えられます。

山手線向けに新形式のE235系投入の話は以前から噂になってます。
ホームドアは2017年頃までに設置完了とかなり慎重ですから、新車投入で対応することも十分考えられると思います。

二つ目はドアカットです。
踏切が1箇所で運転速度も低い山手線では、E233系のような構造の乗務員室は必要なく、E231系通勤タイプの構造で大丈夫です。
また、混雑が激しいですから、客室が狭くなるのも辛いです。
そのため、もし新車が投入されても現行のE231系と同じような車体になればまた問題が起きます。
こうなったらE233系はドアカットで対応するしかないです。

投稿日時 - 2009-11-12 08:53:03

お礼

京浜東北線でドアカット?って、一瞬思ったんですが、
問題のドアは隣とドアと近いし、京浜東北線がホームドアのある
山手線ホームに入ること自体がイレギュラーですから、
ドアカットもありですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-12 20:02:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

あくまで私見ですが。

私の知人で鉄道に詳しく、JRを含めた鉄道会社に仲間がいて、本人もJR東日本の職員という人がいます。

その人の話などからの私見です。

可能性は、いくつかあります。

まず、ホームドアの位置等については、外して考えてあります。

1.サハE230系500番台6ドア車を、サハE231系500番台4ドア車に置き換える

 既に製造終了したE231系の車両の製造方法として、これが最も低廉で簡単な方法です。52編成有りますので、サハE231系500番台4ドア車を104両製造すればいいわけです。現有車両と同じ新津で製造するとすれば、10両編成10編成と2両。1年程度で製造できるでしょうね。2012年予定なので、2011年初頭から製造すれば間に合うでしょう。

2.サハE230系500番台をサハE231系500番台4ドア車に、クハE231系とE230系をドア位置をE233系と合わせた新番台(例えば1500番台)を製造して置き換える。

 次に簡単なのが、サハと共にクハも置き換える方法です。この場合製造両数がサハ102両、クハE231系が52両、クハE230系が52両の204両です。製造とすれば10両編成20編成分と4両。2年くらいで作れそうですね。

3.編成単位でE233系に置き換え
この方法がドア数、位置を合わせるのに最も簡単なのですが、問題があります。

 前回205系からE231系に、約10年で置き換え、まだ置き換えて数年です。減価償却していない車両を廃車、と言うわけには行きません。

 と言って、JR東日本にいる友人の話では、E231系500番台は完全な山手線仕様に作られており、他線区への転用は考えられていないと言うことです。と言うことは、転用するとなれば、多大な改造費がかかると言うことになります。

 18歳人口が減少し、電車に乗らなくなるい人が増え、載るようになる人が乗らなくなる人の人数を下回っている現在、鉄道会社が多大な費用をかけて改造する、というのは考えにくいことではあります。

 最後にホームドアについてですが、副都心線のホームドアを見たことがありますか。それも電車が停車しているとき。

 副都心線のホームドアは、車両のホームドアよりも幅がかなり広く、左右のサイズも異なります。

 山手線の、京浜東北線との併走区間のドア、先頭車のドアのみこのような左右異なるサイズのドアにすれば、先頭のドア位置の相違くらいなら吸収可能でしょう。

 こうした事を踏まえて考えると、私は下記のように考えています。

1.車両のドア数は、山手線の6ドア車を4ドア車に置き換えて統一する。

2.先頭ドア位置は、ホームドアを先頭ドアのみ左右異なるサイズのものとし、位置の相違を吸収する。

これであれば、ホームドア設置費用以外の出費が最小限で済みます。

投稿日時 - 2009-11-12 14:18:33

お礼

両開きホームドアの左右のドア幅が違うというのは思いつきませんでした。
これだと、ぎりぎりOKかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-12 20:05:43

ANo.2

今のところは不明ですが、私は山手線に新車の導入かなぁと思いますね。
この新車は京浜東北線E233と同じドア配置になるのではないでしょうか?
ホームドアは当面山手線だけのはずです。
そこで試験したあと山手線全線に導入と思われますので、そのときに新車に切り替え?

まぁ、あくまでそういう可能性というだけですが。

投稿日時 - 2009-11-12 10:13:44

お礼

#1さんの回答にもありますが、運転席を広くする必要のない山手線で、
それをやって客室を狭くするのはどうかなと思ってます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-12 20:04:34

あなたにオススメの質問