こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

医療保険 全労災と民間生命保険で迷ってます。

全労災の終身保険と民間保険会社のどちらが良いか迷ってます。
どちらがよいでしょうか?

夫35歳・妻33歳共働き(子供なし・将来的には出産の可能性はあるかも)

医療保障はいずれも入院日額5,000円を考えてます。


全労災の場合
医療保険+三大疾病(終身)を考えています。
保険期間も適用期間も終身になり、月5,500円です。

民間生命保険の場合候補が2つあります。
 アフラック医療保険+がん保険 月7,700円(65歳払済タイプ)
 オリックス生命CURE+三大疾病特約 月5,215円(60歳払済タイプ)

保障内容は全労災がいいと思っているのですが、終身保険料を払わないといけないので、80歳まで生きた場合払込保険料は300万を超えます。

アフラックやCUREだと60歳や65歳で支払いが終わるので気持ち的に楽だし、総額が安く済みます。アフラックだと260万くらいで、CUREは160万くらい。
全労災はがんだけでなく三大疾病に手厚いのが魅力。
アフラックはがん保障が手厚い。
CUREは必要最小限の保障。
といったイメージです。
一番アドバイスいただきたいのは、生涯払い続けるのか、65歳までに払い終えれる保険がいいのか?ということです。
将来的に保険会社が破たんしたら?高齢になって払う余裕があるのか?とかいろいろ考えてしまって訳わからなくなりました・・・。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-11-09 20:04:42

QNo.5434678

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

まず、全労済と『民間』生保という分け方ですが、ちょっと誤解があるようです。
『将来的に保険会社が破たんしたら?』
全労済は民間の共済組合です。破綻の危険はあります。
また、生保のように「生命保険契約者保護機構」がないので、破綻した場合には、再保険等でカバーすることになりますが、どの程度カバーできるのか、公表されていません。

生命保険契約者保護機構
http://www.seihohogo.jp/
全労済の危機管理
http://www.zenrosai.coop/zenrosai/risk_management/index.php

日本で唯一政府保障があったのは、簡易保険ですが、それも「かんぽ生命」という民間の生命保険会社になったので、政府保障のある保険は存在しません。
ただし、かんぽ生命は、政府が100%株主なので、現状では破綻するとは考えられません。

(Q)生涯払い続けるのか、65歳までに払い終えれる保険がいいのか?
(A)どちらも一長一短です。
どちらが正解ということはありません。

そもそも保険とは、保障内容を最優先するべきなので、全労済がご自身のニーズとあっているのならば、そちらを選ぶべきだと思います。
保険料については、老後の支払いが心配ならば、今からそのための貯蓄をしておくことをお勧めします。

投稿日時 - 2009-11-10 10:14:09

あなたにオススメの質問