こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕掛品

工業簿記の仕訳に出てくる
【1】仕掛品  /材料
製造間接費



総合原価計算に出てくる

【2】月初仕掛品   50
当月投入      100
合計         150
【3】月末仕掛品   20
完成品        130

この3つの「仕掛品」について頭がごちゃごちゃです。

まず
【1】の
仕掛品     /材料
製造間接費
について

この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?

置き換えれば
月初仕掛品 /材料
月末仕掛品
製造間接費

ということになりますか?

投稿日時 - 2009-11-07 19:33:46

QNo.5429450

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?//

違います。この場合の仕掛品は当月投入のことです。

ご質問の【1】と【2】【3】の違いはなんでしょう?
それは、【1】が仕訳であるのに対して、【2】【3】は生産データであることです。異なる表現の物を持ち出してきて比較することは容易なことではありません。どちらもT字勘定で表わすと分かります;

【1】をT字勘定で表わすと(/は貸借の境目の縦線と考えて下さい)、

     材料                仕掛品         製造間接費
      / 仕掛品  100   又は  材料100/   および  材料 20/
      / 製造間接費 20  

ということです(便宜的に金額を入れました)。一方【2】【3】は、

     仕掛品
月初有高 50/製品  130
材料   100/月末有高 20

となります。
この【2】【3】の借方の「材料100」の部分が【1】の仕訳の借方仕掛品と同意(つまりT字勘定でみると材料勘定の貸方仕掛品100か、仕掛品勘定の借方材料100、特に【1】と【2】【3】を同じ仕掛品勘定で見れば正にどちらも借方にあります。)なのです。

工業簿記で大切なのは勘定連絡だと言われますし、実際その通りだと思います。T字勘定で理解できるようにしましょう。工業簿記は価値(材料などの資産)や費用(労務費や経費など)を集積して新たな価値(仕掛品や製品という資産)を作り出す行程ですから、大抵の勘定は、借方に資産や費用が集積し、新たな資産が貸方に出来ていきます。そしてそれがどんどん繋がっていきます。
とにかくT字勘定で理解できるようにしましょう。

投稿日時 - 2009-11-07 21:41:48

お礼

有難うございました。
勘定連絡を覚えます!

投稿日時 - 2009-11-12 21:20:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問