こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ校則が存在するのですか?

校則について質問があります。
中学生です。
僕の学校では、整髪量が禁止だったり、靴下は白、染髪は禁止などですが、
なぜ校則が存在しているのですか?
学校によって校則が緩かったり厳しかったりしますし、ファッションの事なんかは法に触れていない限り教師にも関係のないことだと思います。
特に校則が緩かったり厳しかったりするのは、各学校で違いが出てしまいますから、
不公平だと思います。


なぜこんな問題がありながらも校則が存在するのかを教えてください。

投稿日時 - 2009-10-13 16:32:40

QNo.5364279

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そうなんだよ。君が気づいたとおり、世の中は不公平です。
義務教育は、子供が社会に出るまでの必要な訓練期間。
一般社会が不公平であるのだから、その訓練のための学校制度が不公平なのは当然のこと。

まあ、世の中は不公平だけど、その反面で自由もあります。
中学生の質問者さんから見れば、確実に二倍以上の年齢だけど、中学生の頃に感じた不満や不公平なんて、大人の社会には比較にならないほど多いのが実情です。

それでも、まあ何とか生きているのは、不公平も多い反面、自由も多いから。
大人になればなるほど、自由も増える、使えるお金も増える。
でも責任も増え、矛盾だらけの世の中で四苦八苦する。

まあ、私も中学生の頃はいろいろ校則に対して不満ももったけど、大人になった今となっては実に青臭かったなと、つくづく思います。
そもそも、私の学校では、男子は全員坊主刈りだったよ!
整髪がうんぬんが問題だなんて、なんて甘い校則だろうと正直思います。

投稿日時 - 2009-10-13 22:51:16

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

正当な理由があれば校則は変更できると思います。
生徒会、PTA、学校側がすべて納得いく場合。

ただファッションだからなどは通らないと思いますが、
靴はコレと指定されていても、それが高額なるものであれば
類似で色も同様なモノの範囲指定にして欲しいなどあると思います。
特に公立などは経済的な要件はクリアされやすいと思います。

ただ皆さんがおっしゃるように、校則がなぜあるのか、
それはルールを守る練習であると思います。
ルールの中での自由を満喫できる練習。

これからは会社、社会、友達、いろいろの輪の中でルールが存在しますから一番ビシッとした形を教えておく。

武道や各スポーツもそうですが、まず型だと思うのです。

今はいろいろたくさん勉強以外にも勉強していく時期ですね。がんばってください。

今度はあなたが 親になりより上手く説明できるようになれればいいですね。ただの言葉よりは行動経験がある方が重みを増すので、しっかりルールの中での自由を見つけてみてください。何かが見えてくると思います。

投稿日時 - 2009-10-23 05:42:59

ANo.16

生徒を管理するためです。

>特に校則が緩かったり厳しかったりするのは、各学校で違いが出てしまいますから、不公平だと思います。

校則は生徒側の訴え(運動)で変える事が出来るので何もしないのに不満を言うのはおかしいです。
他の学校は生徒会が動いたから整髪料の使用が許可された。一方で、生徒たちに何の動きもないから整髪料の使用は今まで通り禁止。
何もおかしくも不公平さもありません。ただ、生徒による提案、運動を一切禁止しているならばそこには不公平さがありますけどね。

だから
>なぜこんな問題がありながらも校則が存在するのかを教えてください。

そもそも校則の存在に問題なんてありません。
問題があるとすれば小さいこと一つ一つを周りと比較するあなたの性格です。

投稿日時 - 2009-10-15 11:49:28

ANo.15

生徒の評価を良くするためです。

人間は、見た目と所属している集団で判断されます。
この是非はおいて、それが現実です。

『中学生・高校生にふさわしい』姿でない(と周囲の大人が評価する)生徒がいれば、
その学校はそういう生徒がいる学校として評価されます。
そこに通う生徒は、そういう学校に通っているというフィルターを通して評価されます。

一人の生徒の行動が、結果として、多くの生徒の評価を下げることにつながります。
例えば、一人の不祥事が、会社全体の評価を下げることに似ていますね。
それを防ぐために『中学生・高校生にふさわしい』姿(行動)を求め、
ある程度の規制をかけるわけです。

しかし『中学生・高校生にふさわしい』という表現は、抽象的です。
とくに、持ち物や身につけるもので、他の生徒と差をつけたいと考える生徒は、
規制に対して根拠や基準を求めます。差を最大限につけようと思うから、
「どこまでならOKでどこからダメなんだ?」ということをはっきりさせるわけです。
それが具体的な数値や項目、つまり校則を、馬鹿みたいに増やしてしまいます。

無論、生徒の力で校則を変えることも可能です。
実際、制帽の是非を生徒総会で採り上げ、議決によって制帽を廃止した高校(県立)が近所にあります。

なお、高校はともかく中学校の校則は、学校間でそんなに違いません。
チェックが厳しいかどうかの違いがあるだけです。

投稿日時 - 2009-10-14 11:55:26

ANo.14

6番の Sea-Breeze です。

> 会社に行くのは自由ですから、ルールを守る。守らなければクビになる。これと中学は違うと思います ・・・

たしかにそうですね。 ルールを守らなければクビになるだけだし、守ること自体がイヤなら会社に入らなければ良いですよね。 全て自分の責任になるわけだから、誰にも文句を言われる事は無いですよね。

ただ、ではその後はどうなるのか? という事も考えなければいけません。 つまりどうやってこの社会で食っていくか? という事ですね。

もし親が大金持ちで、一生遊んで暮らせるだけの立場ならそれでも良いでしょうが、99% 以上の人はそうではありません。

イヤでも嫌いでも仕事を続けていかないと生きてはいけません。 ここが問題になるわけです。 この精神力というか「我慢する力」を学校が教えてくれているわけです。

「社会に出てお金を稼ぐ」というのは大変な事ですよ。 特に今のように不景気な時代では、自分に一番合った仕事を見つけるというのは、まず不可能です。

たまたま巡り合った仕事を大事にして、多くの変なルールや我慢できない「押し付け」にも耐える事しか生きる道はありません。 みんな、そうやって生きているわけです。 決して全員がハッピーな生活を送っているわけではありません。

生徒の立場からすれば 「そんな事を頼んだ覚えは無い!」 と感じるでしょうが、忍耐力を養うのは若い内しかできません。 年をとってから精神力をつけようとしても、もう遅いです。

投稿日時 - 2009-10-14 10:21:34

ANo.13

校則は破るためにあるから。

他の方々は優しいですね。
普通の人の道です。
普通にしたければ他の方を参考にしてください。

嫌であれば、
>>ファッションの事なんかは法に触れていない限り教師にも関係のないことだと思います。

このような答え方ではいけません。
この答え方では誰もがムカつきます。
破る=怒られる=悪認定。の流れをぶっ壊すのですよ。

破って相手を笑わせる。

これが出来なければ素直にルールに従いましょう。
これ、マネでは意味が無いよ。
オリジナリティや想像力、知恵が無ければできないから。
芸人レベルの才能が必要です。

投稿日時 - 2009-10-14 03:12:56

ANo.12

何故、理不尽な校則があるか。
それは、STUDENT101さんが、大人になって社会人になったときに
一般社会で適応できるためです。
例えば、会社の統一された制服があるのに、STUDENT101さんだけ私服で仕事はできないですよね。
スポーツチームでもみんな同じユニフォームを着けるのに一人だけ好き勝手な衣装を着けては試合が成り立ちませんよね。(サッカーのGKは別ですよ)
STUDENT101さんの身内の告別式で一人だけカラフルな衣装を着ていたらおかしいでしょう。
それと同じです。
大人になると常識的なルールは守らないと周りから排除されます。

投稿日時 - 2009-10-13 23:28:30

ANo.10

有名な校則がありますね。ただ一言、
Be Gentleman(紳士たれ)

中学生では当てはめにくいでしょうけど、紳士的な行動(ここでは女子生徒も同じ、という意味で)ではない生徒が少なくない、ということでしょうね。ファッション、なんて書かれていますが、中学生は学校でどうあるべきか、と考えるとおのずと答えも出てくるでしょう。また、学校によって差があるから不公平、と考えるのもまだまだ紳士的ではないな、と考えてしまいますね。

投稿日時 - 2009-10-13 21:39:58

ANo.9

(任意・強制問わず)組織には何かしらのルールがあります。
校則も学校いう組織を運営するのに必要なルールです。

校則が厳しいというのは、おそらく校則で縛らないといけないことが、過去にあったからでしょう。
そういう点では、校則の少ない学校はうらやましいかもしれませんが、みんなが校則なんてルールに縛られなくても、品行方正にやっているのでしょう。

まぁでもルールは時代とともに変化するのは、アリだと思います。
どうせなら、生徒会に提案してみればいいのに。
僕が中学のときも私服化の議論は生徒会でやりましたよ。
(ただ、僕は私服化は反対でしたが…)

投稿日時 - 2009-10-13 21:28:06

ANo.8

学校の校則のように会社にも社則と言うものがあります。
これは、一般的に法律では無いので別に破っても法的な罰則はありませんが、減給される、若しくは降格される、最悪の場合リストラされます。実際、ほとんどの企業でファッションはある程度決められています。確かに、各学校により不公平はありますそれについては、そこの校長の方針のためしかたが無いことだと思います。

確かに、校則にはある程度問題点はありますが常識を学ぶとして一番いいことだと思います。
意味の無い校則
・長ズボンは原則禁止

このような、無意味な校則は親やPTAに訴えて止めさせるようにすべきです。
親と教師の意見が一致した校則は必要だと思います。

投稿日時 - 2009-10-13 19:42:32

ANo.7

世の中には校則と同じく、法律に定められていない決まりごとがたくさんあります。
私個人としては、靴下の色なんてどーでもええやんけ、とは思いますが、それらも訓練だと思ってくれればよいと思います。

法律に定められていないので、それを破っても犯罪にはなりませんが、社会では生きていけません。これは大げさな話ではありません。
敬語を使う、相手を敬う、礼節をつくす。
これは別に法律に定められたことではないので実行しなくても良いですが、会社でそれが出来なければ、きっとお給料はもらえません。
また、ネクタイなどしなくても別に犯罪ではありませんが、相手を敬う上でネクタイ着用は必要なことです。

今の社会人のルールをもってして、校則に照らし合わせてみると同じようなことがたくさんあります。
会社で派手な靴下を履いている人はいません(一部にはいるけどね)。
会社で派手な髪型にしている人はいません(一部にはいるけどね)。
それが中学生にできるのであれば、校則は必要ないでしょう。

投稿日時 - 2009-10-13 17:08:48

「大人になるための訓練」だと考えれば良いでしょう。

たしかに理屈から言えば頭髪や衣服など、他人の迷惑をかけなければ本人の意思に任せれば良い事です。 学校の帰りにコンビニに寄る事も禁止している学校もあるはずです。 おかしいと言えばおかしいのですが、これも訓練のために行なっているわけです。

というのが、世の中に出れば「おかしな事なのに、しなければいけない事だらけ」だからです。

学校にいる間は生徒の好きなようにさせておいて、卒業して世の中の不公平や矛盾に直面し振り回されても先生は知らん顔 ・・・ 「生徒の自己責任」と知らん顔して放置する事は学校のする事ではないからです。 そのために学校や教師がいるからです。

逆に言えば、生徒がやりたい放題にした方が教師は楽ですよ。 落ちこぼれになろうが、わがままな人間になろうが、一切知らん顔。 責任は全く取らない。 それでも給与や賞与は満額支給。

でも、それじゃダメなんですよね。 教師って職業は、生徒が学校にいる間に社会の厳しさに耐えられるだけの精神力を身に付けさせなければいけない立場なんですよ。

そこを理解してほしいですね。

投稿日時 - 2009-10-13 17:00:58

お礼

会社は自分で希望して行きますが
中学は強制なので、皆が腑に落ちないのだと思います。

会社に行くのは自由ですから、
ルールを守る。
守らなければクビになる。
これと中学は違うと思います。

投稿日時 - 2009-10-13 17:49:43

ANo.5

国家にはその国に合った憲法があり、それに基づいた法律があり、市町村・県にはその地方に合わせた条例があります

それと同じこと

もっともっと小さく言うと、個人個人でも自分なりのルールがありますよね?

それは人それぞれ違いますが、それを許すと皆自分勝手な行動をとってしまいます

集団で生きる以上、公共団体であれば皆が平和で幸せに暮らせるよう、学生であれば勉強がキチンと出来る環境を作れるようルールを決めています

それらが無くなったらどうなるか想像してみてください

そのルールが嫌なら、自分の考えにあう所に行くしかないですよね?

自分ひとりの世界で生きていけるのなら結構ですが・・・

投稿日時 - 2009-10-13 16:59:26

>なぜこんな問題がありながらも校則が存在するのか

道理が通じない奴がいるから。
言っても分からない奴がいるから。です。


>ファッションの事なんかは法に触れていない限り教師にも関係のないことだと思います。

こういう人の中にはアホみたいに奇抜なファッションで
登校したりすると、登下校時は規制がききませんし。。
中には犯罪行為に走る奴もいます。どこの生徒だって話です。


まあ、昔からバカみたいな決まりのための規則みたいな
校則が多いのは確かです。
守りたくなければ守らなければいいのです。
私はそれで通したことがいくつかあります。

投稿日時 - 2009-10-13 16:51:23

私も中学生のとき、理不尽な校則に腹が立ちました。靴下の色まで指定するなんてウザいな…なんて考えてました。
でも、
社会というのは、みんながルールを守らないと成り立ちません。
たとえば、みんなが交通ルールを守らなかったら交通事故が多発しますよね。
中学生という時期には、そのルールを守ることの大切さを教える時期です。
だれかが校則を守らないで頭を金髪にし、化粧をしていたら、周りから「あの中学は馬鹿なやつばっかいる」とレッテルを貼られることがあるでしょう。間接的にその中学のみんなに迷惑をかけるんですね。

また、社会は「金髪にしているやつは遊んでいる」などと、見た目から中身を連想する人が多いです。私はそういう考えは嫌いですが、でも時々そういう見方をしている自分もいます。
中学生というまだ心も体も成長段階のうちに、染髪や化粧をしていると、そういう見方をする人で悪いことを企むやつらが近寄ってきます。
校則というのは、それらから子供たちを守るために、あるんです。

あなたが校則をうざったく感じるのでしたら、「みんなに迷惑をかけてもいい」「悪いやつらが近寄ってきてもいい」などという覚悟があるのでしたら、破ってもいいと思います。
生半可な気持ちでは校則を破るのはやめたほうがいいと思いますね。
参考になりましたら、幸いです。

投稿日時 - 2009-10-13 16:50:18

ANo.2

もし生徒みんなが常識をわきまえた行動や、中学生としてふさわしい格好ができるのなら、校則は不要です。
しかし、もし校則がなければ、非常識な行動や、中学生としてふさわしくない格好をする生徒も出てくるはずです。
日本の法律では、犯罪になるような行為以外は取り締まることが出来ません。
中学生としてふさわしくない格好をしている人がいても、警察官は何も言えません。
校則があるからこそ、非常識な行動や中学生としてふさわしくない格好をしている人に対して注意ができるのです。

投稿日時 - 2009-10-13 16:44:45

ANo.1

ではなぜ、今までそういう不満をもった中学生が大人になって子供のために校則をなくそうと努力をしないのか。それは、あなたが大人になったらわかる。校則についていけないのなら、両親に相談して日本に住むのをやめるしかない。

投稿日時 - 2009-10-13 16:41:12

お礼

過去の事に今の生活を捨ててまで、
なくそうとする努力をしようとは思わないでしょう。
そんなことをしようとすれば、かなりの年月がかかると思うのですが・・・。

投稿日時 - 2009-10-13 17:34:55

あなたにオススメの質問