こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

DVDレコーダーの製造コストについて

ビデオデッキを買っていた時(1,2万円)と比べると
HDDの容量も現時点で
320/500GB程度しかないしDVD/BDレコーダーって高くないですか?
特価でも3万円台です。

メカもVHSの方が複雑そうです。

PCとは違いますが、光学ドライブ、HDD、マザーボード、CPU、チューナーなどPCから考えると高く思います。
どこまで製造に金がかかるんでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-12 00:49:27

QNo.5360353

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

製造にかかるお金ですが、大まかに言って”半値八掛け”くらいと思ってください。定価10万円のレコーダなら工場を出るときには4万円くらい、ということです。

PC部品のように、取扱説明書も不十分である程度使用者側に責任を押しつけられる商品と違い、DVDレコーダーのような家電品は部品等以外のコスト、つまり取扱説明書であったり安全対策であったりが随分かかります。そういう点を考慮すれば、あながち高価ともいえないですよ。

投稿日時 - 2009-10-16 10:53:41

後10年もすれば、ビデオデッキと同じくらいの値段になるのでは?
最初のビデオデッキが発売されてから、一体何年経っていると思っているのでしょうか?

HDDレコーダーが登場してからの年数で、ビデオデッキが登場してからのそれに当てはめるなら、ビデオデッキも同じくらいの値段か、それ以上の値段だったと思いますが。

貴方が見てわかる部分の複雑さは無くても、HDDレコーダーに用いられている各種集積回路は非常に複雑かつコストがかかっています。

中身的にはPCと変わらないですよ。
PCのような汎用部品ではなく、それに特化したカスタム部品が必要なのでPCよりも製造コストがかかっているんです。
貴方は、爆熱・爆音のレコーダーなんてものを使いたいですか?

貴方も社会人となって世間に出れば、それくらいは理解出来るようになると思いますよ。

投稿日時 - 2009-10-12 10:01:59

お礼

回答ありがとうございます。
ビデオデッキも昔は高かったのですね。
まだ売っているのですか?
レコーダーが出てからどれくらい年数たつのですか?

>貴方が見てわかる部分の複雑さは無くても、HDDレコーダーに用いられている各種集積回路は非常に複雑かつコストがかかっています。
PCよりはかかっているんでしょうね。

>中身的にはPCと変わらないですよ。
PCのような汎用部品ではなく、それに特化したカスタム部品が必要なのでPCよりも製造コストがかかっているんです。
貴方は、爆熱・爆音のレコーダーなんてものを使いたいですか?

汎用性が低いため値段が高いわけですね。
PCに比べて製造する台数も少ないから
値段も下がらないのでしょう。

爆音、爆熱は使いたい人はいないでしょう。
PCでも使いたくないです。

投稿日時 - 2009-10-12 21:59:18

ANo.2

はじめまして。

か~なり大雑把に。
PCと違って基盤やCPUはカスタムです。
さらに基板上にはエンコーダー・デコーダーの専用チップも搭載されています。
アナログ・デジタル双方の回路はPC用とは別。専用の画像処理回路を搭載しています。
またチューナーもPC用のデジタルチューナー・アナログチューナーとは性能が違います。上のランクね。
てな具合ですので、汎用のPCと比べたら量産効果は低いのでどうしても部品単価は高くなります。
仕組みはPCに似ていても中身は随分違う代物です。
汎用部品は光学ドライブとHDD程度。

画質も音質も専用のチップを搭載している分レコーダーの方が、PC関連の地デジキャプチャーやアナログビデオキャプチャーよりも遥に上です(PC関連はある意味、AV機器単体のレベルで比較すると最低ランク)。

更にVHSの方が機構が複雑だから高いと思うのは大間違い。機構が複雑と言うならばベータや8ミリの方が複雑で、しかも精密です。VHSはかなり大雑把です。
単にVHSがあれほど廉価になったのは全世界規模で普及したので、量産効果で部品単価が下落したからです。つまり市場は全世界。
CD-R/RW、DVD-RAMやDVD±R/RWなどのディスクは全世界規模で普及したので、量産効果で価格は下落しましたよね。
もちろんこの価格下落には韓国、台湾、中国などの低賃金の国々が市場に参入した効果も加味されます。
ところがHDD・DVD(BD)レコーダーの市場はほぼ日本限定(実はこれほどレコーダーが普及しているのは日本だけ)。
これでは量産効果にはどうしても限界があります。
なのでどうしても価格の下げ止まりは生じます。

晩年のVHSなど単に安いだけのクズですから、比較対照にもなりません。比較するならバブル期から2000年頃までのS-VHS高級機となりますよ。

投稿日時 - 2009-10-12 02:34:25

ANo.1

 「PCとは違いますが、光学ドライブ、HDD、マザーボード、CPU、チューナーなどPCから考えると高く思います。」
 私もPCを自作してますが、ハードだけでは使えず、ソフトが必ず必要ですよね? O/SやOfficeなど。これらって結構良い値段しますよね?
 DVDレコーダの機能を考えると、PCとほとんど変わらない感じですから、本体の部品だけでなく、DVDレコーダを操作したり、HDDからDVDへダビングしたり、番組を編集したりする、専用のソフトが必要なわけです。
 機器の値段を考える時、製造コストとは別にそのソフトの開発費も回収できなければトータルで赤字になりますから、その価格の高さはソフト代と思えば、納得できるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-10-12 01:35:56

あなたにオススメの質問