こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【ウェブアートデザイナーは役に立つ??】

ビルダーの12で、ネットショップのサイトを作りました、、

その過程で、ウェブアートデザイナーの存在に気付き、

一応一通り、使用してみましたが、

素材に関しては、ビルダーと同一、全く一緒、

ロゴ、ボタン、バナーなどもそのはずです。

一度、アートデザイナーで編集すると後でとんでもなく再編集がやりづらいことに気付きました。

ビルダーでなら、いつでも簡単にできます。

そうなると、アートデザイナーの存在価値は??

画像編集ならフリーソフトでもっと高度なものもあります。

遊び程度の趣味で、お絵かきのイラスト製作なら利用価値はあるとおもうのですが、いざ「仕事」で使用となるとその意味は?

自分で気が付いた範囲では(未だ、初心者です)
「仕切り線」⇒「ある程度、太いもの、オリジナルで自作」

くらいしか思い浮かびません。

他に活用範囲があれば教えてください。

追記・なにぶん、未だ初心者です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-10-03 14:43:46

QNo.5338523

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

オブジェクトについては、ウェブアートデザイナーのヘルプ
目次 > 操作編 > オブジェクトの基礎知識
その辺に、詳しくてわかりやすい説明があるので読んでください。

ホームページビルダーにレイヤー機能があるかどうかについては、下手に説明すると誤解を受けそうなので、説明に注意が必要なんです。
ホームページビルダーでは、「スタイルシートを使ったレイアウト枠」のことをレイヤーと表現することがあります。そういう意味でのレイヤー機能ならあると言えます。
しかしこれは、一般に画像編集ソフトで使うレイヤーとは違うものです。ホームページビルダーの画像編集機能にも、ウェブアートデザイナーにも Photoshop や Illustrator でいうレイヤーというものはありません。

しかし、オブジェクトを重ねたときに、透明度を調整して、重なった画像の見え方をコントロールすることが出来ます。つまり、オブジェクトをひとつのレイヤーのように扱うことは出来ます。

ホームページビルダーの画面からもロゴの編集等が出来るし、そこでウェブアートデザイナーと同等機能が使えますが、オブジェクトをひとつしか扱えません。
しかし、ウェブアートデザイナーでは、オブジェクトを複数扱って、重ね合わせたり、組合せたり、複数のオブジェクトをグループ化してひとつのオブジェクトとして扱ったりが出来ます。

レイヤとは 【layer】-意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
http://e-words.jp/w/E383ACE382A4E383A4.html

投稿日時 - 2009-10-07 09:03:03

お礼

再度のご回答ありがとうございます。

やはり勉強しなければダメだとわかりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-12 18:08:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

例えば、「猫山書店」という本屋さんのホームページを作っていて、タイトルロゴをウェブアートデザイナーで作成したとします。

ところが、本屋さんのほうで事情が変わって、店名が「NEKOYAMA BOOKS」に変更になったとします。

そうなると、タイトルロゴも作り直さなくてはなりません。
そういうときには、ウェブアートデザイナーの元ファイルをもう一度開いて、文字オブジェクトの文字列を 猫山書店 → NEKOYAMA BOOKS と書き換えることで簡単に再編集することが出来ます。
※重要なのは、ホームページに配置したJPEGファイル(又はGIFファイル)を編集するのではなく、ウェブアートデザイナーの元ファイル(拡張子がmifのファイル、“キャンバス”と呼んでいます)を開いて再編集すると言うことです。

文字はドローデータなので縦横比などのバランスを変更したり、大きさを変更することも簡単ですし、劣化もしません。
つまり、最小の手間だけで作り直しが出来るんです。

こういう風に使うと、メリットがあると思います。
これは、あくまで一例です。他の例をあげていてはきりがありません。

ウェブアートデザイナーはプロが仕事で使うというソフトではありません。
一般にプロが使っているFireworks、Illustrator、Photoshopなどのように精緻な処理は無理です。
あまり画像処理になれていない人でも、そういったプロ用画像ソフトのエッセンスだけを簡単に使えるように工夫したソフトだと思います。

ひとつひとつの部品をオブジェクトとして扱う処理の仕方は、Fireworksによく似ています。
PhotoshopやIllustratorなどを使ったことがないという人に、Fireworksでボタンを作れといっても、すぐには出来るものではないです。ウェブアートデザイナーなら、それが出来るように考えられています。良くできたソフトだと思いますよ。

もうちょっと、ヘルプやチュートリアルを参考に、色んな機能を使い込んでみて下さい。
そうすれば、「画像編集ならフリーソフトでもっと高度なものもあります。」という認識は変わってくると思います。

※ 添付した画像は、付属の素材画像をつかって作りました。

投稿日時 - 2009-10-04 15:37:06

補足

オブジェクトというのは、「レイヤー」の機能だったでしょうか?

ビルダーでは、レイヤーは使えないんでしょうか?

すいません、質問ばかりで、教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2009-10-07 02:39:34

あなたにオススメの質問