こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外壁と屋根の塗装の寿命について

我が家は、築12年目の家です。5年目に屋根を塗りました。ウレタン塗装です。足場を組まず、はしごをかけて塗ってくれて、約30万円でした。この秋に外壁を塗るのですが(シリコン塗装)、足場を組むついでに屋根も塗ろうかとも思うのですが、屋根もシリコンでぬれば10年もつでしょうか。次回、屋根と外壁を同時に塗ることはできますか。

投稿日時 - 2009-10-01 19:09:51

QNo.5334106

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

すみませんご回答が遅れまして。
まず最初に、私し共では、残念ですが水谷ペイントさんの施工実績がまったくございませんので、製品情報のみでしか性能が解りませんので、一般的なご回答となります。

屋根ですが、セメント系平板材ですと、他の素材に比べ再塗装でも、塗料のなじみは比較的良いです。
通常シリコン系塗料性能としましては、ほぼ10年を目安として作られています、対光性能としましては、セメント系平板材は他と比べ比較的長く持ちますので10ほぼ10年は可能かと考えています、
例えば日本ペイントさんのファインシリコンベストなどですと、可溶ターペンシリコン樹脂ですので再塗装の場合の下地塗装との相性も良く
かなりお勧めの材料ですが、お書きになられているパワーシリコンマイルドIIにつきましても(MSDSを読む限りでは)10年以上は性能維持するものと判断いたします。

壁の塗装につきましては塗料の選択よりも下地処理をしっかりされることが重要となりますね。
シリコン系 特にセラミックシリコン系塗料も良い材料なのですが、下地との追従性能が比較的低く思いますので、壁面にひび割れが出来てきている場合には下地処理をしっかりしておく必用がございます。

余計なことですが、
注意していただきたいのは、塗装屋さんに塗り替えを直接ご依頼された場合に、下地処理も『器用な塗装屋さんが』一緒にやってしまう場合は多々ございます。
現在の壁が良好な場合ですとそれでもまあまあ良いのですが、ひび割れが出来ていたりしますと (いくら器用な塗装屋さんでも)しょせんは塗装屋さんですのでちゃんと補修していない場合が多いようです。
現在の外壁の状態を確認されて もし良好な状態で無いと感じたら下地屋さん(補修屋さん)に直してもらうようにしましょう。

投稿日時 - 2009-10-03 18:38:08

お礼

再び教えていただき、ありがとうございました。
10年もつということで、安心しました。

投稿日時 - 2009-10-03 21:18:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

屋根の材質は何ですか?
5年目にウレタン塗装ということですが・・・ なんというメーカーのなんと言う品名でしたか?

壁の材質は何ですか?
今回シリコン塗装を塗られるということですが? なんと言うメーカーの何という商品ですか?

正直一言で ウレタン塗装 とか シリコン塗装とか 言われても ヒンキリ です。
中には名前だけのシリコン塗料なんてものありますから それだけではだれも答えようが無いと思います。

また、塗料は環境の影響を甚だしく受けますので 立地条件 環境に著しく影響されますのでメーカーが表示している期間もあまり役に立たないのが実情です。



 

投稿日時 - 2009-10-01 20:10:38

お礼

早々の回答ありがとうございます。
屋根は、石綿セメント板です。5年目に塗ってもらった塗装は、ルーフマイルドウレタンと書いてあり、中塗り、仕上げ塗装で平方メートルあたり2000円です。今回塗るとしたら、水谷ペイントのパワーシリコンマイルドII(超対候性アクリルシリコン系塗材)または関西ペイントやねMシリコン(アクリルシリコン系塗財になります。
外壁はALCラスモルタル吹きつけタイルです。
桓和化学の2液ナチュラルシリコンD(セラミックシリコン系塗材)またはキクスイのファインコートシリコン(セラミックシリコン系塗材)または関西ペイントのセラMシリコン
以上です。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-10-01 21:02:09

あなたにオススメの質問