こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産を申請中に父が死亡

45歳男、公務員。住宅ローンや共済からの借入等で3000万円くらい借金がありますが、離婚や病気で返せなくなりました。病気は精神疾患、現在休職中ですが、休職が相次いだためこのまま退職せざるをえなくなりそうです。
 弁護士を通じて自己破産を申請していましたが、父が急死。実家を処分するなどで遺産が推定900万円くらい入ってきそうです。
 現在ローン対象のマンションとは別のところに住んでおり、マンションを手放すことは決めています。マンションは時価900万円くらいかと思われます。
 自己破産は不可能かと思われますが、今後どうして借金を整理していけばいいでしょうか。
 なお担当弁護士は離婚裁判の代理人もしてもらいましたが頼りなく、質問させていただきました。

投稿日時 - 2009-09-29 19:00:05

QNo.5328861

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自己破産の手続きがどこまで進んでいるのでしょうか。父の死亡が破産開始決定後であればその遺産は破産管財人の管理下におかれますので直接あなたの債務の弁済の対象にはなりません。
また開始決定前に死亡されたのならあなたの相続財産ではありますが、破産手続の中で清算に充てられるだけです。どっちにせよ自己破産が裁判所で認められれば亡父の遺産まで債権者に持っていかれるということになります。

だだし亡父にご自分の債務がない場合の話であって、別に債務があるとすれば複雑な法律関係になってくるでしょう。弁護士さんへ聞いてみて下さい。

それに「自己破産は不可能かと…」とありますが、認められない事情でも他にあるのでしょうか。もしそうであれば上述の回答は意味ありません。

投稿日時 - 2009-09-29 20:25:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問