こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

追突事故の慰謝料について

妹が追突事故にあいました。過失は10対0です。車は購入して3週間目の新車でした。止まっているところに前方不注意で追突されました。物損についても先方の保険会社から誠意のある言葉や対応がなく、ずいぶん嫌な思いをしたそうです。
先日保険会社から人身について連絡がきたそうです。この内容でいいのか判らないので教えていただけたらたすかります。
治療期間は3月30日から8月31日までの155日間、通院64日。
治療費総額894,480円。通院交通費片道10kで19,200円。休業損害1日で8,705円。障害慰謝料377,443円(任意基準)ということです。
決算の時期でしたのと、また、不況なのでかえって会社を休めず(リストラの対象にされそうで・・・)事故後もなかなか休めずに休業は1日だけです。妹の主人は単身赴任中で義父母の介護をしながら、通院と会社になんとか通っていました。
途中で何度か保険会社の担当から「いい加減にしてくださいよ~。ま、今は不況ですからね~。おたくの会社仕事どうなんですか~」などと言われたりして、被害者なのに精神的にも本当にまいっていました。
ですので保険会社の言うことが信用できません。この算定が妥当?なものなのか、またほかに何か保険会社と交渉する余地があるのかなど教えてください。

投稿日時 - 2009-09-28 01:15:57

QNo.5324659

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

早速ですが、ご返事から
1.慰謝料の差異について、私の出したものは地方裁判所判例基準つまり
 司法の決定です、したがってこれ以下は単なる嫌がらせです、細かい 資料は東京弁護士会編集 通称「赤い本」にでています、弁護士・裁判官ともこれを見ながら裁判を行います。大きな図書館で借りられますが、お近くに弁護士会があれば2800円で買えます、事故関係はこれ1冊で大抵完結します(他の本は高いだけで役立ちません)
私は書いているままを言っているだけです。はっきり言って保険屋にどんなに自分の状況を書いてもお情け程度で、この1冊を参考にした計算書には到底歯が立ちません。
2.紛センの件は斡旋依頼をした後まで決して話さないでください、ここに出されたら保険会社は終わりです、ありとあらゆる妨害をしてきます
3.残念ながら正社員では休みを取らなければ全日数もらえません(この場合は1日のみです)、休業補償に関しては専業主婦は最強です、たとえ10分の温パックでも休業1日になりますので、(診断書には1回の治療時間など記載されません;by「自動車責任賠償保障法」より、ただし紛センでは後遺障害がない場合、3ヶ月まで満額、以降は減額が一般的です)ちなみに保険会社との交渉は、決して妥協しないこと、そして出した金額と差異が大きければ、自賠責への被害者請求⇒紛センが正解です、3回の交渉で相手の保険担当はマイナス査定です。

投稿日時 - 2009-09-30 23:20:46

補足

いつも細かなアドバイスをありがとうございます。もうひとつだけ教えてください。
「自賠責への被害者請求」とはどんな事でしょうか?

妹にはあなた様の教えてくれた「裁判所基準」の数字で
交渉するように伝えるつもりですが、それが「自賠責への被害者請求」となりますか?

お忙しいと思いますがよろしくお願いします。何度もすみません。

投稿日時 - 2009-10-02 20:26:42

お礼

何度も質問したりで回答をありがとうございました。細かく教えていただきとても助かりました。「決して妥協せずに」強気で行くように伝えました。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-05 23:35:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

102人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

強制保険基準の慰謝料計算式は
1)通院期間×4200円×2
2)完治までの期間×4200円
の安い方になっています。

これ、たしか強制保険のパンフに書いてあった
気がします。
なので1)でいくと64日×4200円×2=537600円
です。

次に強制保険では人身枠で120万まであります。
すなわち120万以下に収まれば誰でも1)2)の
計算式になります。

治療費894,480円
通院交通費片道10kで19,200円
休業損害1日で8,705円
慰謝料537600円
となれば1459985円となり強制保険
基準を上回るので、慰謝料が任意保険基準に
なったとも考えられます。

任意保険屋基準って事故した当初は痛みが
激しいだろうということで慰謝料は高額
ですが、日数の経過とともに痛みも和らぐし
と安くなっていく傾向にあります。
すなわち強制保険基準のように単純に
通院日数に比例しません。

でも、強制保険ですら537600円の計算
になるのですから任意保険に加入しているのに
これを下回るのは俺は納得いきません。

なので俺も事故の経験ありますが、保険屋に
言ったら、「では、納得出来ない旨の根拠と
金額をしめしてくれ」と言われました。

A4にまとめて提出したら30万程UPしてくれ
ました。

すなわち根拠もなしに安いってダダをこねても
無駄という事です。

じゃあいくらなら納得するのか、それを理路整然
と教えてあげればいいだけです。

そこで俺は基準としたのを強制保険基準の慰謝料
でした。
なんとしてでもこれ以上は出させると考えた次第
です。

1)決算の時期でした
2)また、不況なのでかえって会社を休めず
というのは理由になりません。
とにかく怪我のために仕事が出来ずに休めば
給料減らされます。その分を補償してくれる
だけです。
ですから、休業補償でお金が+になることは
あり得ません。
妹さんが出勤して会社からお金をもらうか、
怪我のために出勤できなくて給料減らされて
補償してもらうかです。

でも、有給使えば会社から給料もらえるし
事故のために有給を使ったということで
使った有給分は補償の対象になるので+になります。

通院も同じで通院のために遅刻早退欠勤して給料
減らされれば補償されます。
でも会社帰りに行ったので給料は減らされていなけ
れば補償のしようがありません。

なので通院するなら有給使って通院するのが一番
お得です。

主婦業がおろそかになった!と補償してもらう方法も
いいと思いますが、補償ってお金が減ったから減った
分を補償してもらうんです。

ですから入院や怪我したばかりで痛くて主婦業が出来ない
となれば専業主婦としての補償も有りだと思いますが
会社に行けるのに主婦業が出来ないはずないでしょ!って
なるのがせきのやまです。

ですので敗因は、会社に出勤んしてしまったこと。
それにより主婦業もできるでしょ!と判断されること。
だと思います。

事故後もなかなか休めずにって入院したら休むわけで
すよね。だったら事故後だって休めるんじゃなかった
のですか?

「妹の主人は単身赴任中で義父母の介護をしながら、通
 院と会社になんとか通っていました。」

なんとか通っちゃうからダメなんです。だってお金が
減った訳じゃないのですから補償のしようがありません。

補償してもらいたければ、お手伝いさんを雇うとか、
旦那に会社休んで手助けしてもらうとか、お金が
減らないと補償しようがないんです。

サラリーマンだってそうですよ。
怪我して仕事に行く。怪我のために思うようにすすまなく
残業になった。でも課長職のために残業代は出ない。
保険屋に補償しろ!といって補償してくれません。
理由はお金が減らされていないからです。

被害者なのですから精神的にまいることはありません。
担当者が気に入らなければ担当者変えてくれ!でいいん
じゃないですか。

治療費は実費ですからしかたないです。

交通費はなんで片道なんでしょう?俺は往復もらいましたよ。
俺は1km10円の計算でした。この辺は保険屋によって違う
のかな。

交渉する余地があるのは慰謝料ですね。
慰謝料377,443円で納得いかなければいかない根拠と金額を
説明してはどうでしょうか。

時間と手間暇かけるつもりであれば
http://www.jcstad.or.jp/
がいいと思います。

弁護士に言っても、こんなものじゃないですか?
と相手にされないと思います。なぜならこれだけの
慰謝料では請け負ってもお金にならないからです。

投稿日時 - 2009-09-29 13:42:16

補足

長い文章での激励とアドバイスをありがとうございます。
補償に対する意味がよくわかりました。
やはり納得いかないのは慰謝料です。
nik670さんやほかの方からもアドバイスをいただいたように、気持ちを強く持って「納得いかない根拠と金額」を説明し、交渉するように妹に伝えます。

投稿日時 - 2009-09-30 23:44:27

お礼

ありがとうございました。面談して励まされているようでした。妹にもしっかり伝えました。

投稿日時 - 2009-10-05 23:29:07

ANo.3

155=5ヶ月+5日=79万円+(89-79)/30*5=790000+16,666=806,666 慰謝料
 10*2(往復)*15円*64=19200(交通費)
 お勤めの件はどの程度保険会社に話されていますか?
 週30時間未満は専業主婦で通ります、そうすると
 休業日数は64日*約9500=617500
 以上で、治療費以外で806.666+617,500+2+19,200=1,444,366
・車両修理費は残念ながら新車でも修理費のみです。
 ・保険会社との交渉?無駄です。やめましょう、ストレスがたまる だ けです、法律相談?時間と有給の無駄です。最初から紛争処理センターへ提訴が正解です。
 ・当然、治療費は満額です。
 
 賢い人は新車に変える分だけの費用を治療日数を増やして慰謝料と休業補償で捻出します。

投稿日時 - 2009-09-28 21:13:19

補足

ありがとうございます。
紛争処理センターに提訴も視野に入れて話し合うように伝えます。

あなたが計算してくれた約80万円の慰謝料と、先方の提示に開きがありすぎます。その辺を強く先方に言いたいのですが、この計算については何と言って説明すればいいですか?

仕事ですが、妹は正社員ですが、この不況で、会社の指示で土日以外に休みを取らされることも多かったようです。でも有給とはちがうそうです。治療期間全部を通して週30時間以内でないと「専業主婦」とはなりませんか? 

投稿日時 - 2009-09-29 20:38:44

ANo.2

弁護士に聞くのが一番妥当なのでしょうが、手間がかかりそうですからご自身(妹さん)の入っている自動車保険会社に相談してみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2009-09-28 01:40:14

補足

ありがとうございます。
妹も当初は自分の加入していた保険会社に相談をしたようですが、○協さんはまったく頼りになるアドバイスもなかったようで、すぐに保険会社をかえました。

投稿日時 - 2009-09-29 20:07:24

お礼

ありがとうございました。アドバイスを伝えました。

投稿日時 - 2009-10-05 23:19:24

ANo.1

随分「誠意のない」相手と保険会社ですね。
加害者側に対して、事故証明が「物損」扱いになっていれば(まずあり得ないとは思いますが)「人身」に切り替えて罪を重くしましょう。

さて、保険の方ですが「物損」については「同型新車」で納入して貰ったんですよね?違うのなら「新車で返す」事を強調して下さい。
人身の方ですが、気になるのが障害慰謝料の部分です。障害認定を専門のところで認定して貰いましたか?していないのであれば、そういったところで認定して貰って下さい。

後は、交通費の基準ですかね。通院64日・片道10kmでその金額。算定方法を尋ねて下さい。
この金額だと…往復20km×64日÷一般燃費(約10km/L)×燃料費(ガソリン代)の計算になってますね。

休業損害は、実際に休んだ日数しか算定しませんので仕方がないところです。

投稿日時 - 2009-09-28 01:40:14

補足

ありがとうございます。

事故証明は人身にしてあります。

車(軽自動車)ですが、「買って間もないので新車にしてほしい」と伝えたようですが「非常識だ!こちらは裁判にしてもいいんだぞ。どうせそっちには勝ち目はない!」と逆ギレされ、かなりもめたそうです。結局、車を購入したお店が間にはいってくれて、保険会社からも特別に?いくらか補償され、10~15万円ほどの自腹で同じものを買いなおしたようです。事故後に入庫して、代車などいつまでもお世話になってばかりも申し訳ないからと思ったそうです。
「新車で返す」ということを条件にすることも出来たのですか?
何度も「常識がない!こんな人は初めてだ!」等と言われたそうです。

交通費は、10k往復64日分、1k15円の計算です。

投稿日時 - 2009-09-29 20:12:13

お礼

ありがとうございました。しっかりと妹に伝えました。助かりました。

投稿日時 - 2009-10-05 23:22:41

あなたにオススメの質問