こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

進学先について悩んでいます

美術系、プロダクトデザイン志望の高校三年生です。
私は将来カーデザイナーになりたいのですが、専門学校と美大のどっちに進学するかで迷っています。
やりたい事が決まっているなら専門でしっかりと学んだ方が良いのでしょうか?
それとも、大学で全般的に学んだ方が良いのでしょうか?
ちなみにどっちに転じても良い様に美術予備校には夏から通っています(無料体験期間が今週終わったので、進路が決まるまで保留中)。
先に具体的な志望校を挙げておきます。
大学では武蔵美(工芸工業デザイン)又は多摩美(生産デザイン学科)で、専門では東京コミュニケーションアート(カーデザイン科)と言う学校です。
美大に行くとなると学費+受験予備校代が掛かってしまって、親にこんなに沢山払えるか分からないと不安な事を言われました。

もう一つ質問をさせて下さい。
デザインの世界では学歴は殆ど関係ないとよく聞くのですが、これは事実なのでしょうか?
デザインの現場を知ってる方や経験した事ある方がいましたら教えて下さい。

他にも助けになるような経験談等、聞かせて貰えれば嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-09-25 23:41:00

QNo.5319019

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

プロダクトデザインをしたいということですが、学費のことも心配ですね。創造学園大学は学費も納得する額ですし教授が素晴らしいです。講習会に参加してみたらどうですか。

参考URL:www.souzou.ac.jp

投稿日時 - 2009-09-30 13:02:06

ANo.2

自信がなかろうがあろうが大学で全般的に学んだ方がいいです。
それだけに専門学校よりも大学への進学の方が圧倒的に難しいと考えてください。
打算的に考えずより困難な方へ挑戦してください。
楽な道の先のほとんどは暗いです。

大学進学には金が掛ります。
親とよく相談してください。
志望校が私立だけですが公立も視野に入れてみては。学費が3分の1です。
一般的には東京藝大や他は私立の美大のランクが高いと言われていますが。
私が思うに私立は生徒数が多い分、その上澄み(優秀な生徒)が多いと言うだけです。
出来る奴は学校のランク関係なくどこからでもいい企業に入っています。

>デザインの世界では学歴は殆ど関係ないとよく聞くのですが、これは事実なのでしょうか?
>デザインの現場を知ってる方や経験した事ある方がいましたら教えて下さい。

実力重視です。
実績さえあれば認められます。
実力を積む手段として大学進学があると考えてください。
在学中にでどれだけの実績を作れるかです。

投稿日時 - 2009-09-26 14:05:33

お礼

大学の方が成長できるというメリットがあるんですね。
プロダクトと聞くとこの二校を薦められるので検討していたのですが、もう一度選び直したいと思います。

デザインの世界は実力重視とは本当なんですね。
情報ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-09-26 15:26:47

ANo.1

断然ムサタマをお勧めしますね。
プロダクトデザイナーは狭き門な上にカーデザイナーとなるとその中でも花形です。
そのようなところに就職する場合、当然学歴もひびきますよ。

実際大手や上の方のところは芸大やムサタマ出身の方ばかりです。
まぁ、能力の高い人の割り合いが単に多いだけってのもありますけど。
当然あるところには"ツテ"もありますし。

それに入学前に振り分けられる美大は、専門と違って同級生の質も雲泥の差があります。
そういった意味で、切磋琢磨していくモチベーションの意味でもかなり違うと思いますね。(逆に埋もれていく人もいますが・・・)

というかムサタマてそんな簡単ですか?
受かる前提で書かれてるようですけど…。

投稿日時 - 2009-09-26 06:13:35

お礼

周りから刺激を受けて成長する、レベルの高い学生に囲まれながら勉強するっていうのは魅力的ですね。
埋もれてしまうのは怖いですが、やるからには全力投球ですよね。

ここの専門は大手への就職率も高いんですが、やっぱりムサタマ芸大が多いんですか。
就職を前提に大学を選ぶのもちょっと変ですけど、就職率は気になるところですね。
教えて下さってありがとうございました。

ムサタマに簡単に入学できるとは思っていません。
どちらかと言うと入れない確率の方が高いと感じます。
勘違いしてしまうような事を書いてしまって申し訳ないです。

投稿日時 - 2009-09-26 15:46:11

あなたにオススメの質問