こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

新規での口座開設って…

最近、ちょっと驚いたというか妙に納得の出来ないことがありました。
それは、新規での銀行口座の開設についてです。
今、ほとんどの銀行ではインターネットから口座開設の申し込みが出来る便利なサービスを行っています。各行ともそれぞれ独自のサービスに力を入れていて、利用する側からするととても魅力的だし、大変助かる部分もたくさんあります。ネットオークションなどで振込などを頻繁に行っていることから、少しでも手数料が安い、もしくは無料のところを状況にあわせて使い分けたいと思い、気になった銀行に対して新規での口座開設を申し込みました。
1週間も過ぎた頃、いくつかの銀行から申し込み用紙などが届き、必要書類を添えて返送し待つこと更に数週間。
無事に礼状が同封されたキャッシュカードなどが送られてきました。
しかし、私が申し込んだ銀行は合計6行。うち、口座が開設できたのは3行で、残りの3行はなんと口座の開設が出来なかったのです!
これには驚きを隠せませんでした。私のそれまでの常識からすると、銀行に口座を作るなんて誰でも出来るものという認識しかなかったものですから、「このたびの口座開設の申し込みはお受けすることが出来ませんでした…」という通知が届いた時は自分の目を疑いました。
それはまるで、クレジットカードの申し込みを蹴られたみたいな、なんとも素っ気ない文面で怒りすら覚えました。
そこで質問なんですが、現在銀行では新規で口座開設する時に信用情報機関などの情報をチェックしたりするのでしょうか?
恥ずかしながら私は、いわゆる「ブラック」という状態なものですから、もしそのへんの信用調査などをされたら間違いなくお断りされてしまうだろうとは思います。でも、別に借り入れをするわけではないですし、少ない額だとしてもお金を預け、規定回数外の振込などに関してはちゃんと手数料だって発生するわけだから銀行にとってはデメリットなどはないと思うのですが…。

投稿日時 - 2009-09-25 13:42:57

QNo.5317596

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

私も同じような経験をしました。つい先日、ご質問者さんと同じ理由で、他のいくつかの銀行で新規の口座開設を申し込みました。が、その内の一社がなぜか「貴方様の入会を検討させて頂いた結果、誠に恐縮ながら今回はご入会をお見送りさせて戴くことになりました」という理由で口座開設が出来ませんでした。昔は、こんなことは考えられなかった事だと思います。因みに私は30代フリーターですが、特に借金などなく、理由がさっぱり不明なので、問い合わせようかと思ってます。最寄駅の銀行なので益々意味不明です。

因みに、その手紙には
・個人信用情報機関に登録されている情報
・弊社独自の審査基準
により総合的に判断していると書かれてあります。なんですか、この「総合的」って・・(苦笑)

なお、「顧客を管理するのにコストがかかる」という他の回答者の記述がありますが、それは昔から続いていたことですし、ご質問者様の質問に答えたことにはなりませんから。。

ひょっとしたら、銀行関係者は『口座を開設したから「お客様」と言うのは、大きな誤解です。』などと、平気でのたまうのかもしれません。ですが、こういう公共の場で、上記のような意見を堂々と述べるのはいかがなものかと思います。せめて心のうちにとどめておけばいいのに・・・。ともあれ、『顧客』を『お客様』と呼べないような銀行にはお金は預けたくないですよね~(笑)

どちらにせよ、最近の銀行は無知な国民を騙して投資信託などの金融商品を売り付けますから、注意してください。善意の笑みの裏に黒い悪魔が居る場合が多いです(苦笑)。今の世の中、色々勉強することを強くお奨めします。

投稿日時 - 2010-09-14 01:20:20

ANo.2

ネットで口座開設を受付するのは、営業時間内にご来店できないお客様のためです。
支店を開設しないネット銀行は別として。

居住地に支店が無い銀行は、口座を開設しても実際の取引に利用するかどうかの判断ができないことから、原則その営業エリアでの居住を開設の条件にしていることがあります。

なぜ居住地以外の遠隔銀行の口座を開設するのか、合理性を認めない限り断られてもしょうが無いでしょう。
マネーロンダリングや口座の売買を防止するため、かなり厳しく法制化されているので、自主規制しているのだと考えてください。

それと口座を開設したから「お客様」と言うのは、大きな誤解です。
口座開設のコストは結構かかります。人件費、通帳のコスト、カード発行のコスト、オンラインに占める領域のコストなど一冊の発行でも、ざっと万近くの費用がかかります。
かって、年間の平均残が10万円以下の口座は、管理手数料を年3000円ぐらいもらう案が、大手の銀行で検討されたことがありました。

表向きお客様とは言いますが、利益をもたらしていただけるからこそ、サービスの提供ができるのであり、赤字の要因しか発生しないのでは、一方的な損失メーカーでサービスの低下要因に選別されます。

投稿日時 - 2009-09-25 17:39:01

お礼

ますますの詳しいご回答ありがとうございます。
ホント、勉強になります。
どうして遠隔地の銀行口座なのかという件ですが、理由は簡単です。
まず、その銀行では他行への振込手数料無料サービスの回数が他行と比べ多かったというのと、もうひとつはVISAデビットカードを発行しているから。と、この2つの理由からです。
ネットオークションやその他振込サービスを頻繁に利用する方などはわかると思いますが、振込手数料もかさむと結構痛い出費の一つとなってしまうためです。ましてや、少しでも利益を出すために試行錯誤しているわけですから、振込みの手数料も見逃してはいられないのです。
その他、品物を購入してくれたお客さまや落札者様のニーズに少しでも合わせられるようにという配慮からです。
と、まぁこんな理由からです。

しかし、銀行っていうとこも色々大変なんですね。
一つの口座を作って、その後維持していくだけでもそんなに経費やなんやかんやかかっていたとは…。 で、利益が出ないから利用が少なくて預金の金額がしょぼい人からは管理費みたいな形でお金を徴収しようとしているとは…。  まったく!!ホント商売の「し」の字も分かっていない低脳様のお集まりのようですね。たまたま通りかかった両替目的の一見さんや、トイレを借りに来ただけの人だって立派なお客さまのはずです!ましてや口座なんて持っていたとするなら、もうそれだけで「お得意様」と呼んでもおかしくないはずです。どんなにマイナス要素しかないお客さまだとしても、そのお客さまのせいで多少の業務の遅れが発生したとしても、白い物を黒だと言ったとしても、笑顔で対応出来ないようなら、そんな銀行はとっとと潰れてしまえばいいと本気で私は思います。

でも、貴重な情報大変タメになりました。
心より感謝致します。
まだまだ学習することは沢山ありそうです。頑張ります!
ホントありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-25 21:08:04

ANo.1

>そこで質問なんですが、現在銀行では新規で口座開設する時に信用情報機関などの情報をチェックしたりするのでしょうか?

住んでいる地域と申込した銀行の支店との位置関係。
他に同行に口座の有無などは調べると思いますが・・信用情報は調べてないと思いますよ?

東京の人がすぐ近くに支店があるのに、福岡の支店の口座を開こうとしたりしたらダメの可能性が高いです。

最近銀行口座も口座売買の懸念とかからうるさいのですよ。

投稿日時 - 2009-09-25 14:04:46

お礼

早速の回答ありがとうございます!

なるほどですね。
確かに、私の住む地域にはない銀行ばっかりでした。
(ちなみに私の住んでいるのは栃木の田舎です)
しかし、それなら何故にネットなんかを利用して開設を募るのか?と、私なんかは思ってしまいます。
近くの人ばかりではなく、日本全国津々浦々、幅広く自分のとこの銀行を利用してもらいたいがための手段なのではないのか?インターネットの利点を最大限に利用することに意味があるのでは?などと、イヤミのひとつも言いたくなってしまいます。
でも、まぁ、断られた理由がホントにそれだけだったのだとしたら、再度申し込むのはアリですよね?だってホントに必要なんだし、それよりなによりお客様なんですから。そう何度も何度も断ってくるとしたら、それこそその銀行の常識を疑いますよ。

適切なご意見、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-25 14:44:58

あなたにオススメの質問