こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電池の交流インピーダンス計測で出てくるキャパシタンスの物理的意味

燃料電池やリチウムイオン電池で交流インピーダンス計測のグラフをよく見ます。正極と負極の溶液種orガス種が異なり、発電中のインピーダンス計測を想定しています。等価回路としてRC並列回路で一つの円弧をフィッティングしてありますが、Rは「活性化分極(抵抗)」で電流の流れを阻害するものというイメージがわくのですが、並列素子のCは物理的には何を意味しているのでしょうか。性能のよい電池ではこのCは大きくなりますか、それとも小さくなりますか。

投稿日時 - 2009-09-13 15:58:50

QNo.5286447

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

電解質/電極界面は,電気二重層構造を持つ,ということです.
この部分の大小は別に電池特性には直接は関係ないでしょう.
あと,抵抗分については,阻害するもの,というよりは,供給能力そのもの (逆数ですが) と考えるべきかと.

投稿日時 - 2009-09-13 17:32:42

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-15 07:53:36

あなたにオススメの質問