こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

DCモータのPAM制御とPWM制御について

モータについて研究している学生です。
DCモータの省エネルギー制御にはPWM制御とPAM制御がありますが、今現在はほとんどがPWM制御が使われています。なぜPAM制御は使われないのでしょうか?消費電力やノイズと何か関係しているのでしょうか?教えてください。
「DCモータ」についてですので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-09-06 16:43:50

QNo.5267704

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

PAMを実現できるということは、チョッパの入力電圧を変えることができる、ということですから、それならチョッパを通さずにそのままDCモータに印加する方が効率やノイズの点で有利です。
入力電圧の下限に制約がある場合には、下限電圧以下に絞るために、チョッパをつけてPWMを併用する、という形になるでしょう。
その場合でも、下限電圧以上ではチョッパをONしっぱなしにするでしょうから、PAMモードでの運転はしないことになります。
結局、DCモータの制御にPAMを使う意味がない、ということになるかと思います。

投稿日時 - 2009-09-07 05:43:46

ANo.1

PWM制御なら一定の電圧の電源をスイッチングして、そのタイミングを変えることで実現できます。
PAM制御をしようとすると、パルスの振幅をかえる必要があり、そこがちょっと面倒(もとの電源電圧を上下させる必要がある)です。

投稿日時 - 2009-09-06 19:19:14

お礼

回答ありがとうございます。

PAM制御するには、昇圧チョッパやパワーオペアンプなどを用いる必要ががあるから、使用されないんでしょうか?
もし、ノイズなどの影響が強いなど、それ以外の影響があるのであれば教えていただきたいのですが…

投稿日時 - 2009-09-06 20:25:41

あなたにオススメの質問