こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

読書感想文、という課題の意義

お世話になります。
子供たちの夏休みもようやく終わったようで、通学路に元気な小中学生があふれています。それはさておき・・・・

夏休みの課題に読書感想文、というのがあります。
これの意義、存在理由というのが今ひとつよくわかりません。
私、子供のころから読書そのものは好きでしたが、この読書感想文という課題が大の苦手でした。
興味のない文学作品を読まされて、その感想を書け、と言われても、別に感想なんかないし、読んでも
「へー、ふーん、はいはい、そういうお話ですね」
ぐらいの感想しかありません。
そもそも、創作された物語、というものが嫌いな性質なのです。
(今でも読書対象はノンフィクション分野がメインです)
最近はインターネット上で読書感想文の課題図書の「模範感想文」というのが読めるそうで、それを丸写しする生徒もいるとか。もし私の時代にそれができたなら確実にやったでしょう。

課題図書の読書感想文なんか書かされるぐらいなら、大好きな自由研究を10本やったほうが余程楽しいし有意義だ、と思っていました。

長くなりました。質問のポイントを絞ります。
1 読書感想文の対象課題図書があるのはなぜ?  
 課題図書以外を対象に感想を書いてはいけないのか? たとえば社会問題になっている事案の解説書(派遣労働者問題とか、格差社会とか、二大政党制とか、)を読んでの感想とか、毎年同じ本を読み返して、一年ごとに自分自身の感想がどのように変化していくのかを比較する、という感想文はイケナイのだろうか? 
 新聞社説やコラム(朝日の天声人語など)を夏休み中、毎日読んで、毎日数行の感想文を書く、といった物では駄目なのか? 
 課題図書の出版社は学校の先生や教育委員会に賄賂でも贈っているのか?

2 感想文は学級担当、または国語科担当教師によって採点され、「よくできた感想文」は学年単位、学校単位、市町村単位、都道府県単位でのコンクールなどに送られているようだが、そもそも
「よくできた感想文」
とはどのようなものなのか? もし
「模範解答」
があるならそれは
「評価者の顔色を伺って書いた偽の感想」
ということになるのではないか? どのような感想を持とうと、読んだ人間の自由ではないのか?

以上、子供のころからの疑問でした。
国語の先生、お答え下さい。

投稿日時 - 2009-09-01 21:19:18

QNo.5255102

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 国語の教員です。対象課題図書が何を指しているのかよく分からないのですが、教員が課題として選ぶ場合は、やはり感想文を比較しやすいこと、授業で取り上げるとき、全員が同じ作品を読んでいないと困るということ、そして、こういったらもともこもないですが, ばらばらに読まれると、本当に読んだのかどうかが分からない(もっとも今は質問者様が述べておられるように、インターネットに模範がある時代ですから、どうにもならないですが)などのことから、本を絞ることがあります。出版社の推薦するものに関しては利用したことがないので分かりませんが、販売促進の意味もあるでしょうね、もちろん。
 「良くできた感想文」の私の定義は、「きちんと自分の意見を論理的に述べられている文章」です。小説のテーマ(主題)などは、それこそ読み方によって、いろいろありますから、どれが良くてどれがいけないなどないと思います。それよりもむしろ、その本を読んで何をどう考えたのかを、きちんと伝えることが出来ることの方が重要だと思います。コンクールなどで入賞された感想文も、単なる「感想」だけではなく、自分の意見をきちんと持ち、論理的にかつ発展的に書かれているものが多いように思います。
 余談ですが、どんな感想を持とうとも、それはその人の自由だと私も思います。小学生の時、芥川の「蜘蛛の糸」の読書感想文の課題が出され、「かんだた」(すいません漢字がでてきませんでした)の行為はただしいと書いて提出したところ、作文用紙に大きく赤ペンで×を付けられ、「こんな感想を書いてどうする」のようなことをいわれました。感想文=道徳と考えている教員から見れば、とんでもない感想文だったわけです。そんな経験から、わたしはたくさん本を読ますことはしますし、授業の関係で本を決めることもあります。また、ただ好きな本を持ってきて授業中に各自が読む時間をとることもありますが、感想文は求めません。しかし意見文は求めます。どんな感想を持ったかではなく、どの様な考えを持ち、それをきちんと文章で説明できるかどうかという観点で採点をしています。
 回答になったかどうか心配ですが、とりあえず参考までに。

投稿日時 - 2009-09-01 22:25:16

お礼

ご回答ありがとうございます。
>私の定義は、「きちんと自分の意見を論理的に述べられている文章」です

よくわかりました。私もこのように先生に教えてもらえればもうちょっと前向きに取り組めたと思います。

>学生の時、芥川の「蜘蛛の糸」の読書感想文の課題が出され、「かんだた」(すいません漢字がでてきませんでした)の行為はただしいと書いて提出したところ、作文用紙に大きく赤ペンで×を付けられ、「こんな感想を書いてどうする」のようなことをいわれました。

やはり”優等生の回答”を求めている先生、っていつの時代もいるんですね。そういう先生は自然科学系の教科担当に特化すべきでしょう。理科や数学は答えが必ずひとつですから。

投稿日時 - 2009-09-02 08:13:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

国語の教員ではありません。読書感想文の宿題で、本や読書がきらいになるなら、読書感想文の宿題をやめるべきです。
これだけ多くの人たちが、苦労する読書感想文を、総理大臣と文部科学大臣に書いてもらって、全国の小学生、中学生、高校生によんでもらいましょう。少なくとも、読書感想文の宿題をだす教員は、自分の能力以上の難しい本を読んで、読書感想文を書いて、大学の教員か、作家に批評してもらいましょう。
そもそも、読書感想文の指導をしない、学校のやりかたが間違いだと思います。まず、全員の生徒の読書のことを知っていて、一人一人に、最適の本を紹介できること。そして、感想文を書けない子どもには、親が感想を聞いて、メモをとって、原案を子どもに提示してもらうなど、読書感想文の指導案を各学校で作成するか、全国版を文部科学省で作成することです。めんどうくさいなら、毎年、提出される感想文を製本して、図書館に置いておく。だれでも、去年、おととしの読書感想文を読めるようにしておく。あらすじの書き方を指導する。感想の書き方を指導する。読書感想文を国語の評価の中心にもってくる。その評価は、生徒の評価でもあり、教員の指導の評価でもある。
もっと、楽しい「読書感想文」の取り組み方を、全国から募集したら、どうだろう。小学校「芥川賞」「直木賞」とか、中学校「村上春樹章」「ノーベル文学賞」とか、受賞した生徒が、よし、やるぞ、という仕掛けを考えてくれないかな。
数学や英語や理科の成績がよいと、「頭が良い」といわれる。本当に頭が良い人は、国語ができる人なのです。そして、国語ができる人が、国語の点数がよいとは限らない。
教員の読書感想文を募集して、生徒が批評する、という企画はどうだろう。受けると思うけれど。

投稿日時 - 2009-09-02 11:15:04

お礼

ご回答ありがとうございます。

>これだけ多くの人たちが、苦労する読書感想文を、総理大臣と文部科学大臣に書いてもらって、全国の小学生、中学生、高校生によんでもらいましょう。

きっと秘書か官僚が、惚れ惚れするような感想文を代筆しますよ。 笑

投稿日時 - 2009-09-02 14:08:51

ANo.2

国語の先生ではないのですが、よろしいでしょうか。たぶんその「へー、ふーん、はいはい、そういうお話ですね」から一歩進んで、『何か本を自ら選び、それを読解し、自分の中の感受性を育て、一方で作文力を身につける』ための手段として、読書感想文という課題があるのだと思います。なぜなら『』内のことこそが国語教育だからです。

ただ、私も、それって読書感想文じゃないと駄目かなあ、とは常々思っています。たしかに、『』を実現するのに、もっとも手っ取り早い手段ではあると思います。しかし、読書感想文のほかにも選択肢を与えて、その中から選ばせることはできないものかなと感じます。

実際、ゆとり教育世代は、読書感想文の課題をほとんど経験していません。また、私自身も我が子も、課題図書はあくまでも基準で、自由に書籍を選べていたと記憶しています。ただ、確かに先生は、生徒が選んだ書籍をすべて読まなければならなくなるので大変でしょうね。余談ですが、卒論で、とある本を読んだふりをしてその内容に触れたら、主人公の性別を間違えていて、教授に突っ込まれたことがあります。さすが教授、読書家!

話は戻りますが、実は私は読書感想文を二度、褒められたことがあります。中学時代に、わざわざ国語の先生に呼び出されて、私の「鋭い読解力」を褒められました。そして、それが私の自信につながり、紆余曲折を経て今のキャリアに導いたのも事実です。

しかし、あの時の私の心情は複雑でした。当時は多感な中学生。感動というものは、言葉に表すものではなく、心で味わうものだと思っていたからです。現にその後も、選んだ進路のせいもあり、作品と名のつくものを鑑賞する際に、つい、頭の中で感想文やレポートや評論を組み立ててしまうくせがついてしまいました。これは、他者に素晴らしい感動を伝えるには有効かもしれませんが、なんだか味気ないものですよね。

そもそも中学で褒められた感想文を書く時、私は自意識にさいなまれて何を書いたらいいかわからず、苦肉の策で、頭の中の解釈と感動を丸ごと「文字」にしてしまったのでした。いってみれば「偽」ではありませんが、「評価者の顔色を伺って書いた(真実)の感想」だったわけで、それが思春期の心には、すごく汚らわしいことのように感じられたものです。

でも、文章に携わるキャリアを得て、自分の子が文学を勉強する年齢になり、つくづく思うのですが、「学問」とは、ひいては「書きたくない文章を、いかにして書くかの訓練」に結びついていくのだとも思うのですよね。そして、それは社会で生きていくうえでは、必ずしも悪いことではないと感じます。

投稿日時 - 2009-09-01 23:16:38

お礼

ご回答ありがとうございます。

>確かに先生は、生徒が選んだ書籍をすべて読まなければならなくなるので大変でしょうね。余談ですが、

やはりそうですか。しかし、国語科を担当する教師たる者、少なくとも国語の教科書や受験問題に登場する常連作家の作品は一通り読破していて欲しいものですね。
名前を挙げるなら、芥川、夏目、宮沢賢治、泉鏡花、小泉八雲、井上靖、川端康成、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、壺井栄、与謝野晶子、菊池寛、森鴎外、志賀直哉といった面々。 
 まあ、感想文の推薦図書の著者は現代作家も多いから毎年新しく出てくるでしょうが。

>文章に携わるキャリアを得て、自分の子が文学を勉強する年齢になり、つくづく思うのですが、「学問」とは、ひいては「書きたくない文章を、いかにして書くかの訓練」に結びついていくのだとも思うのですよね。そして、それは社会で生きていくうえでは、必ずしも悪いことではないと感じます。

よくわかりました。

投稿日時 - 2009-09-02 08:28:20

あなたにオススメの質問