こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障がいという記述について

お世話になります。
教えてください。
以前は、障害者 と表記されていたのが、少し前は「障害」者(障害という文字の前後にかぎかっこをつけて表記する)、最近では障がい者と、害という部分がひらがな表記になりましたよね。
なぜ、このように変わってきたのでしょうか?また、誰が(どういった団体が)このようなことを言い始めるのでしょうか?

大事なことは、表記の仕方でなく、心の中にあると思うのですが。何か、形ばかりを気にしてるように思えます。

どうですか???

投稿日時 - 2009-08-29 11:34:28

QNo.5245802

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>大事なことは、表記の仕方でなく、心の中にあると思うのですが。何か、形ばかりを気にしてるように思えます。

このお気持ち、わかります。というか、以前はよく思いました。
「障害者に失礼だから、運動会から障害物競走をなくそう」とか、「片親や、共働きで親が運動会にこられない子がかわいそうだから、昼食は家族と弁当ではなくて教室で給食を」とか、考え違いしている方が昔はたくさんいましたよね。
最近はマシになってきた気がしますがどうでしょう。

「障がい者」については、文字そのものが意味を持つ漢字での表記で「害」を使用することによる誤った理解を防ぐため、かな。
また、自分がどれほど質のよい教育を受けても、周囲には学ぶ気もなく差別することが平気な方がいたり、いまだに村社会の悪い面も多く残っていることもあります。
その影響を受けたり、心が育つ前に文字を先に覚える場合も多いです。
「転石、苔を生ぜず」や「気の置けない友人」を正反対の意味だと思っている人もたくさんいる世の中ですから、誤解を防ぐために前向きであることは有用ではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-08-29 16:29:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ご参考まで。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E3%A4%AC%A4%A4%BC%D4

投稿日時 - 2009-08-29 15:17:21

あなたにオススメの質問