こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

与党の公約は信じられるか?

麻生総理や与党は
「経済はリーマンショック以降、与党の政策でどん底からやっと脱して上向いてきた。
大企業の業績が上がってきたが今は中小企業や一般の方が景気の良さを実感するまでに至っていない。
引き続き、与党の正しい経済政策を実施して下々まで経済回復が行き渡るように努める。
経済が良くなれば庶民の生活も良くなる。
だから経済の牌を大きくするのが大事。」


といった趣旨の発言を責任力と言って仰っていますが
大いに疑問です。

2002年2月から2007年11月まで69ヶ月弱続いた戦後最大の好景気いざなみ景気の時に
それならばなぜ戦後最大の好景気なのに格差社会や
平均年収の大幅な低下、自殺者数の高水準維持があったのでしょうか?
リーマンショック以前の好景気と言われる時代から実感なき好景気とよく言われてきましたよね?
麻生さんは今の不景気や格差社会はリーマンショックが原因であるかのような発言もされていますが…。

民主の政治は未知数ですが与党の政治では例え景気が良くなっても、
過去の事例からも例え景気が回復しても多くの庶民に、
その恩恵が回ってこないことは証明されているのではないでしょうか。
同様のことが天下り禁止でも30年以上約束しながら、
与党で実現可能の立場でありながらやってこなかった政党のいう事が信じられますか?

麻生さんの庶民への景気対策は矛盾していませんか?
今まで出来る立場であった政権与党(しかも参院で負けるまでは衆参両院で圧倒的な議席数)だったのに、
してこなかった政党が信じられるのでしょうか?

与党の見解や公約を信じられるか否か。
その理由と一緒に教えて頂きたいです。
回答者さんの回答で見解が変わるかも知れませんが、
現時点では「約束を守った、守らない、実行できた、できない」両方の実績がない民主より
約束を破った、実行しなかった確たる実績のある自民公明の方が遥かに信じられません。

大事な一票を決める参考にしたいのでどうか教えて下さい。

投稿日時 - 2009-08-20 22:05:25

QNo.5223551

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その通りです。
日本の景気は、最悪の状況です。
毎日のように、電車が止まっています。

少なくとも、今の自民党は、大企業と公務員などの保護しか考えていません。

一方の国民は、彼らに搾取され続けています。
特に、若者への搾取が酷すぎると言えます。
若者の政治への関心を無くさせ、年寄り優遇の政策を取って来ましたが、
過去の日本の貯金を使いきり、借金し続け、今や借金時計は酷い金額です。

日本の借金と言っても、外国から借りているわけではないので
まだ言われる程危険ではないです。

自民党のマニフェストでは、「70歳生き生きプラン」など、あります。
今度は、70歳まで働いて、彼らに貢げ、との公約です。
しかも年金も70歳からの支給になってしまうでしょう。

このまま自民党政権が続けば、日本の人口は8000万になり、5000万人にもなってしまうと言われます。
なぜ、ここまで日本が発展できたのかと言えば、人口増があったからに他なりません。

さらに、消費税を5%から10%、25%へと段階的に上げて、凌ごうとしています。
消費税の導入で0から3%になり、3から5%に増えました。
それによって、バブル崩壊後、景気は全く回復しませんでした。
消費税増税は余り良くはないと言えます。

消費税の計算も、120円÷20=6円 だから、126円、と計算できます。
しかし、8%や、15%などになるとどうでしょう?

120÷100*8=??? わかりにくいです。
8/100=12.5、ですね。これは難しいというより不可能。

15%はどうか?
120÷100*15=???
15/100=3/20
えーっと、120を20で割ってから、3倍・・・6を3倍=18円
120+18=138円
やっと出ましたが・・・これは感覚でいかないと計算は厳しい。

さらに、今の5%としても、レストラン、コンビニ、スーパーなどで
決済する時、小銭を使いますね?
店員は、1000円をもらって・・・・お釣り、378円を、渡すとする。
100円玉を3枚、50円玉を1枚、10円玉を2枚、5円玉を1枚、3円玉を3枚・・・。
えーっと、合計で枚数は10枚。
通貨種類は、5種類もあります。
もちろん、慣れている店員もいますが、どちらにしろお釣りを出すのに多少の時間はかかります。
そして必ず、「お釣りが正しいか確認を」と言います。
相当な、無駄が発生していると思います。効率も悪い。

スーパーでは、客が買い物籠を持って並びます。
列が長いと経営にも影響が出るので、その分、店員を増やす場合があります。
その分、人件費も増えてしまっている。

まぁ、最近はカード決済なども増えたので一概には言えませんが。

あと、株主配当にも問題があって、配当自体は正当性がありますが、
その配当の多くが外資に流れてしまっている点です。

例えば、トヨタの日本の工場の人が働く利益 → 本社の利益 →外人配当 というように、海外へ日本の大企業の利益が流れてしまっているのが
最大の問題と言えます。
だから、国民所得がいざなぎ景気でも上がらなかった。
やはり、従業員が株を持ち、その分配当をもらうのが正当でしょう。
そうすれば、仕事にやりがいも出るし、「会社をもっと成長させよう」という気概が出てきます。
さらに、配当ももらい、その分、買い物をしてもらえれば、他の企業へも利益が配分され、景気は良くなります。

この仕組みを自民党はずっと変えてきませんでした。
多くの大物政治家も、お金に溺れてしまったのでしょう。

一票についてですが、今回の選挙は日本の歴史を変えるものでしょうし、
自民党も強いかもしれないので、「自分の一票ぐらい・・別に変わらない」と考えるのは古い考えです。
その精神が政治を腐敗させてしまったことを国民1人1人が自覚するべきでしょう。

投稿日時 - 2009-08-22 07:33:10

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(21)

ANo.21

政治には時間がかかります。
これが現実です。
既得権益との綱引きでコツコツ実績を作ったのが与党です。非常に現実的に考えれば、景気対策の効果が見えてきたのは早いほうでしょう。
 世界の足並みもあったからでしょう。

前バブル経済の負債の処理には20年かかった現実は忘れないほうがいいでしょう。

また 民主の政策は子供だましもほどがありますね。
 野党でも法案を通すということはありますが、現国会でどうして法案を出さなかったんでしょうか?また政権とってから法案を出すなんておかしな話です。
 政権交代政権交代ばかり言ってるのは、国民を馬鹿にしてますね。
 また小沢は昔の金権政治と同じ腐敗の自民党のころと同じことをまだやっていて、秘書のせいといってることも、時代錯誤ですね。
 
 民主でよくなるはずがないということにそろそろきずいたほうがいいでしょうね。
 馬鹿にしてますね。政権がほしいだけですから。

 政治には時間がかかってますから、裁判制度のように陪審員でも入れない限り、スピードアップは望めません。
 そういう政治の現実をしっかり知った上で、実現力は評価します。
 年金でも移行するのに20~40年といわれてますから、
 100年安心プランが存在している延命時間内でしっかり新システムに移行すべきですが、民主は議論を拒否して、延命処置している年金制度の時間を無駄にしました。これほど腹立たしい態度はありません。
 はっきりいって、民主のマニフェストは何も知らない国民を馬鹿にしたものでしょう。

 民主なら増税と格差は広がり、世界不況と絡んで、不況は深刻になるでしょうね。
 政治は具体的なものですから、細かい計算がないマニフェストなどは、マニフェストではありません。
 海外では専門家が1年がかりで計算して具体的な数字を出すのがマニフェストです。
 大阪知事が民主のマニフェストを地方分権がないという1事ですぐに付け加える。何ですか?あれは。昨日今日作ったマニフェストということで、簡単に付け足すなんて、あきれてものが言えません。何の計算もなしにやってるのは明らかです。こういう輩だから、政権交代としか言わない。
 権力がほしい。そんだけ。国民のことは考えてません。自分たちのことだけ。
 国は悪くなります。最悪ですね。
 
 失業5%や経済対策も、世界経済の対処としてはそれ以上はないでしょう。また効果が出始めているのは早いほうです。

政治を何だと思ってるんでしょうか?
 今日明日ですぐ変わるなんて 幼稚な考えは、国を悪くしますよ。
 
 政治の現実を知れば、すぐによくなるなどありえません。幼稚ですね。 また 世界不況は今の政権のせいではありません。
 政治が悪いという声は、社会主義国家と思えるほど、他力本願ですね。
 経済回復は民衆の努力も必要です。
 民主の政策でよくなると思う人は、浅はかですね。そういう無認識な人たちが信じられません。
 与党にも問題がありますが、現実的にこの大不況に対処できるのは今の与党しかないでしょう。
 世界的大不況ということがよくわかってないんでしょうね。
 余波は来年から本格化しますよ。
 20年続くぐらいに見るほうが現実的ですね。国債の借金の対応に何年かかるか、不良債権と同じ見方なら20年かかった過去を考えたほうがリアルでしょう
 借金返すので贅沢はできない状況だということです。
 大事な1票だからこそ、深く深く計算して、やはり現与党です。
 民主はあまりに力なさすぎです。

 本気で法案成立したいなら、民主はなぜ出さなかったのか。
 この事実は大きな現実の姿です。
 権力がほしいだけでしょう。おそろしい。
 本気で法案成立したいなら、民主はなぜ出さなかったのか。
 
大事な事は、マニフェストに書かれてあることを、国会で法案を出さなかった。
 こんな党が信じられるはずがない。
 
 政権とったらやる」なんて、信じられません。

投稿日時 - 2009-08-25 07:39:16

お礼

まとめてのお礼となりますが、たくさんの回答ありがとうございました。
色々の方の回答、参考になりました。

投稿日時 - 2009-08-27 19:23:27

ANo.20

国の抱える問題を総合的に解決させる国の姿のビジョンも持たないで
国債を発行しては緊急性のない公共事業までどんどんやっていくのは
考え方としたら
今の生活を維持したいからといって将来のことを考えもせず
サラ金から金を借りては、バンバン使って生活するようなものです。

今は安心、安全の政治に見せかけられても
確実に莫大な累積借金を次の世代が引き受けなければならないことになっていくでしょう。
郵政選挙の時に自民党から弾き出された人間と同じで既成の利権を守ることに囚われているような人間には
何を言っても通じはしないものなのかもしれないですね。。。

日本を新生させる構想には公共事業として全国規模で土建業も付いてまわるのですが
そんなことには思い至ることもなく
自ら考えることもせず
聞く耳さえ持てないで
目先の自分の利権を保守するために
いままで通りの様にしていくことを推し薦めるだけならば
また諸々に抱えた問題の解決の先送りにしか成っていかず

顕在化している様々な問題を総合的に解決させる方向性を持たせながら日本が新生もしくは再生させていこうとしている時に不要もしくは邪魔にさえなる政党や派閥といえるでしょう。

投稿日時 - 2009-08-24 10:12:34

ANo.19

oosaka_girlさんもおっしゃっていますが、日本経済の打開をできる可能性のある政策を語っているのは、

自民党の町村派(無利子国債100兆円で公共事業を中心に経済対策を5年、年金・教育・医療改革にも使う。)

国民新党(無利子国債200兆円で公共事業を中心に経済対策を5年、年金・教育・医療改革にも使う。)

みんなの党(政府紙幣を発行、それを公共事業に使う?)

これくらいしかいません。しかし、町村派は自民党で不人気です。また、国民新党もみんなの党も少数党です。

自民がいやな人でも、これらの党の議席を少しでも多くすることで日本には期待が出てくると思います。

民主の政策は、公共事業を削減して特定の個人へばら撒くという政策です。

公共事業の削減--->企業の売り上げ減少-->地方の給与収入の減少 で景気が悪くなるので、

個人へのバラマキ分--->貯金の増大

となってしまい、消費の拡大分で景気の落ち込み分の解消は不可能です。これでは、経済の大幅ダウンは避けられません。それに気がついてからはでは遅いと思います。

投稿日時 - 2009-08-24 08:00:31

ANo.18

自民も民主も大うそつきですが、民主は本気でそれを信じている
困った子供がいるので怖いと思います。
今の日本で、良識ある大人は「国民新党」だけだと思います。
理由は、別の質問・回答をお読みください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5227738.html

投稿日時 - 2009-08-23 14:17:45

ANo.17

 こんばんは。
小泉は「公約を守らない事なんか大した事じゃない」ってヘラヘラ
薄ら笑いを浮かべながら言ってましたし、安倍は年金問題で
大嘘を付きましたし、福田も同様に公約違反を問題にしませんでし
た。
 今時自民党や公明党の公約を信じる馬鹿も居ないとは思いますが
、それでも自民公明にしがみ付きたがる方々はいるもので、私は
そういう人達が不憫でなりません。

 http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

参考URL:http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1778.html#more1778

投稿日時 - 2009-08-23 01:25:08

ANo.16

仮に私が野党議員だったらという仮の、妄想のお話をします


我々の党には、与党のように法案を可決させる力は乏しいが、
反対し、時間を稼ぐ力は持っています

であれば、コレを最大限に行使し、与党の失点を我々の力で作り出します

100提出された法案の内、半分も可決阻止させることが出来れば上出来です
優れた法案であればあるほど阻止する必要がありますね
それと、念のためやたらと質問攻めにしてさらに時間を稼ぎ、疲弊も誘っておきましょう



さて、いよいよ衆議院選挙が近づいてまいりました

あとは簡単
我々の手で作り出した与党の失点を全力で批難すればいいのです

マニフェストなどどうでもいい
「今まで何をしてた」という魔法の呪文だけで押し切ることができます

ぶっちゃけ党首が誰であろうと変わらんでしょう

つまり勝つべくして勝つというわけですよ
あなた方有権者の意思など問題ではないのです


という短編小説を書いたら売れますかねえ・・・
自信ないなあ・・・

投稿日時 - 2009-08-22 15:18:04

ANo.15

まあ、政治を1か0でしか判断できない人には、今の自民党政治にはとうてい耐えられないでしょう。

今の自民党の政治に、多くの問題があることは知っています。
しかし、今の日本の最大重要課題は何か。
ここに焦点を絞れば、自ずと選択は明確になります。

私は、日本経済の建て直し、景気対策にあると考えています。
そして、その景気対策について最も明確な回答を出しているのが自民党です。
残念ながら、民主党のマニフェストでは、特定層に対するバラマキ政策があるだけで、日本経済全体に対する明確な方針が見えません。

※もっとも、日本中をさんざん騒がせた定額給付金に一定の経済波及効果があるように、民主党のバラマキ政策にも一定の景気対策効果はあります。しかし、民主党はその政策を実施することで、具体的に日本経済をどれだけ復興できるのかという説得力のある数字がありません。

自民党、特に麻生政権には実績があります。
2009年の第二四半期で、実質GDP +9%(年率に換算すると+3.7%です)の実績を出しています。
これについては、今までマスコミや野党からさんざん叩かれながらも、解散をせずに景気対策を続けてきた効果が、数字となって現れたのです。

おそらく民主党に政権交代した場合、今の麻生政権の景気対策をいったん止めて、0ベースから議論を始めるでしょう。
その場合、議論がまとまって予算や法案が国会に提出され、可決されるまでにおそらく半年程度、それらの対策が数字として表に出るにはさらに半年ほど時間がかかることが予想されます。

それまでの間、日本経済はよくて横ばい、悪ければ二番底に向けてさらに悪化していくのです。
残念ながら、そこまで先を見通した報道は少ないですし、国民の多くは意識すら十分していないように思われます。

雇用や生活の悪化を覚悟してまで、国民は政権交代を望むのか。
後から知らなかったでは、済まされないことです。
その覚悟があるかどうか、私は多くの日本人に問いたいと思います。

投稿日時 - 2009-08-22 13:30:44

ANo.14

>それならばなぜ戦後最大の好景気なのに格差社会や平均年収の大幅な低下、自殺者数の高水準維持があったのでしょうか?

国際環境の影響を払拭するには日本の力ではどうにもならないからです。そのためには外交を強化しなくてはならないのですが、国の安全保障を他国に依存している限りはまず無理でしょう。「友愛」という民主の戦略で金を湯水のごとく使っても国際環境を変えることは不可能だと思います。

もちろん、格差を是正しようとして大増税を行って再配分するという民主党案でもこれは挫折必至でしょう。なぜなら、増税した分については、その分消費は落ちます。そしてばら撒いた分の一部は貯金に回ります。国にとって無駄であっても経済にとっては個人にばらまくより政府支出をしていた方がいいわけです。景気においては一回やらせてみろというのにも値しないような政策だと思います。

したがって、国際的な景気の持ち直しもなく、民主党の政策が変わらないのなら、3年間で公共事業の縮小の影響で経済は悪化し、大盤振る舞いで財政は悪化しますから、3年後所得税増税の段階で、国の財政は大幅な累積債務の上に、景気はとんでもないことになると自信を持って言えます。

>過去の事例からも例え景気が回復しても多くの庶民に、その恩恵が回ってこないことは証明されているのではないでしょうか。

ですね。国際環境を変えなければ庶民は苦しむ一方でしょう。

>麻生さんの庶民への景気対策は矛盾していませんか?今まで出来る立場であった政権与党(しかも参院で負けるまでは衆参両院で圧倒的な議席数)だったのに、してこなかった政党が信じられるのでしょうか?

民主党でも自民党でも景気対策には限界があります。ただし、自民党の最大派閥の町村派の案や国民新党の案において、若干の期間ではありますが、一息つける可能性があるということになると思います。

その間に、新たな経済戦略と外交戦略を策定しなおさないと大変な苦境にさいなまれるでしょう。はっきり言えば、民主案で希望は持てません。


>大事な一票を決める参考にしたいのでどうか教えて下さい。

自民がいやなら民主というのは安易な選択でしょう。民主党は320議席という予想がありますが、こんなにとらせたら大変なことになります。官僚政治を壊すのはいいでしょう。地方分権もいいでしょう。でも民主は日本の生命維持装置である米国とうまくやっていけるかどうか分かりません。と、いうより、うまくやって行くつもりがあるのかないのかさえ分かりません。

民主が政権をとれば、強烈な円高になる可能性はあります。それでも国際展開している企業はいいのです。問題は日本の労働者です。企業はコストが高い日本の労働者をきらいます。そしてその労働者に仕事もないのに、大量の雇用保険と生活保護で生活を支えるのが民主の政策になるでしょう。その財源は国債と増税で賄うしかありません。日本の破綻は秒読みになってしまいます。

自民がいやなら連立に入る可能性のある国民新党や、その他には、みんなの党・平沼グループというのもあります。保守政党がいやなら、民主党より、政権をとる可能性の低い共産党の方がまだましだと思います。

320議席という数には絶望的な雰囲気さえ漂います。小泉政権の時もとらせすぎに問題ありという意見はありました。民主にとらせすぎた場合、日本の未来は暗いと思います。

投稿日時 - 2009-08-22 09:38:44

ANo.12

いざなみ景気と言っても、国の借金が、400兆から800兆に倍増しています。公約については、今回、ABC評価だけですが、曲がりなりにも総括を行ったのは、自民党にとっては初めてだと思います。小泉元首相の公約であって、彼無き後、抵抗勢力を抱えたままの自民党ではどう考えても沿うのは無理で、首相の交代劇も惨憺たるものでした。結果、自民党の反省が、公約を守れない反省なのか、守った反省なのか不明。このドタバタ劇場は、首相下ろしとして、選挙の直前にまで及んでいます。自民党に対しては、公約の良し悪し以前の問題があり、自民党による民主党批判を空々しく思う人もいるでしょう。
民主党側も、いくら議席を増やしても、長続きするかどうかは、執行部やブレーンの才覚次第なので、どうなるのかは分かりませんが。

投稿日時 - 2009-08-21 20:10:52

ANo.11

>日本のように不健全で怠慢経営をした銀行を献金と引き換えに税金で守る
 ・・・米国の場合、中小の銀行は切捨て、大手は若干守る。ですが、日本の場合は、ペイオフ制度を導入して、自己資本率を上げるなど銀行に対して強硬路線です。竹中の執拗な銀行いじめのニュースはご覧になったことはないのでしょうか?
 その結果、多くの赤字債権を決済しており、多くの銀行は既に救済した資金を国家に返済しています。そして今回のサブプライムに対して赤字の銀行は日本で1行だけです(農林中央)。しかもその銀行に対し政府はなんの手も出していません
 

投稿日時 - 2009-08-21 13:41:23

ANo.10

既存政党の公約は基本的に信じてません。民主党も公約破りを「進化」で誤魔化す事が証明されましたし(流石の自民党もこんな言い訳はしなかった)。

投稿日時 - 2009-08-21 10:17:21

ANo.9

自民のマニフェストは民主のマニフェストに対する対案と思います。
ですからそれぞれにいいとこもあるし、悪いとこもある。
逆に民主党はFTAの問題など国民にいいところを見せすぎようとして、農業団体の反発を受ける・・・情けないですね。
ただ今回自民党は麻生さんのキャラでだいぶ損してるような気がします。
国民はそんなに賢くないから、漢字が読めない、とか枝葉末節な部分で判断してしまいますね。
 この前の総選挙では郵政民営化という、さほど大きな問題でもない所に国民は騙されて、大きな勝利を与えてしまった。これに対する反発と猛省で民主党を今回は勝たせてしまうんでしょうね。
 私は絶対に政権をとりそうにない党に入れる事にしました。マニフェストなんてのは公約数ですから、守れなくても気にしません。

投稿日時 - 2009-08-21 10:06:52

ANo.8

どちらを選ぶにしろ、ifはないのだから、判断は信頼でしかないよ。

少なくとも、麻生は日本の経済に対しては強い。そう日本以外で称されている。
だからこそ信じられると思うけど。

あと、自民が約束を守ったこと、実行したことはカウントしないんですか?
信じられないという感情ありきで話してませんか?
それと民主党は、もう約束破ってますよ。何回マニュフェストを変えましたか?4回くらい変えてますよ?
あれだけ”契約”と意気込んでいたのに、契約内容を変える。詐欺ですよ。
それと裏マニフェスト(index2009)も用意し、これは国民には知らせない。だます気満々です。

私は、リーマンショック以後、予算編成を何ヶ月も引き延ばした民主党のせいで失業しました。
その数ヶ月がなければ無職にならなくてもすみました。
テレビ報道で麻生がワルイだ、自民がワルイだ、となっていましたが、
麻生がやったこと、民主党がやったこと、ネットで調べてどちらを恨むべきかすぐ分かりました。

あなたも、もっとフラットに両者の性質を考えましょう。
経済はね、いつか回復するかもしれないけど、取り戻せないものもあるんでね。

投稿日時 - 2009-08-21 03:19:02

お礼

回答ありがとうございます。

>自民が約束を守ったこと、実行したことはカウントしないんですか?

どこの党でも公約のいくつかは「与党になれば」守れるでしょう。
要は前回の自民のマニフェストで書かれていたことがほとんど守られていないことが問題なのでは?
それはどう思われますか?

>それと民主党は、もう約束破ってますよ。何回マニュフェストを変えましたか?4回くらい変えてますよ?

情けないですよね。
ただ政権獲得後に大嘘を付いて公約なんて別に守らなくてもいい発言して公約を反故にする与党の方が遥かに問題だと思いますが。


>それと裏マニフェスト(index2009)も用意し、これは国民には知らせない。だます気満々です。

外国人参政権でしょうか?
あれには私も大反対ですね。
むしろテロ国家北朝鮮を支持する外国人には強制退去して欲しいくらいです。

>麻生がやったこと、民主党がやったこと、ネットで調べてどちらを恨むべきかすぐ分かりました。

与党と野党では権力の大きさが違うので、
責任の重さが全く違うのを前提に論じないと駄目なのでは?
それとネットは真実と嘘が混在しているし真偽が確かでないものが
多いので注意が必要だと思います。

投稿日時 - 2009-08-21 06:47:21

ANo.7

政党より国民そのものが覚醒剤騒ぎでこの国の置かれた状況がまだ解っていないような気がしますね。

底打って多少持ち直しただけなのに政府のおかげで景気が回復したと言われても困りますよねぇ。世界一の借金苦へ向かって突き進んでる国ですから、無駄を無くしてもらいましょう。

投稿日時 - 2009-08-21 02:03:36

お礼

回答ありがとうございます。
経済大国でここまで借金を負うのはやはり与党の責任と言わざるおえませんよね…。

投稿日時 - 2009-08-21 06:36:53

ANo.6

信じるのは組織ではなく人じゃないの??

投稿日時 - 2009-08-21 01:40:05

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-08-21 06:37:20

ANo.5

公約自体 疑ってしまいます。
というか、信じて何が変わるんでしょうか?
選挙となれば いつも批判ばかり、批判・誹謗・中傷はいいので本当に出来るコト、それをきちんと伝えてほしいと思います。

私の個人的な意見を言わせていただくと、民主に何が出来るの?
何処からそんな予算を持ってこれるの?夢だけ語って本当に公約通りの事が出来るんですか?って感じです。
自民に対しても 同様の思いはありますが・・・。

結局 聴く力が大切なんだと思いますし、自分自身で知る事も重要かと思います。
本気で考えるならですが、何処まで本気な日本人がいるかって事のように思える部分もありますので・・・。

投稿日時 - 2009-08-21 01:39:57

お礼

回答ありがとうございます。

>何処からそんな予算を持ってこれるの?夢だけ語って本当に公約通りの事が出来るんですか?って感じです。

多くの方がそう思われていますよね。
私も確かに疑問に思います。
ただし自民党のように国債乱発財源や埋蔵金(当初はないと否定していた)使用なら民主でも余裕でできると思いますが?

投稿日時 - 2009-08-21 06:50:11

ANo.4

ご質問者の判断力で投票をすべきだと思います。

ネットでは、限られた人が自分の思い通りにしょうと画策することが可能です。告示が終わった今、この時期に質問されても、まともな回答は得にくいでしょう。

私が言えることは、
バブルが崩壊し、国民の平均年収は増え、税率は下がりましたが、平均年収以下の国民の数は増加の一途を辿りました。このときの政権はどの政党でしたか?

私の投票行動は、今回に限ると単純です。官僚が、政権を取ると最もイヤだと考える政党に投票します。その政党が何を目指そうと関係なくです。
官僚は情報を作り、リークする力を持ちます。その力を活用してネガティブな情報に満ちている政党が、おそらく官僚が嫌いな政党のハズだと私は考えます。
世の中が悪い引力に引っ張られていると考えるなら、破壊が一番単純で簡単な解決策です。良くなることは無いかもしれませんが、悪くなる要因は取り除ける可能性がありますから。

投稿日時 - 2009-08-20 23:18:00

お礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

>バブルが崩壊し、国民の平均年収は増え、税率は下がりましたが、平均年収以下の国民の数は増加の一途を辿りました。このときの政権はどの政党でしたか?

この観点から見ると自ずと答えが出ますね。
それにしてもマスコミ以上に官僚の情報操作は酷いですよね。
その官僚を擁護する政党は・・・ですね・・・。

投稿日時 - 2009-08-21 06:53:24

ANo.3

【補足】
・自民が野党の政策をバラマキといってる点について
 補正予算は自民は72兆 民主は85兆です。
 当初民主は自民の補正予算に反対してした(理由:多すぎる)
 その後、補正予算は可決したら問題と発言(理由:可決が遅すぎる
 給付はばら撒きといいながら、民主も独自に給付金(しかも多い)
  内容を見れば、分かりますが民主の本当にばら撒きなんですよね
 例えば農業のFTAについても自由化する、その分農家が赤字になった分を補填とか・・・意味がないと思いません?
 
・景気回復について
 日銀の景気の報告をか日経平均とかみれば景気が回復してるのは社会人なら分かりますよね。

・雇用の確保・社員及び派遣の解雇の歯止めについて。
 バブル崩壊の時でも多くの正社員が解雇になりました。でも正社員を解雇するなという人っていましたっけ?
 雇用を無理に確保すれば会社は逆に倒産します。
  労働者の味方といっていた社会党でさえ、社会党で働いていた正社員を殆ど解雇しました。

 思うんですが・・・
  国民の多くってよく『○○はダメだ』とか批判する人は多いですが、その対案をいう人って居ないんです。
 それって無責任じゃないでしょうか?

 例えば『派遣切り』
 数年前、日本の派遣は米国と比べ単価も安い、保障もないって騒いでました。よく名前が挙がったのがGMです。
 でも、肝心の米国でGM自体が破綻して、現在の派遣なんて日本の比較じゃないほど切られまってます。
 じゃどうしたらいいと思っているのでしょう?
 派遣を解雇禁止する法律を作れば企業が破綻しますよね?
   →今の米国ですよね?
 派遣を正社員なみの給料にすれば会社は海外に工場を移転します。
   →今の韓国ですよね?
 企業に高い法人税かけると海外に本社を移しますよね?
   →今の英国ですよね?

みな日本が悪い悪いというけど
 去年と今の為替をみてください
  1ドル  120円 → 93円
  1ユーロ 160円 → 130円
  1ポンド 200円 → 150円

 世界で最も経済がいいとこに金は集中します
日本がこれだけ円高になっている理由を考えたことがあるのでしょうか?
 この異常なほどの円高は世界の中で『日本』の異常なほどの健全性を示しています。
 ドルを大量にすりまくる米国は別にしても、英国ポンドなんて変動相場制が始まって以来の異常なほどの円高の数字なんです。

 米国では今年すでに80余りの銀行は破綻してます。自分は億単位で株と為替の運用をやってますが、世界に比べ以上ともいえる健全性は驚くばかりです。海外の投資家と話しても皆日本をうらやむ声ばかりです

投稿日時 - 2009-08-20 23:16:04

お礼

回答ありがとうございます。
>米国では今年すでに80余りの銀行は破綻してます。

日本のように不健全で怠慢経営をした銀行を献金と引き換えに税金で守るのが良い政策なのでしょうか?
守るべきは預金者で銀行ではないのでは?

>例えば農業のFTAについても自由化する、その分農家が赤字になった分を補填とか・・・意味がないと思いません?

自民党も農業畜産大国の豪州とFTAを積極的に進めていましたが。


私もご指摘があった点で民主党を全面的に信用しておりませんし、だからこちらで質問させて頂いているのですが
rikukoro2さんと私の違いは、長所と短所の合計点での評価の差かと思います。
何に重点を置いているかと言った方が適切ですかね。

投稿日時 - 2009-08-21 06:35:36

ANo.2

 質問者様の言いたい事はなんとなく分かるのですが、基本的な経済システムについて誤解しておられるのではないでしょうか?

 戦後最大の好景気というのは期間であり、経済成長率ではありません。戦後間もないことは護送船団方式と呼ばれる経済システムで成功をしていましたが、現在はそのような方法での経済システムで通用しません。
 当時それが通じていたのは、国民の非常に安い単価(人件費)と人口の増加による内需の拡大、固定相場制などの様々な要因があります。
 しかし現在は国民所得も大幅に増加、少子化による内需の伸び悩み、急激な円高など国内産業の大幅な成長はもはや期待できません。
 そこで取ったのは今まで官でやったことを民間でやらせること等、などによる国内産業の育成です。
 この手法は、新自由主義といわれるもので格差がでるのは仕方がないともいえます。
 しかし以前に比べて確かに格差は広がりましたが、ジニ係数の国際比較を見れば日本は先進国では最も格差の低い国といえます
 日本単独でみれば酷く見えるかもしれませんが、各指標を国際比較すると日本は非常にいい数字です。

>今の不景気や格差社会はリーマンショックが原因であるかのような発言もされていますが…。

 リーマンだけではありませんが、今の不況は米国発のサブプライムに端を発した金融不安であることは間違いありません。

>多くの庶民に、その恩恵が回ってこないことは証明
 はい、現状の日本では無理ですね。日本は資源がなく技術立国で食っている国家です。その国民1人頭の単価は初め、様々な要因ですでに戦後間もない経済成長は期待できませんし、格差はでるでしょうね

>天下り禁止でも30年以上約束しながら、
 それは簡単、国民が天下りに対して、賛成をして政府の抵抗をしているんです。
 天下りですが、これは基本『転職』です。全面禁止を極論すれば公務員は一度辞めら再就職禁止なんて出来るわけがないじゃないですか
 ですので、自民党の場合は、転職の政府が斡旋して完全に影響力をなくそうとしてるんです。
 農林水産関係の官僚の就職先を、農林以外の場所に就職してしますとか、そのような方法で1つ1つ潰して天下りは残るが効力をなくそうってのが考えです。
 対し民主のは公務員が退職しても、再度国家が再雇用してまうという考えです。これだと天下りは消えますが、国費の浪費でなんの意味のないのはわかりますよね

 正直、自民と民主を比較して、どれだけの利権団体がどっちについているかで、全体像は見えてきます。
 例えば、大企業の集合体である、経団連が自民についいるから自民は企業に優しいけど、従業員には優しくない
 対し、各種労働団体は民主についています。つまり民主は労働団体には優しいが企業には優しくありません


 今が好景気なら民主もありなのですが、この不景気に労働者優遇政策をとると国家経済が崩壊します。
 お隣韓国がいい例です。ノムヒョン政権で労働者重視の政策の結果、韓国経済は大きく破綻しました。労働者の労働単価が高い為、外国資本の大部分が人件費の安い中国に移動しました。その結果、韓国は債務国に転落したのです。
 民主は製造業における派遣禁止という法案を出しています。これが一見いいふうに見えますが、こうなるとそれこそ韓国の二の舞です。国内製造業の海外移転に歯止めはかからないでしょう。
 自民の政策は貧富の差はでるが、失業率の出ない政策。
 民主の差は〃    でないが。失業者の多い政策。

こうなると結局、国全体の『経済』でみれば民主にいいとこはないんですよね  

投稿日時 - 2009-08-20 22:51:29

お礼

回答ありがとうございます。
かなり参考になりました。

なるほど、そういう視点で考えたことはありませんでした。
少し目から鱗状態です。

ただそれが真実だとすると、

中小企業、庶民の生活を良くする
所得100万アップ
格差社会の解消
社会保障の充実

など全て選挙目当ての大嘘となりますね。


>それは簡単、国民が天下りに対して、賛成をして政府の抵抗をしているんです。

それだけはないと思います。
ちょっと与党に対して甘すぎるのでは?
そもそも責任力と言いながら30年以上約束を破っていること自体が
信用できない政党となってしまいます。

投稿日時 - 2009-08-20 23:23:42

ANo.1

私は与党を信じることはできません。

例えば先の給付金のバラマキを棚に上げて野党の政策をバラマキと言ったり、
給付金のバラマキで消費が増えただけなのに消費が増えたから景気が回復基調であるとかバカらしくて付き合ってられません。

景気刺激策と言って企業にお金を注入し、社長・役員・株主に還元しているだけで、
雇用の確保・社員及び派遣の解雇の歯止めになってない。

仮に自公政権が続けば同じことの繰り返しになることは目に見えてます。
今の自民党には自浄能力は皆無です。
野党の追及はしても身内の追及はしない体質があるからです。
一度自公を野党に落し、そのうえで自公を追求できる体制にすべきと思います。
そして自公の膿が出切ったならば改めて政権党にふさわしい党がどちらかを考えるべきです。

今の日本経団連ほか金持ち団体と癒着して金持ち有利の政策しか実施しない自公は信用なりません。

投稿日時 - 2009-08-20 22:18:55

お礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

>仮に自公政権が続けば同じことの繰り返しになることは目に見えてます。
>今の自民党には自浄能力は皆無です。
>野党の追及はしても身内の追及はしない体質があるからです。
>一度自公を野党に落し、そのうえで自公を追求できる体制にすべきと思います。
>そして自公の膿が出切ったならば改めて政権党にふさわしい党がどちらかを考えるべきです。


私も現時点では全く同じ考えです。
将来的には膿の出た自民と民主で2大政党制になって欲しいと思っていますが。
それに加え健全な野党宣言している共産などがあれば理想の形かと思います。

投稿日時 - 2009-08-20 22:45:39

あなたにオススメの質問