こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

膀胱がんの手術について教えてください。

7月下旬に膀胱がん(T3a)の告知を受けました。良い先生に巡り合う事ができ、色々精密検査を受け、その結果抗がん剤の処置をまず受け、膀胱の全摘出を10月15日にしていただくことになりました。
その前に今月末に最終検査としてTUR-Btで、生検を行い腎臓・尿路・尿道が残せるか見ていただくことになっております。
 そこで、3点質問をさせてください。
腫瘍の場所が尿路の出口にあり、その関係で尿路が膨れています。
そのため尿路をとる必要があるかもしれないとのことでした。尿路を取ってしまうと、腎臓も使えなくなるのでしょうか。それとも何かで代用できるのでしょうか。
次に腎臓について少し水腎症も疑いがあるとのことでしたが、腎臓は2つあるので1つを取っても問題はないでしょうか。リスクを教えてください。 
また、術後の処置ですがリンパへ転移している場合、化学療法以外にどのような処置方法(できれば具体的に)があるでしょうか。
恐れ入りますが、是非お知恵を貸して下さい。

投稿日時 - 2009-08-19 00:06:08

QNo.5218350

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

3点目へのアドバイスです。
進行した膀胱癌の治療には、大きく分類して
手術・全身化学療法・放射線療法・症状緩和の方針の4つがあると思います。
手術後にリンパ節へ転移している場合の化学療法以外の処置となると、
放射線療法・症状緩和の方針(Best supportive care)があると思います。

しかしながら、膀胱癌治療における放射線治療の位置づけは、
筋層浸潤膀胱癌に対する膀胱温存を目的とした根治的放射線治療および骨転移や局所浸潤に伴う痛みや血尿などの症状緩和を目的とした対症的放射線治療として行われるとされています。

なので、結局のところ化学療法単独か化学療法と放射線療法の併用で積極的な延命を目指し、全身状態に応じて症状緩和の方針へ転換するということになるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-08-21 21:25:47

補足

細かくご指摘いただきましてありがとうございます。
術後の処置なのですが、リンパに転移が見られようが、見られないであろうが、抗がん剤と免疫療法(樹状細胞療法等)を行いたいと考えているのですがいかがでしょうか。大変お忙しいと思いますが、ご教示いただけませんでしょうか。藁にもすがるつもりでおります。

投稿日時 - 2009-08-21 23:47:13

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

T3aの膀胱癌で抗がん剤による治療を行った後に、
膀胱を摘出する手術をするということですね。
腫瘍の部位が、膀胱内のどこなのかが問題ということなのだと思います。
尿路というのは、どちらかの尿管もしくは尿道でしょうか?
1:膀胱内の尿管の出口部分に腫瘍がある、
もしくは、
2:前立腺部尿道というところに腫瘍があるといった場合が考えられえると思います。
たぶん、前者なのだと思います。
腫瘍の広がりによると思いますが、膀胱付近の尿管のみに腫瘍があるのであれば、膀胱を摘出。尿管の上部まで腫瘍があれば、腎臓と尿管と膀胱を摘出ということになるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-08-21 20:44:48

あなたにオススメの質問