こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

預金金利と国債金利は一致するのですか?

竹中平蔵氏の雑誌への寄稿文で、「通常、成熟した国では預金金利と国債金利は理屈のうえでは一致するはず」と、書かれていました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090817-00000002-voice-pol

1.この場合の金利は、どういうものですか?(普通預金の金利なのか定期預金の金利なのか?国債の金利も種類がありますね)
2.解り易く仕組みを教えてください(参考書籍やサイトでも良いです)。
3.国債の現金化(の手数料)やリスク等は、どう評価されますか?
4.現実的にあり得るのでしょうか?実際に金利が一致したことはありますか?
5.もしそうなれば、郵便局は「成り立たなくなる」と竹中氏は書かれています。他の金融機関も一部を国債で運用していると思いますが、影響はありますか?

全くの素人考えでは、二つの金利は、「理屈のうえでは一致する」のでしょうが、現実的にはあり得ないと思うのですが、どうなのでしょうか?竹中氏の寄稿文の内容や政策への評価などは抜きにして、純粋に経済学的に教えてください。

投稿日時 - 2009-08-17 23:53:41

QNo.5215590

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

竹中氏の意図は分からないが、私なりの回答。


1.
その預金に対応する国債。
5年定期なら5年国債。10年定期なら10年国債。

2.
国債も銀行預金も、国が元本と利子を補償している。(ペイオフ有)
投資家の立場から考えるとこの2つに差は無い。どちらかの金利だけが高ければ、そちらに人気が集まるので、金利差は縮小して消滅する。

3.
預金のリスクも同等。国債を売りたいという人が殺到する危険があるように、銀行預金も取り付け騒ぎの危険がある。

4.
瞬間的や特定行に限れば一致することもある。
例えば2009年の5年国債は0.6%~0.8%台で推移している。各銀行の金利情報を見るとじぶん銀行の5年定期が0.75%、ソニー銀行の5年定期が0.779%。瞬間的に一致したかもしれない。

5.
影響がある。ノーリスクの鞘抜きが難しくなれば、株式などのリスク資産に投資したり、証券化業務や保険販売などの手数料ビジネスで稼がなくてはいけなくなる。

投稿日時 - 2009-08-19 21:42:55

お礼

お礼、遅くなってすいません。
4.の「一致したことがあるかもしれない」というのは、ちょっと驚きました。
解りやすい回答、ありがとうございました

投稿日時 - 2009-09-11 06:28:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問