こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつの抗うつ薬と心理療法について。

 blackmochaと申します。現在うつ病で、抗うつ薬で様子を見ているのですが、なかなか効かないので、心理療法を自分でやってみようと思うのですが、治った場合、抗うつ薬の作用か心理療法での効果か分からないので、どうしたらいいでしょうか。自分でどちらで効いたか分かるものなのでしょうか。ご回答願えれば助かります。

投稿日時 - 2009-08-12 15:41:58

QNo.5201785

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

元うつ病患者で、現在産業カウンセラー有資格者です。
うつ病のほうは寛解(ほぼ完治)しております。

うつ病の投薬治療が続いているのでしたら、まずは主治医に薬が効かないことを
本当は相談すべきですが、そのあたりはどうしていますか?
主治医と信頼関係があるようでしたら、薬が効かないこと、そして効かないために
困っていることはどんなにささいなことでも相談してみましょう。
良心的な医師ならそのときの症状に合わせて薬を調整してくださいますし、
万が一それでも1週間~10日ほどは効き目が出るまで様子を見る必要があります。

また、主治医が信頼できない場合は、少し様子を見て違う医師に変えるか
セカンドオピニオンをお考えになってもいいと思います。
というのも、医師を信頼できないとそのことが気になってしまうために
薬の効き目にすら悪影響を及ぼすこともあるからです。

なお、心理療法については、独学で自分で自分に何かを施すというのは
不可能です。そもそも、こう言ってはなんですがうつ病のときは
物事を正面から正しく捉える力が落ちてしまっているため、
自分で自分のことを把握しようとするのは非常に困難です。
そのため、カウンセラーの力と専門知識はどうしても必要です。

また、自分で自分のつらい気持ちや過去の嫌なことなどを振り返る
こともある心理療法は、うつ病の段階によっては症状を悪化させる恐れが
非常に高いため、医師もカウンセラーもカウンセリングを受けることを
止めるか、診断書を提出させたうえでカウンセラーがそれを見て断る
こともあります。薬で脳内の神経伝達物質の流れを整え、
物事を捉える力を強めていくことが先決で、それができるようになって
カウンセリングや心理療法が受けられるようになります。

従って、薬について主治医にまず相談するのが先です。
それでもどうしても心理療法を受けたいなら、それも主治医に相談し、
心理療法を受けられるコンディションかどうか判断をいただいたほうが
ベストです。上記のとおり、カウンセラー側が診断書無き者、あるいは
診断書があっても状況によっては断ります。

なお、心理療法は生活歴(生い立ち)や家族環境、その人の過去の体験や
物の考え方などをじっくり探っていきますので、相談に来た方が
その効果のようなものを実感できるようになるには、かなり時間が
かかります。療法を受けるペースにもよりますが、少なくとも
1~2ヶ月という期間で効果のようなものはまだ感じられません。
少なくとも3ヶ月~1年間は様子見ですね。人によっては、自分のことを
話し過ぎたという感覚が一時的にですが発生し、心身ともに疲れを感じる
こともあるので、それを考えてもすぐに良くなった手応えを得るのは
そう簡単でもないです。そうなると、やはり薬で脳内物質の流れを
整えるほうが楽になる手応えを感じられやすいですが、うつ病の初期は
投薬治療開始後3ヶ月ほどは少しずつ回復へのカーブが出てくるはずです。
ただし、医師の処方した薬を必ず守ることと、早く治したいと焦り
過ぎてはいけないことが前提です。
お大事になさってくださいね。

投稿日時 - 2009-08-12 23:50:46

お礼

maremare様。たいへん申し訳ございません。補足に詳しく状況を書き込もうとしましたが、うつで思考力が落ちているので負担を感じます。ご容赦ください。本当に丁寧に答えて下さって誠にありがとうございます。

投稿日時 - 2009-08-14 10:31:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

抗うつ薬にもいろいろと種類があります。(最近だと多分SSRIかSNRIでしょう)
これらの作用は、平たく言うと楽しさを感じやすくするものですので、本人がそもそも楽しいと感じることをしないと効果がありません。ネガティブ思考をし続けたり、焦燥感や苦痛ばかりを絶えることなくしつづけると薬をいくら飲んでも回復は期待できません。

では、焦燥感や苦痛を感じないためにはどうするか?
という観点で本人の価値観を変える心理療法があるわけです。
自分の思考の特性を客観的に分析し、ネガティブに考えやすい部分を修正していきます。

と書いたらどちらが効果があったかが分るんじゃないでしょうか?
勿論併用すると高い効果が得られます。

積極的に楽しいことをやる、と言われて敷居が高いと感じたら、
いかに苦しくない状態を確保するかという考え方で病気を攻めてみるといいと思いますよ。

投稿日時 - 2009-08-12 17:49:27

お礼

psfa_mig様。補足に詳しい状況を書き込もうとしたのですが、うつのため、負担を感じます。ご容赦ください。本当に親切にご回答くださってありがとうございます。

投稿日時 - 2009-08-14 10:35:16

あなたにオススメの質問