こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウイルス対策ソフト

私はパソコンを購入するつもりですが、
ウイルス対策ソフトが無いままインターネットに接続すると、
すぐに感染してしまうということを知りました。
なので予算に10000\足してウイルス対策ソフトも購入しようと思います。
購入するソフトは、ノートン360 ver 3.0を購入しようと考えています。
このソフトだけで、大丈夫でしょうか?
他にもソフトがいるのではないかと思いまして・・・

投稿日時 - 2009-08-03 18:14:47

QNo.5178950

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ドライブバイダウンロードとは
http://www2.olisys55.com/zi10/drive_by_download.html

最近主流となっているドライブバイダウンロード型の感染は、ウイルス対策ソフトを導入するだけで防ぎ切れるものではありません。

脆弱性を悪用するコードにセキュリティソフトは無力? Secuniaが検証
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0810/14/news033.html

SecuniaのCTO、エクスプロイト検出率比較調査の真意を説明
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/10/17/21212.html

完全にパッチされているWindows PCは2%未満 -- Secuniaが発表
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07zeroday/story/0,3800083088,20384837,00.htm

Windows Updateとウイルス対策ソフトの導入は以前から最低限の感染対策として説かれて来ましたが、現状では既にそれだけだと不十分なんです。

次のような点に注意すべきだと考えます。対処出来ていない点がないかどうかをチェックしてみてください。(意味が分からない用語は、e-Wordsで調べるなどして理解に努めてください。)
http://e-words.jp/

1)各種アプリケーションソフトのセキュリティ更新を怠らない。

Windows Updateの必要性はこれまでも叫ばれて来ましたが、悪用されるセキュリティ上の問題点=脆弱性は、WindowsOS上のものから各アプリケーションソフトのものへと主流が移り変わりつつあります。つまり、これからのネットセキュリティにおいては、OSだけでなく、その上で実行される各種アプリケーションソフトを必要に応じて最新のものに更新することも怠ってはいけません。例えば、

・Firefox、Operaなどのブラウザ。
・Sun Java 仮想マシン(JRE)。
・Flash PlayerやShockwave Playerなどのプラグイン。
・Real Player、QuickTimeなどのメディアプレイヤー。
・Adobe Readerや圧縮解凍ソフトなど、それ以外のアプリケーションソフト。

最新の感染では、そうしたアプリケーションソフトの脆弱性が利用されることが殆どです。一般サイトが何らかの理由で改変された結果、そうした脆弱性を利用した仕掛けの施された悪意のあるサイトにこっそり転送されて感染が試みられます。

http://internet.watch.impress.co.jp/
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/security/

こうしたサイトを出来れば毎日チェックし、速やかな対処を行えば防ぐことの出来る感染も多いのです。

2)標準設定のInternet Explorerはセキュリティ上危険な面が多いことを認識すること。

IEで扱うことの出来るJavaScriptはJScriptといい、Windowsを直接操作出来るように拡張されており、各種感染に悪用されることがあります。勝手の知らないサイトではIEのセキュリティレベルをあらかじめ上げておく必要があると考えられます。

でも、セキュリティレベルをTPOに合わせて切り替えて使うことはユーザーにとってかなり負担になります。IEに依存しないFirefoxやOperaのようなブラウザを普段遣いにすることで、各種感染のリスクを大幅に下げることが可能です。

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
http://jp.opera.com/

もちろん、各ブラウザにおいても随時セキュリティ上の問題点が見つかることがあり、その場合には危険が生じます。でも必要な情報を入手した上で随時最新のものを使うように心掛ければ、IEほどには感染のリスクは高くありません。

XPまでのWindowsで、もしどうしてもIEをあらゆる局面で常用したいというのであれば、次のURLで紹介されているReducedPermissionsやRUNASAのようなソフトの利用を検討してください。

http://www.oshiete-kun.net/archives/2006/05/iereducedpermissions.html
http://www.oshiete-kun.net/archives/2007/04/vistauacxprunasa.html

制限つきユーザー上でIEを利用することが出来れば、JavaScriptやActiveXの実行に関してサイト閲覧上の効果を損なわずに利用が可能になる一方、システムに重大な変更をもたらすような危険な動作は抑制されます。ただし、ActiveXのインストールが必要な場合など、必要に応じて管理者権限での起動を使い分ける必要はあります。また、権限の昇格を伴う脆弱性がIEやプラグインソフトなどに存在している場合には、ReducedPermissionsやRUNASAを使っていても安全とは言えないケースも出て来ます。くれぐれも過信しないようにしてください。

ReducedPermissionsの入手は、次の各URLから行うことが出来ます。
http://download.cnet.com/Reduced-Permissions/3000-2239_4-10572884.html
http://www.softpedia.com/get/System/System-Miscellaneous/Reduced-Permissions.shtml

なお、Windows Vista以降のIEでは、保護モードにおいて感染を防ぐための配慮が行われていますので、標準設定のままでもXP以前のものよりかなり安全です。無理に他のブラウザを常用する必要はないかも知れません。ただし、Flash Playerなど他のアプリケーションソフトや、WindowsOSのセキュリティ上の問題点=脆弱性の影響には十分注意しなくてはいけません。その辺は1)で説明した通りです。

3)ファイアウォールを有効にする。

出来ることなら、ファイアウォール機能の付いたブロードバンドルーターを介してネットに接続することが望ましいです。それが出来ない場合には、パーソナルファイアウォール機能を含むウイルス対策ソフトを利用しましょう。

最低でもWindowsファイアウォールを有効にしておけばそれなりの効果は期待出来ますが、例えば各種共有機能が有効になっているとそれ関係のポートが開かれたままの状態になり、ネットワークウイルス感染や不正侵入を防げない可能性もあります。より確実に不正な通信をブロックするためには、やはりブロードバンドルーターかパーソナルファイアウォールを別途導入するのが望ましいです。

4)怪しいリンクをクリックしたり、怪しいファイルをダウンロードしたりしない。

興味深いネタへのリンクと称して怪しいリンクを踏ませたり、動画再生に必要なコーデックなどと偽って怪しいファイルをダウンロード、実行させようとする手口は後を絶ちません。十分な注意が必要です。

このような騙しに遭わないためにも、先述したようなニュースサイトで最新の情報を常時チェックされるのが望ましいです。

5)オートラン設定を無効化しておきましょう。

最近いわゆる『USBメモリを介する感染』というのが増えていますが、感染が広がる要因の一つと言われているのがUSBメモリ内プログラムの自動実行などに使われるオートラン機能です。

実はこのオートラン機能、標準設定ではハードディスクなどあらゆるメディア上で有効になっているために、これを悪用した感染が簡単にPC全体に波及することになりがちです。

Windows の自動実行機能を無効にする方法
http://support.microsoft.com/kb/967715/ja

上記URLにて『自動実行機能を無効にするための必要条件』とされている更新プログラムをダウンロード、インストール後に、次のURLにてWindowsの各バージョン毎に紹介されている方法に従って、自動実行機能を無効化してください。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2009/05outline.html

>このソフトだけで、大丈夫でしょうか?
>他にもソフトがいるのではないかと思いまして・・・

ソフトだけいっぱい入れればそれで安全、とは言えないと思います。
ですが、上記のような点に十分注意した上であれば、どのような対策ソフトを利用してもかなりの安全性は保たれると思われます。

ちなみにノートン360ですが…当方がウェブ検索した感じ、『重い』『最悪』などと評されたブログ記事やクチコミ情報は殆どが2007年辺りに集中している一方で、2009年度に取り上げられたブログ記事ではほぼ全てのユーザーが重さを感じない、軽快だとレビューしているようです。

個人的には1番さん同様、システム関係の機能を省いたよりシンプルなものの方が不安要素は少ないような気がするのですが…世間の声を聞く限りは現行の360はそれ程捨てたもんじゃないようです。

いずれにしても、対策ソフトに大枚はたいてそれだけで安心することはないようにしてください。

投稿日時 - 2009-08-03 22:31:20

お礼

回答有難うございます。
よくわかりました。

投稿日時 - 2009-08-04 10:20:35

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

価格コムのNorton Internet Security 2009 のクチコミ掲示板
  http://bbs.kakaku.com/bbs/03508323911/#9945863
マイクロソフトの無料化の影響が価格コムにも現れていますね。

さて、質問者さんがNortonにしたいのですから、Nortonにすればいいと思いますよ。確かに、アンインストール後の置き土産は有名ですけど、完全削除のコツはググれば分かります。アンインストールしなければ、杞憂です。わたしなら、NISにAcronis True Image、暗号化、フォルダー保護を加えますが、面倒なら360一本でしょうか。また、360購入後に弱点がはっきりした段階で、フリーソフトを追加すれば強固なセキュリティーが作れます。
ネット上にはいろいろな風評が渦巻いていますが、自分で納得できる製品を選ばないと、不具合が出たときに風評を真に受けたことを後悔しますよ。
もちろん、カスペでもいいです。ご自由に。

投稿日時 - 2009-08-04 09:00:39

お礼

回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 09:53:35

ANo.11

カスペ2009を強く、強く、お勧めします。ここでもその事を判っている人がたくさんいます。そのアドバイスをよく読んでください。
動作が重い、操作がわかりづらい、価格が高い、など、色々変な先入観がある様ですが、そんなことは絶対にありません。
動作は重い、と思うのは初期段階だけです。使っていれば軽くなります。日本語の説明文が読めるならわからない事はそんなに無いでしょう。価格が高いといっても他のソフトからの乗り換えなら5000円程度だと思いました。それに、サポートはとても親切です。
性能はPC・Japanのテストで証明されています。
リアル社会で、私は何人もの人にカスペをお勧めしてきましたが、優秀な対策ソフトが欲しいといいながら、価格の問題と風評に流されて、某無償ソフトを使ってトラブルになって泣きついてくる人が多いのですが、アドバイスを頼みながら、その内容を信用しなかった本人自身が悪いのだと思っています。
私はカスペにする前はノートンを使っていましたが、アンインストールしても置き土産を残しているのが嫌でした。もしノートンがお好きなのでしたら360ではなくてNISにした方がパソコンの中身を変にいじられないでしょう。

投稿日時 - 2009-08-04 07:31:24

お礼

360→NIS ですか。
回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 09:51:51

ANo.10

#6です。

ここの回答者も含めてアドバイス致しますが、アンチウイルスの検出性能というのはオンデマンドだけで計れるかというと最近ではそうでもないです。

なぜなら、最近の製品ではパターンで捕捉できなくてもプロアクティブ系の機能でブロックできる場合も結構あるからです。

他のセキュ板でも検出性能=オンデマンドスキャンの結果と思われてる頭の古い人も非常に多く見受けられますが時代は進んでいます。各ベンダとも手をこまねいて見ているわけではないのです。

私は最近良く聞かれるようになったクラウド対応製品も大いに評価していますが、それと共にBehavior BlockerやHIPSなども有益と考えています。

私はクラッカーが最近好んで用いるAVスキャン回避やバイパスFW、Killer(機能妨害や停止)など対策ソフトにとっては厳しいテストもやっていますが、こういったことも含めて考えた場合カスペルスキーがアドバンテージを持ってるかなという印象を受けます。

投稿日時 - 2009-08-04 02:58:37

お礼

回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 10:00:25

ANo.9

http://www.symantec.com/ja/jp/norton/products/charts/comparison.jsp?pcid=mp
基本的に360で構わないと思います。

個人的には360のバックアップやPCチューンナップ機能は
「余計なお世話機能」だと思ってるので、それらを省いて安価な
インターネットセキュリティの方で十分だと思っとりますが。

PCJapanで褒められたカスペル大人気ですが、
http://antivirus-news.net/000/
ファイアーウォールで優れる代わりにウィルス検出では
ここしばらく落ち込む傾向が続いてるので、一長一短です。

まぁ97%超えは十分高い数値なので、いつ変動するかも分からん
こんなの気にしてたら製品決められなくなるかもしらんですが。

投稿日時 - 2009-08-04 02:02:50

お礼

そうですか・・・
回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 09:57:54

ANo.8

こんにちは。

俺はAVもFWも重視するからKIS2010にした
両方レベル高い既製総合品だとこれしかないし
悪くはないよスキャンもかなり速い
ただ、ちょっと重いかな

投稿日時 - 2009-08-04 00:39:23

お礼

回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 09:56:31

ANo.7

試用品を色々試してみた印象などから各社の製品についてアドバイスします。

1.ウイルスバスター
 可もなく不可もないソフトです。初心者に勧める人の多いソフトです。
(派手に宣伝しまくっています。)
2.ノートン
 有名で勧める人の多いソフトですが、個人的には勧めれません。試用品を試していたのですが、ウイルスに感染してしまいました。有名な米系大手企業(シマンテック社)のソフトですが、同社は知名度の割にそれほど技術的には高くないのでは。という記事を目にしたことがあり、同感です。あまり良心的な会社でもないようです。ウイルスバスター同様、派手に宣伝しまくっています。
3.ESET Smart Security
 とにかく軽く、いいソフトだと思います。通常のウイルスや攻撃なら防いでくれますし、安価でCANONのサポートということで安心できるソフトです。評判もなかなか良いようです。
4.カスペルスキー2009
 現状においては最高の防御力を誇るソフトです。
 ただ、多少高価で上級者向きです。(といっても世間言われている程操作が難しい訳ではなく、サポートのジャストシステム社の対応は他社に比べて良心的で親切です。)お金は多少出してもいいから、しっかりしたものが欲しい人向きです。
 製造元はロシアの会社で、日本の初心者の方ならビビるかもしれませんが、ジャストシステム社(日本の会社で一太郎なんかを作っている。)のサポートということで安心してよいかと思います。(上級者の方や業界筋では信頼されている会社です。日本のgoo(NTT)のほかイタリア外務省、フランス文部省といった欧米諸国の中央省庁で採用実績があります。(同社ホームページによる。)
5.マカフィー
 世界で一番普及しているセキュリティソフトですが反応が遅く、性能はいまいちです。(ただ、ノートンで感染したウイルスを完全スキャンで見つけてくれたので、割と信用できるかとは思います。使ってみて、堅実な感じがします。)
6.ウイルスセキュリティーZERO
 値段的には激安ですが、内容は最低です。
7.マイクロソフトの無料ソフト
 おそらくもうすぐ公開されるソフトですが、性能は未知数です。ただ、日本では公開されないという話も聞いたことがあります。
8.G-DATA
 ドイツ製のソフトで上級者の方の間で人気が高まっているソフトですがとても重いです。PCのスペックがかなり高くないと、使っていてストレスが溜まります。

 質問者様の状況を考えると、個人的にはカスペルスキーが良いと思います。(特に1万円以上の予算があれば、最もしっかりしたカスペルキーが買えますし、他の方の言っている高性能に加えてジャストシステム社のサポートが他社に比べて充実していて良心的なところが魅力です。)
 質問者様のノートンのソフトはよく勧められるソフトですが、どうも色々動いているように見せているだけではないかという気がしてなりません。それに製造元の米系大手企業(シマンテック社)はカード情報を登録しておくと、更新日を過ぎる前に手続きをしておかないと問答無用に更新して解約等を一切受け付けないという話もあり、勧められません。(下記URL参照)。すくなくとも、カスペルスキーの販売元ジャストシステム社の方が良心的です。
 カスペルスキーは初心者には操作方法が難しいという意見がありますが、それは相性によると思います。要は更新処理を行うことと、10日に1回ほど完全スキャンを欠かさずにすれば良いだけの事で、知人は別に難しくないと言っていました。(初心者でも充分使いこなしている人もいます。カタカナ語は最初のうちは無視しておけばよいでしょう。)むしろ、販売元のジャストシステム社のサポートが他社に比べて良心的で充実している点に好感を持っています。
ただ、どのソフトを選ぶにしろ、試用品で相性などを確かめてから購入したほうが良いと思います。
 

参考URL:http://newgriffon.blog71.fc2.com/blog-entry-263.html

投稿日時 - 2009-08-04 00:24:15

お礼

こんなに沢山の対策ソフトを紹介してくださって、
有難うございます。

投稿日時 - 2009-08-04 10:04:24

ANo.6

マルウェアを集めてテストなどをしている者です。総合対策ソフトを中心にテストしています。

私のこれまでの経験から言わせていただくならば、Kaspersky Internet Securityが一押しです。

ここ最近では対策ソフトの回避技術や機能妨害もかなり行われるようになってきました。私の経験から言うと、ノートンはわりと回避が効きやすい印象があります。

参考までに私がクラッカーコミュニティーから仕入れてきたKiller系マルウェア作成ツールをご紹介します。ここで回答されてる方々もよーくご覧下さい。

投稿日時 - 2009-08-03 23:57:21

お礼

回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-04 09:59:23

ANo.4

こんにちは。

市販総合対策ソフトであればKaspersky Internet Security 2009がベストだと思います。PC Japanのテストでも主要11製品中トップでした。総合力では信頼性高いと思います。

投稿日時 - 2009-08-03 21:06:56

お礼

Kaspersky Internet Security 2009ですか。
回答有難うございます。

投稿日時 - 2009-08-04 10:21:25

ANo.3

こんにちは。

今のMalware作者やクラッカーは対策ソフトの導入を織り込み済みです。対策ソフトの防御をかいくぐる技術がものすごく進化してきてます。難読化によるスキャン回避やFWB(Firewall Bypass)、Rootkit、脆弱性を利用したドライブ・バイ・ダウンロードなど非常に厄介な時代になっています。

このような現状を踏まえるなら、NISではなくKaspersky Internet Secirity 2009をお薦めします。

NISの初期設定だとすり抜けがやや効き易い傾向があります。

投稿日時 - 2009-08-03 21:00:36

お礼

Kaspersky Internet Secirity 2009は何度か薦められました。
回答有難うございます。

投稿日時 - 2009-08-04 10:24:10

ANo.2

こんにちは。

ボクは世界屈指の高性能を誇るKaspersky Internet Securityをお薦めします。高度な対策を求めるユーザー向きです。Malware作成者やクラッカーはカスペルキーを非常に煙たがります。

まずは体験版を利用して下さい。

投稿日時 - 2009-08-03 20:57:55

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2009-08-04 10:22:28

ノートン360は総合セキュリティソフトで、バックアップ機能も付いていますから、これだけでよいと思います。
ただ、このメンテナンス機能がくせ者で、私自身は昔のバージョンのシステムワークスを使っていたとき「ノートン先生は迷医」という言葉もあるように、相性によってはおかしくなることもありますから、とりあえずは体験版を試して、間違いないと思ったら買うべきでしょう。
メーカー製のパソコンには何かしら期間限定版が入っているので、これを使うのも一手です。
私はウィルス対策にセキュリティソフト、その上で万一のシステムクラッシュや誤作動に備え、バックアップソフトを用意するとよいと思います。
ノートンですとGhostがありますけど、このバックアップソフトは各社からいろいろ出ています。

投稿日時 - 2009-08-03 18:23:05

お礼

>メンテナンス機能がくせ者
ム.....

このソフトだけで大丈夫ですか。
回答有難うございました。

投稿日時 - 2009-08-03 18:32:47

あなたにオススメの質問