こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「頂く」 と 「下さる」

こんにちは。

「貰う」の謙譲語「頂く」と
「くれる」の敬語「下さる」の使い分けがわからない時があります。

仕事で、取引先からFAXが送られてきた時、
「この度は、FAXをお送り頂き、誠にありがとうございます」なのか?
「この度は、FAXをお送り下さり、誠にありがとうございます」なのか?

「送って「もらった」・・・送ってもらって、頂戴した。」のか?
「送って「くれた」・・・送ってくれたから、受け取れた。」のか?
その違いなのか?

こちらが催促して送って貰ったケースと、
突然先方から送られて来たケースとで
言い方が違うのか?

敬語、謙譲語・・・この場合は・・・と、頭がこんがらがっています。

目上の方から物を頂戴した時は、
「○○を頂きまして・・・」なのだと解釈しているのですが、
「何でもかんでも頂きますばかりではない様な・・・」と、
上の様なお礼を書く時いつも悩みます。


また、
先日、目上の知人から突然転居案内が送られてきました。
礼状を書こうと思うのですが、
この場合も、
「この度は、お知らせを頂きまして、ありがとうございます」なのか?
「この度は、お知らせをお送り下さいまして、ありがとうございます」なのか?
悩んでいます。

文法を細かく見ていくと間違いが一目瞭然なのだと思いますが、
「頂く」と「下さる」の正しい使い方がよくわかりません。

正しい使い方がわかる方がいらっしゃいましたら、
ご教授お願い致します。

投稿日時 - 2009-07-30 09:39:21

QNo.5167250

8s8

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

このサイトがドンピシャです。
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c26.html

あなたはこんがらがっているようですが、
>こちらが催促して送って貰ったケースと、突然先方から送られて来たケースとで言い方が違うのか?
・この理解で間違いはありません。要するに、行為の主体により使い分けるのです。

>目上の方から物を頂戴した時は、「○○を【頂き】まして・・・」なのだと解釈しているのですが、「何でもかんでも【頂き】ますばかりではない様な・・・」と、上の様なお礼を書く時いつも悩みます。
・目上からだから「【頂き】まして」ではなく、相手からの一方的なものであれば「○○を【下さい】まして…」、こちらからの要求に対するものであれば「○○を【頂き】まして…」です。

>「この度は、お知らせを【頂き】まして、ありがとうございます」
>「この度は、お知らせをお送り【ください】まして、ありがとうございます」

「突然送られてきた」のですから、行為主体は先方ですので、この前提の下では後者が正解です。

蛇足ですが、公用文においては、「○○【を】イタダク」のように、「もらう」の謙譲語として用いる場合は「○○を頂く」と漢字で書き、「○○【して】イタダク」のように依頼を表す場合は「○○をしていただく」と平仮名で書くのがルールとなっています。

同様に、「○○【を】クダサイ」のように、「くれる」の尊敬語として用いる場合は「○○を下さい」と漢字で書き、「○○【して】クダサイ」のように尊敬、感謝を表す場合は「○○してください」と平仮名で書くのがルールとなっています。

投稿日時 - 2009-07-30 12:06:29

ANo.2

どちらも意味は同じですが、「いただく」のほうが自分は恩恵を受けているニュアンスが加わります。

http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

投稿日時 - 2009-07-30 11:20:08

ANo.1

くださる:相手の意思、善意によってもらう場合
頂く:状況的に相手が催促されて動いている場合

投稿日時 - 2009-07-30 09:51:15

お礼

ありがとうございます。
状況の違いなのですね。

投稿日時 - 2009-07-30 09:54:46

あなたにオススメの質問