こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

左肩が上がる癖

本日ラウンドして参りました。
以前よりティーショットでは真っ直ぐ吹き上がって出て、勢いが止まるとスライスしながら落ちる打球でいまいち弱弱しく、フェアウェィ・ラフにかかわらずアイアンのショットでもこれまた弱弱しく上がり大きくショートする事が多く悩んでおりました。おそらくこれはダウンスイングの際に左肩がヒョイっと持ち上げてしまう癖(右肩が落ちる為ダフリを制御するためか、もしくはインパクト時の左側の壁を作る事に意識しすぎなためか)のせいではとかなりその辺を意識して幾分良かった気がしますが、まだ同様の症状が出てしまいます(おそらくまだ無意識に左肩が上がっている気がします)。もっと水平に肩を回すイメージを持った方が良いのでしょうか?もしくはインパクトに向かう際にもっと右肩を入れるイメージを持った方が良いのでしょうか?(左肩が上がると右肩の入りが止まる気がする)いずれも引っ掛け・ダフリを誘発してしまう気がします。良い強制法があったら教えて下さい。
因みに私のアベレージは95、H/SMAX47、ミート率は1.3~1.4、ゴルフショップでの計測でドライバー飛距離240ヤード、スピン量は適量で高い弾道からフェードして落ちます(練習場でもそうだが球速の割りに失速が早い気がする。本当は低弾道のドローで効率よく飛ばしたい。)。スイングはドッジボールを両手で放り投げるイメージを何となく体得してからテイクバックしやすくなり、また切り替えし以降、つま先にグリップエンドを持ってくるイメージで目標方向に対しシャフトを平行にする様心がけてからは方向性が安定し、きれいなフォームだと店員さんに褒められました。しかし本番では、そのイメージでうまく打てずフィニッシュが安定しませんでした。アイアンショットも「今日こそはボールの前のターフを取るぞ」と意気込みましたがダメでした。
もっとうまくなりたいので色々教えて下さい。

投稿日時 - 2009-07-29 23:50:14

QNo.5166635

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>よく腰を切ると表現されますが、左腰を後ろ(左)に回すのと
>右腰を前(右)に送るのとどちらがイメージとして合っていますか?

ダウンで、アマチュアは、右サイドが回らない人が多いようですので、
mynkmr0225さんは、右腰を”右”という感覚がお分かりのよう
ですので、右腰を”右”へというイメージがよろしいかと思います。
右腰を”右”へという、感覚が分かる人は、少ないですよね。

”前”というよりは、”右”というイメージの方が、
右サイドが大きく回ると思います。

投稿日時 - 2009-08-03 14:40:17

お礼

「右腰を右へ」
少し意識を変えてトライしたら、出ました!かなり理想な球筋!
まだフィニッシュの姿勢が安定しないのでそこに今後取り組んでいきます
ありがとうございましたm(__)m

投稿日時 - 2009-08-12 12:53:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.11

もうひとつだけアドバイスしておきましょう。
ビハインド・ザ・ボールはヘッドアップが禁物ですから、インパクトでも頭をしっかり残すようにしましょう。
これで無駄な肩の開きも抑えられると思います。肩の開きが早過ぎたらアイアンなどではシャンクが出やすくなります。

投稿日時 - 2009-08-01 23:31:02

お礼

ありがとうございます

ボールを最後まで見る意識を持ちたいと思います

投稿日時 - 2009-08-12 12:49:37

ANo.10

結構レッスン書等を読まれていると思います。

ですが、下半身主動、腰先行のスイングになっていないと思います。
腰先行のスイングなら、右肩を入れるイメージどころか、
右肩は置いておく感じです。

お客のスイングを貶す店員は、いません。
それと、きれいなフォームだけでは、駄目です。
そこに力強さが加わらないといけません。
力強さだからといって、手・腕に力をいれてはいけません。
一言でいえば、腰の回転スピードです。

投稿日時 - 2009-08-01 13:06:12

お礼

よく腰を切ると表現されますが、左腰を後ろ(左)に回すのと右腰を前(右)に送るのとどちらがイメージとして合っていますか?

投稿日時 - 2009-08-03 12:52:21

ANo.9

以下の質問に応えて2回目の回答をさせてもらいます。
>もう一度質問させてください。ドローヒッターがミスショットで見せる右へ低く飛んでから力強く左に戻りながら落ちる打球はどういう状態だと出るのですか?

フック系スイングとは、インサイドアウトの軌道を描くスイングだということです。フェイスが少し開いてインパクトすると右にプッシュしますが、スクエアに戻れば右に出て左に戻ってくるボールが打てます。

インサイドアウトに振るための構えについてアドバイスします。
一般的にはドローを打つためにクローズスタンスにするというアドバイスがよくありますが、引っ掛けやすいのでスタンスは平行にして置くべきだと私は思います。
私の経験的なアドバイスとしては、右ひじが左肘より内側(自分の身体よりで右脇腹にくっ付ける)にセットする形にすることです。ですから肘をクローズにセットすると考えるといいかと思います。そうすることで自然にインサイドアウトに振れるようになります。

どうぞ試してください。

投稿日時 - 2009-07-31 20:08:09

お礼

参考になりました。ありがとうございます。
力強いドローボールは私の夢です。

投稿日時 - 2009-08-03 12:47:06

ANo.8

>横振り
アドバイスは左肩上がりの修正方法を示したもので
横振りに変更することではありませんので誤解のないよう....

私のスイングも180cmの身長ですのでアップライトです
ただ、アドレスのクラブヘッドの水平性を保ちながらスイングする
ことを常に目指していますので、この試行の途中でお勧めできる
情報を会得しました
(この目的から、腕とグリップのなす角度をアドレス、テークバック、
トップ、ダウンスイング、インパクト、フィニッシュを通して
変えないことで目標に近づきつつあります:アメリカのツアープロ
のフォームからヒントを得ました)

多分続けられるうちに理解出来る様になると思いますが
インパクト時の左グリップの位置でショットが格段に変わります
ヘッドの走りも変化します

追記まで

投稿日時 - 2009-07-31 18:57:19

お礼

腕とグリップの角度を一定にですね 早速実践してみます
色々考えて素振りしてみて気付いたことですが、右手主導のスイングをすると左肩が上がらない事に気付きました。気持ちよくフォロースルーできいい感じです。また、体の使い方をよく野球のピッチャーで例えますが、その意味が分かった気がします。まだボールを打っていないのでわかりませんが、私の場合左手に力が入り過ぎていたのかもしれません。

投稿日時 - 2009-08-03 12:44:49

そうですねバックスイングはインサイドに引きます。
私もそうですが、貴方も右回り、つまりバックスイング方向の右膝関節や右股関節が硬いのかもしれない。左回りはそうでもないですが。
まあ少しクローズドスタンスを取るのが良いかも知れません。
極端に言えば、分度器を半分にしたような引き方をイメージ。
極端に言えば、スイングはリリースポイントも含めて、その分度器の右半分でカタをつける。
アイアンも同じです。アイアンにもリリースポイントはあります。ウッドよりは幾分遅く、番手によっても多少の差異はあるでしょう。
併せてビハインド・ザ・ボール。

往々にして誤解されがちなのが、ダウンブロー。左足体重云々。初歩的段階ではそれを否定するものではありませんが、やはり腕の使い方にキモありそうですね。特に左ヒジの使い方やありかた。
秘密にしている事をちょっとしゃべり過ぎたので、ここら辺で逃げますわ。(笑)。まあ参考程度に。

投稿日時 - 2009-07-31 14:56:51

お礼

企業秘密をお聞かせ戴き感謝しますm(__)m
左肘の使い方、あり方
スイングは腕を振るもの
少し閃いた気がします(よくあることですが(^^;))
うまくいったらこね場でまた報告致します
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-07-31 21:12:31

ANo.6

>H/SMAX47
>スイングはドッジボールを両手で放り投げるイメージを何となく体得してからテイクバックしやすくなり

放り投げるイメージは決して悪くはないと思う(実際自分のスイングイメージもあなたのイメージに近いんです)のですが、この症状が出る事があるようにも思います。放り投げるイメージで行くと、うまくいっている時は体重移動はスムーズなんだろうと思います。しかし、ゴルフはターゲットスポーツです。どうしても方向性は本番では意識に入ります。そうすると、「ヘッドビハインドザボール」「軸の固定」等の言葉が無意識に体を動かすこともあると思いますよ。(言葉を中途半端に鵜呑みにしたりするとよくなりますよ)ヘッドビハインドザボールと言いますが、過剰になると左サイドの伸びを誘発します。

本当は「水平回転を意識しなさい」と言いたいのですが、これもあなたのようなタイプだと努力しているうちにオーバードゥーとなり、次にプッシュアウトやテンプラが良く出る症状(頭が飛球線方向に前ズレする症状)になるようにも思います。
まずは、今まで習得したスイングのあなたなりの基準を捨てずに、スイングバランスというものを意識してみてください。スイング中におっとっととならないようなバランスの意味もあるのですが、オーバードゥーをどう防ぐかのスイングバランスの意味を考える事の方があなたには重要な気がします。始めは意識するでしょうからうまくはいかないと思います。しかし慣れてくればバランスを取る事が無意識の動作になって行きますから、そうなるまでの練習量が必要だとも思います。

>「今日こそはボールの前のターフを取るぞ」
>(左肩が上がると右肩の入りが止まる気がする)
あまりこう言った事は考えない方がいいと思いますよ。あなたが真面目に取り組むタイプのようにお見受けするだけに、余計ですね。

投稿日時 - 2009-07-30 19:52:01

お礼

>まずは、今まで習得したスイングのあなたなりの基準を捨てずに、スイングバランスというものを意識してみてください。スイング中におっとっととならないようなバランスの意味もあるのですが、オーバードゥーをどう防ぐかのスイングバランスの意味を考える事の方があなたには重要な気がします。始めは意識するでしょうからうまくはいかないと思います。しかし慣れてくればバランスを取る事が無意識の動作になって行きますから、そうなるまでの練習量が必要だとも思います。

心に沁みました(泣)
今のスイングをベースに少しずつ捻りを加えていくよう取り組んでみます。有難うございました。

投稿日時 - 2009-07-31 18:04:54

私も似たような悩みを経験しました。 特にアイアンでそれが顕著でした。 そのため、フェアウェイからのショットに限らず、フェアウェイ・バンカーからのショットになると絶望的でした。

右肩が下がる (左肩が突き上がる) ため、大きくダフるか、それを嫌がって薄くインパクトを迎えようとするとトップして、結局はバンカーの顎に当たって更に悪いライに ・・・

私も原因は分かったのですが、対策に悩みました。 その結果、左膝の角度に注目しました。 アドレスの時にできた膝の角度を最後までキープする事です。

以前は私も左の壁を意識し過ぎたため、インパクトの時に左膝が伸びていたようです。 そのため左肩が上方に突き上がる、おまけに腰は回らない、ダウンブローに打たなければいけないアイアンショットが全て 「掬い上げる」 ような軌道になっている、その結果、大きくダフるか、当たってもスライス気味の弱い球 ・・・ こんな事が分かりました。

ティアップしたドライバー・ショットなら、ある程度は誤魔化しがきくのですが、アイアンの場合は致命的です。

一度、インパクトの時の左膝の角度を意識してスイングしてみて下さい。 これで直るのなら儲けものです。

投稿日時 - 2009-07-30 15:29:08

お礼

>インパクトの時の左膝の角度を意識してスイングしてみて下さい

試してみましたが、うまくいきません(泣)
私の場合、左への引っ掛けを制御する為の無意識的な行為のようです。
もともとスライサーなので、克服するために一時期ファイスをシャットにあげて打つようにしていたのですが、そのまま打てば酷いフックとなるためその制御で生まれた癖なのかもしれません。現在のスイングは真っ直ぐ引いて降ろすだけのスイングに近い為、これまたフラットに肩を回すようなスイングをするとアウトから出てきて左に引っかかります。
距離は出ませんが、アイアンの方向性は悪くないので、少しづつ捻りを加えていく練習をしていきたいと思います。ありがとうございました。

PS 失礼ですが、貴方は克服できたのですか?

投稿日時 - 2009-07-31 17:58:32

ANo.4

左肩が上がる。
と、いうことですが、あなたのスイングを見ていないので、絶対とは言い切れません。

わたしは、どちらかというと、スイング論は信じません。
それを、踏まえて読んでください。

左肩が上がる。クセがあるわけですよね?
当然、
「左肩を上がらないように注意しよう。」
「右手の力が強すぎて、左肩が持ち上がってしまうのかな?」
「フォローを長く低く持っていかないからかな?」
…etc

と、考えていると思います。
でも?直らないですよネ?

肩の脇に鎖骨(さこつ)がありますよね?
この鎖骨の所についている筋肉を、「鎖骨下筋」と、いう筋肉があります。
内部にありますので、手で直接に触ることはできません。
上部には、大胸筋がありますから。

鎖骨の回りについている筋肉ではなく、読んで字の如く、鎖骨の『下側だけ』についている筋肉です。
鎖骨の上についている筋肉なら、抑えを効かせられるので、いいんですが、『下についている筋肉』だということを再度、確認してください。

http://www.i-l-fitness-jp.com/aboutbody/muscle/img-d/MB2-T15-011.jpg
(この写真は、拾ってきたものを直リンクしたもので、実際の筋肉の長さは、もう、少し、長いです。)

この筋肉が、持ち上がってしまうと、自動的に左肩は上がってしまうんですヨ。
右は全く気にしなくていいです。右効きの場合は、この筋肉は弱っていませんから。
弱いのは、左の筋肉です。

あなたは?言っていますよね?

「スイングはドッジボールを両手で放り投げるイメージを何となく体得してからテイクバックしやすくなり」

そうです。ドッジボールで投げると、『左サイドの』鎖骨下筋は、持ち上がってしまうということです。
鎖骨の下の筋肉を押さえながら、最初は小さなスイングのアプローチをしてみてください。
スイングと分析結果をはっきりさせるために、アプローチは下半身は全く動かさないで実験してください。
肩だけを動かすアプローチでの実験。
その次に、下半身は全く動かさず、上半身だけを回転させるアプローチでの実験。

何か?閃くはずですヨ。

多分?あなたのフルショットのインパクトは、左の鎖骨は真っ直ぐではなく、「山なり」に、なってインパクトしてますよね?

投稿日時 - 2009-07-30 14:41:15

お礼

解りやすいご説明有難うございました。
左肩が上がる癖・・・逆を言えば現在のスイングでは真っ直ぐ飛ばす為には必要な制御である事が理解できました。この癖と今後付き合っていくか、若しくは大改造するか悩むところですが、現在のスイングにしてアイアンの方向性が良くなった事は事実です。
下半身を使わないアプローチですが、トップを高くすればするほどアウトサイドイン軌道になりがちです。

投稿日時 - 2009-07-31 17:45:13

ANo.3

質問内容から、想像しますとインパクトゾーンが短くてフェイスが少し上を向いてカットぎみなのでしょうね。

本当は低弾道のドローを望まれていますから、
技術的にはハンドファーストの状態(ロフトを立てて)で長いインパクトゾーンが作れるスイングが目標ということになりますね。

ドリルとしては、ゴムマットの後にクラブフェイスを当てて腰を切り、左体重になり、インパクトの形でマットを押してみてください。
この時手の位置は、ヘソ付近じゃなくて、もっと左側で左足太もも内側付近です。また、地面の上でボールを50cmくらいまっすぐ引きずって転がすドリルもいいかと思います。以上のドリルをやる場合に頭は残して下半身で行うようにすることです。

ハンドファーストにすることでロフトがアドレスのロフトより3、4度くらい立った形になっていれば低い弾道になります。

以上、ご理解されて上で、クラブフェイスが3,4度立った形で低く長いインパクトゾーンを作るための身体の動かし方を工夫しましょう。
ヒントは左腰を切る動作です。

投稿日時 - 2009-07-30 14:15:43

お礼

おっしゃるようなスイングだと思います
もう一度質問させてください。ドローヒッターがミスショットで見せる右へ低く飛んでから力強く左に戻りながら落ちる打球はどういう状態だと出るのですか?私には絶対出せない打球です。ミスショットとは言え、私には羨ましい球筋です。真っ直ぐ出て左に弱々しく巻くようなフックは打てますが(いわゆる引っ掛けですね)、ドローを打つ参考になればと思います。

投稿日時 - 2009-07-31 14:52:03

ANo.2

>今日こそはボールの前のターフを...
ターフはスイングが正しく行われていれば(ダウンブロー)
自然に取れてきます、意識していると、他のスイング部分が壊れます

ダウンスイングのマスターに横嶺さくらを参考にして下さい
インパクトから後、クラブヘッドが地面と並行になる感じで
低く走ったフォローになっています

左肩が上がる癖は、ゴルフを始めた時に、地面を叩き
そのときのショックが大きくて、地面を叩くのを怖がることから
それを回避するスイングに「逃避」(逃げた)したケースが
とても多いのです
Hoojanoさんも申されているように
クラブヘッドの入射角が適切になれば芝を削り取る感じも変わると
思いますので、早くその感じを見つけてください

最近、皆さんにお勧めしているのが
アドレスした状態から、クラブヘッドをシャフトが地面と並行になる
所まで上げて、右左に動かしてみる事です
この際、ヘッドが地面と並行に(下がらない)なるようにキープする
練習をしてみてください:10回くらいで一区切りとする
この練習は、左腕と肘(勿論手首も含まれてきますが)が
しっかりしていないとクラブを支えられないのでその感じを捉え
水平に振ることでインパクトの左グリップのあり方を感じるのに
有効です

この振り方をしているうちに、ヘッドを軽く感じる方法を見つけて
ヘッドスピードを上げた方もいらっしゃいます
ヘッドスピードが上がるとクラブが自然と振れていきます
知らぬ間に、フィニッシュの形になります
インパクトでヘッドスピードが上がると、同じ入射角でも
芝に対する抵抗が小さく感じられるようになります

また、この水平振りは、実際のスイングをする際に
インパクト以降のシャフトの立ち方がタイガーウッヅのように
なるので仲間内では好評です

ところで、この水平振りでは、右グリップでヘッドの重さを
感じることが重要になります
右グリップでヘッド重量を感じると、スイング中(テークバック、
ダウンスイング)クラブヘッドの位置がわかり、自分のグリップの
位置との関連が見えます(感じられます)のでヘッドの向きが
どうなっているかが判るのですね

一度お試し下さい
アドバイスまで

投稿日時 - 2009-07-30 08:43:38

お礼

ダウンブローに打つ=鋭角に入れると勘違いしていたようです。
おっしゃるようなイメージのスイングは雑誌等にも書かれていて取り組んだ事もあるのですが、かなり横振りな気がします。以前観たレッスンビデオで縦振りの意識を持てと言っていたのでそのように取り組んできたのですが…ただ縦振りの方が特にアイアンは各段に方向性が増します。しかし左への引っ掛けを制御し左肩が上がってしまいます。ビハインドザボールで横振り(はらい打ち)すると正直どこに飛んで行くか分かりません。何かが違うんでしょうね(^^;)

投稿日時 - 2009-07-31 12:55:33

クラブヘッドが鋭角的に入り過ぎですね、もっとシャローに。
切り返しではクラブヘッドは背中から出るイメージで。
文面からはシーソーのようなスイングの印象を受けます。回転不足。
肩も軸に対して水平に回すイメージを持った方が良いと思います。
球が上がりにくいようでしたら、見栄をはらず、ロフト角をもっと大きなものに変えましょう。

もう一つはリリースポイント。最近のドライバーはコックをタメ過ぎるのは良くないようです。もっと早めにリリース。
体重移動も右から左への直線運動ではありません。右ひざや右股関節あたりの軸も感じましょう。

>インパクトに向かう際にもっと右肩を入れるイメージを持った方が良いのでしょうか?
これは難しいところです。それで上手くいく場合もあります。この場合は右肩が突っ込むというよりは、むしろ制御をかけている場合も多いからです。いずれにしても肩の空回りは避けます。
道具などに頼らない根っからの飛ばし屋は、肩の力が非常に強いです。
野球部出身でもピッチャーあたりは特にそうですね。
しかしこれは、もろ刃の剣でもありますね。何とか肩の動きに制御をかけなければ安定しません。
ビハインド・ザ・ボールも有効な手段です。合わせて前述したリリースポイント、リリースした時はまだ両肩が正面を向いていません。これぐらいでちょうど良い場合もあります。

>しかし本番では、そのイメージでうまく打てずフィニッシュが安定しませんでした。
溜め込み過ぎ。クラブヘッドが鋭角的に入る原因のひとつでもあります。前述した事で上手くゆくでしょう。また体が左サイドに突っ込まないことで、自然と左サイドの壁もできるものです。
あと原点に戻って、クラブというものは腕で振るものです。

投稿日時 - 2009-07-30 03:42:20

お礼

おっしゃる通りシーソーのようなスイングかもしれません。ひとつ解ったのは今のままのスイングで水平に肩を回そうとするとかなりアウトサイドインの軌道となる事です。それを嫌って左肩を上げる事によって左への引っ掛けを制御→上を向いたフェイスで目標へ押し出すような回転不足のスイング…こんな感じでしょうか。
水平に肩を回すにはかなりインにバックスイングして更にトップでは左手甲が伸びきるくらいシャフトを寝かせ、そこから横振りするとドライバーはドンピシャです。しかしアイアンはどこに飛んで行くか分かりません。そもそもそれを直すためのシーソースイングだったので…どうしたら良いか分からなくなってきました(^^;)

投稿日時 - 2009-07-31 12:20:48

あなたにオススメの質問