こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

北島康介選手「I AM THE SWIMMER」について

去年の話を今更なんですが、疑問に思ったので質問します。

北京オリンピック前にスピード社のレーザーレーサーという水着で大騒ぎになりました。
この騒動に終止符をうつべく、北島康介選手が「I AM THE SWIMMER」という文字を入れたTシャツをきて日本の大会に登場したことがありました。

僕はこれを見たとき、ミズノの水着を着た北島選手は、多くの選手がレーザーレーサーを着て泳ぐと記録が出るということで、水着にばかり目が行ってしまっているマスコミや選手、関係者に対して「水着が泳ぐのではない、人間が泳ぐのだ」ということを主張したのだと思いました。
そのときは、さすがと思ったのですが、、、

その後、北島選手はレーザーレーサーを着ることを決めて記録を更新しました。
僕はそれを見て「結局、北島も他の人と同じじゃん!」と思ったのですが、彼の主張はどのように受け止めれればよかったのでしょうか?


「I AM THE SWIMMER」という主張をした時点で、北島はレーザーレーサーは着ないつもりなんだと思っていました。

みなさんはそう思いませんでしたか?

投稿日時 - 2009-07-14 23:08:15

QNo.5126103

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結局は水着はなんであれ、泳ぐのは選手本人なんです。
いくら水着がよくても選手自身がいい水着があるからといって、練習をさぼっていてはタイムは出ません。
なので北島選手が言いたかったのは水着の力も借りるけども、「泳ぐのは本人だ」ということです。

投稿日時 - 2009-07-15 20:40:46

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-17 12:22:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問