こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Solaris10 + Windows Services for Unix ファイル削除に時間がかかる

いつもお世話になってます。

環境
Solaris 10
Windows 2003 + Services for Unix (3.0)

Windows Services for Unix を使用し、Solarisサーバーにwinddowsディスク領域をNFSマウントさせている検証環境があります。

ここで、Solaris上から、NFSマウント先に10KB程度のデータを書いた後、windowns側で、データ有無の確認、データをコピー、コピー元データ削除と言う動きをさせているのですが、コピー元データの削除に30秒近くかかってしまっています。
また、windowns上で、コピー完了を確認した後、手動でコピー元を削除しょうとしても削除不可のメッセージが表示されます。(ファイルが使用中・・・の表示がでます)

Services for Unix の問題だと考えてはいるのですが、
設定変更による回避など、何か情報があれば、教えていただけますでしょうか

理想としては、データサイズにもよるとは思いますが、1秒程度で削除できるようになればと考えています。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-06-22 20:24:06

QNo.5066188

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ここは読まれましたか?
http://technet.microsoft.com/ja-jp/interopmigration/bb380242.aspx

というか、僕もSFU3.0は買ったのですが、すぐに無償の3.5が出て
悔しい思いをしました。
しかし、3.5を利用したほうがいいのでは?

投稿日時 - 2009-06-22 23:08:12

お礼

URL情報有難う御座います。
結局、原因はわかりませんでしたが、3.5を利用することにしました。

投稿日時 - 2009-07-06 13:21:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問