こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

そんなに持ち家が欲しいものですか?

リーマンショック以降の景気の冷え込みにより、競売にかかる住宅
の軒数が大幅に増加しているそうです。せっかく手に入れたマイホーム
を手放さなくてはならなくなった方々には本当にお気の毒に思うのですが、
一方で単純には同情できないような例もあるかと思います。

私は住宅建築に関連する許認可事務に携わっているのですが、
結構な割合でというか、むしろ多数派なのですが、無茶と思えるような
資金計画で住宅購入に踏み切る方々がいます。(自己資金が殆ど無い。
収入が低い。安定しない職業等々)
ローンの払いが厳しいことというのは別に審査の要件にはならないので、
許可せざるを得ないのですが、正直疑問を持ちながら仕事をしております。

家を買った後輩などに話を聞くと「家賃がもったいない」(とは言え、ロ
ーン支払額と家賃を単純に比較しているだけ)、「結婚して子供もできた
のだから当然」といったような意見が殆どで、これだけ先行きの見えない
世の中で、リスクを抱え込む理由になるのだろうかと疑問に思っています。
(家が欲しいということ自体は否定しませんけど、それなら必死に数年間お
金を貯めて、自己資金を増やしてから買えば良いと思うのですが、意外と
そういうことをしている人が少ないことに驚いております。)

そこまでしても持ち家が欲しいものなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-21 10:30:20

QNo.5061758

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

疑問に思いますが
買う方に問題があるというか
買い方を誰も教えてくれないのが実情だと思います。
買い方の相談相手は不動産業者
でも不動産業者は販売するのが仕事。
何を基準とするかとなればローンが組めるかどうか?

買う方はローンが組めれば金融機関のお墨付きを頂いた様に思え
またテンションが高くなり節約もできれば仕事も頑張れると思うもjのです。

ですがローン=借金
借金は利子が付く。
1000万円で35年ローンで総額いくら支払うか分からない。
頭金をどれだけ入れれば総額がどれだけ下がるか分からない。
不動産にも税金、維持費がかかる。

そんな事を学べる機会はほとんど有りません。
学校でも高校では数学止まりです。
外国ではそのような事を学べる所もあるようです。

簡単に言えば日本は
勤労で賃金得て、節約して慎ましくが基本のように思います。

ですから誰かの後押しがあれば大丈夫だと思うのでしょう。
お金を使う方法は誰も教えてくれません。

特に高額な金額
3000万円と3500万円とでは月々の支払いの差でしか判断できません。
1000円節約できる方でも利子の10万円は節約できません。

車でもやはり高級車は意外と若者が所有している場合もあります。
金銭感覚は私もそうですがやはり
限られた方の知識でそれに乗るか乗らないかの話だと思えます。

ですから憂う事はありますが
やはり辛い目に会いたくない方は時効防衛しかないと思います。

私もあと28年頑張る必要がありますが
完済が70歳何とかなるのかなーです。

投稿日時 - 2009-06-22 01:47:58

お礼

御回答ありがとうございます。

確かにローンを組めるのかどうかというところに
考えが固定されてしまいがちというのは、ここのQ&A
などをみても伺えますね。

>3000万円と3500万円とでは月々の支払いの差でしか判断できません。
1000円節約できる方でも利子の10万円は節約できません。

「家賃がもったいない」と言う人がかなりの利子を払うことに
抵抗がないのかな、と疑問に思っていたのですがそういう感じなん
ですかね。

不動産業者が良いことばかり言うというのは感じます。
分家住宅で土地代がかからないのに、ローンを目一杯
借りて建物のグレードをあげる方が多いのは業者に誘導されている
ところもあるんだろうなと思いますね。
余談ですがアパート業者に勧誘された地主さんの申請が毎月のように
来ますけど、不便でそう簡単に入居者がこなさそうな所にアパートを
建てるため、億近い借金を背負うことになる計画ばかりで、
「良いことばかり言われてるんだろうな」と思いますね。

投稿日時 - 2009-06-22 06:21:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

37人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(21)

ANo.21

だって、営業さんはいい事しか言いません。
銀行だって、自分の銀行に口座を持ってもらい、定期的に返金されるような美味しい仕事は放棄しないでしょう。
住宅金融支援機構からして、今はフラット50なんていう毎月の返済金額がほとんど代わりもしない(けど、借りる側は負担が少なくなったように錯覚させる)商品を出してきました。

国も補助金・補助金で、ツケは後世回しです。
国の借金を考えれば、私も質問者様も、日本国民は一様に借金を背負っています(極論?)。
今の段階で、自分と家族の借金分は納税するから、これ以上負担を増やさないでくれ!(これ以降の「必要な」税金もちゃんと払って行くので)とさえ思いますね。
と言っても、既に一括で払うには、庶民にはちょっと大きすぎる金額。
http://www.geocities.jp/mkqdj167/japan.htm

そこまでして、自動車メーカー、電気機器メーカー、一部の販売業さらにはETCやB-CASの管理団体など多くの天下り先に儲けさせないといけないのでしょうか?

質問から読み取った限りでは、質問者様は「自己資金が確保できる。
収入が高い。安定した職業等々」にお付きのようですので、ご自分の目線で考えていらっしゃると、他の人がそのように見えるかもしれません。

でも、あばたもえくぼに見えている人のほとんどはここのこのような質問を見ずに過ぎて行くのでしょう。
恋は盲目とも言いますし、いいことしか言われなければ、そりゃ盲目にもなりますよね。

あと、我が家で家を建てた理由の一つは、子供に地に足の着いた(地域活動なども勉強だと思いますので)安心した住環境を提供してやるというものもあります。

投稿日時 - 2009-06-23 01:16:04

補足

皆様、御回答ありがとうございました。

何となく、無理なローンを組む人の心理というものが分かったような
気がします。

○家を買う前に、このQ&Aを御覧になった方へ

欺かれることは相手のせいかもしれませんが、甘言にのせられるのは
自分の責任です。
家を買ったが故に不幸になることのないよう、かかる費用が収入に合って
いるか否か、そもそも家が必要かどうか、人任せ、特に不動産業者、金融
機関まかせにせずに自分で良く検討してみてください。
雑駁な計算なら1時間もかからずに済むでしょう。その1時間を惜しんで
長期間の後悔を招く方々も決して少なくはありません。

投稿日時 - 2009-06-25 22:11:09

お礼

御回答ありがとうございます。

>質問から読み取った限りでは、質問者様は「自己資金が確保できる。
収入が高い。安定した職業等々」にお付きのようですので

私自身は自己資金を確保するには長期間かなりの節約をしなくては
ならないレベルの収入ですし、将来的な収入確保にも不安が
あります。安定していると言えば言えなくもないですが、
さりとて収入右肩上がりでどんどん増えるというような見込みは
なく将来の収入増を見込んで住宅ローンを組むのはリスキーすぎる
レベルです。ですから自分目線でみると、無茶なローン計画
に対して「大丈夫なのか?」という意識になるわけです。

投稿日時 - 2009-06-23 06:53:16

ANo.20

田舎特有の事情かもしれませんが…
「賃貸=仮住まい」というイメージがあり、賃貸に住んでいると冷たい扱いを受ける事があります。また、ずっと賃貸に住んでいると、「家を建てられない→問題がある人」とおかしな評判が広まったりする事もあります。

このような数字では表れない事情もあるかと思います。

投稿日時 - 2009-06-22 17:14:32

お礼

御回答ありがとうございました。

私の担当地域も田舎に属するところがあります。
そういう事情もあるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-06-22 20:03:28

ANo.19

学生時代を含め、6年間都内で賃貸マンションに住んでいましたが、2年おきに1か月分の更新料は取られましたし、結局敷金は戻らず、これなら思い切って買っておけばよかったと思ったことがあります。当時はまだ分譲マンションも割安で、6年後でもほとんど値落ちしなかったか、逆に値上がっていたようです。
今では地方で一戸建てとマンションを所有しており、毎年の固定資産税とそれなりの修繕費用、マンションの管理費修繕積立金が月々かかるので、持家でもお金がかかるのは事実ですが、値下がって資産価値が安くなっても、いざというときにいくらかでも売れるということが安心ですし、新築時には好きなように設計できますし、その後も自由に改装できる点がいいのではないでしょうか。
仰る通り、自己資金をできるだけ多くすべきで、私も貯蓄をすべて頭金に入れ、収入から極力ローン返済に回して10年ほどで完済したため、今収入が減っても楽ですが、最近は家そのものが売れなくなっているので、販売する側が頭金もない方にも強引に勧めるケースが多いと思います。

投稿日時 - 2009-06-22 12:35:28

お礼

御回答ありがとうございます。

>仰る通り、自己資金をできるだけ多くすべきで、私も貯蓄をすべて頭金
に入れ、収入から極力ローン返済に回して10年ほどで完済したため

その様に、巧くローンを使いこなすような方々なら心配はそれほど
しなくても良いと思いますね。

>販売する側が頭金もない方にも強引に勧めるケースが多いと思います。

凄くそれを感じますね。業者さんも大変だとは思いますけどね。

投稿日時 - 2009-06-22 20:01:27

ANo.18

 おもしろいので、駄文をひとつ。コーナーを汚してスミマセン。
NO.17さんが正鵠を射っていると思います。住宅建設に関する教育の場がないのが現状です。だから、このコーナーで、住んでから住宅瑕疵とか、悪徳リフォームとかトラブル相談が多いのでしょう。

 近在の建設屋さんでは、設計前に家族での住宅教育を開催しています。数回受講しましたが、Goodでした。しかし、短期利益には結びつかないだろうと思います。短期利益のみを獲得する業者が何と多いことか。

 我々団塊の世代では結婚、マイホームが家を追い出された次男坊の人生目標であり、夢でした。現代の若者にとっては携帯や車、何でもローンで手に入ります。ですから、金銭感覚に違いがあり、こんな世界を作った団塊の世代にも遠因があります。

 自宅を2回新築し、3回目は中古住宅を買ってリフォーム。やっと、どんな家が自分にとって住みよいか、落ち着くか・・・分かってきました。現代の24時間換気システム、異常に強烈な耐震構造・・・落ち着きませんね。旧来の日本住宅に快適さを見つけます。

 結論、教育の場が無い。政府の施策が業者一辺倒。につきます。

p.s. 地主が建てるアパートに関して言えば、こんな所、本人は住めないな・・・と思う空き地に建てるケースが多いです。国道沿い、ドブに面している・・商業地域、工業地域。地主さんもアパートを建てるしかないのでしょう。

投稿日時 - 2009-06-22 09:39:25

お礼

御回答ありがとうございます。

>教育の場が無い

確かに。職務柄住宅購入を相談されることもありますが、
業者の売り文句そのままのことをいう人がかなり多いですね。
利子の額を計算したり、税額や減価償却を勘案しながら
検討させてみると青い顔になったりします。

でもネット時代で色々な情報が手に入りますし、また書籍類も
結構充実しているのですが、その辺の情報を踏まえたりしないん
ですかね。

投稿日時 - 2009-06-22 19:55:22

ANo.16

あなたの考えはごもっともです。
補助金やら税制優遇とやら、あまい言葉で家づくりを後押し!
フラット35などの住宅ローンも年収の返済割合を年収の30%~35%と設定しています。
確かに、家を建てる資金は確保できますが、
イザ、住宅ローンがはじまると、税金やら維持固定費やらと想像以上にお金がかかります。
そして、家に飼われるかの様に、毎日せっせと仕事に励み、娯楽には一切お金は使えません。
そんな家づくりのために一生をささげることに何の意味があるのでしょうか?
なぜこの世に生まれてきたのか?
それいは、楽しい人生を送るために生きています。
家は、楽しい人生を送る為の、ひとつの道具でしかありません。
極端なことを言えば、家も住所もなく、常に豪華客船で過ごすのも良い手です。(事情が許せば)
家が欲しければ、住宅ローンを組まずに自己資金でたてるべきです。
それが無理なら、住宅ローン返済の割合は、年収の20%以下に設定するべきです。
無理なら20%以下に設定できるくらいのレベルまで資金を貯めるべきです。
それができなのであれば、賃貸の安いところで家づくりのために節約&貯金で我慢です。
善意ある家づくりがすすめられれば幸いです。

投稿日時 - 2009-06-21 22:27:44

お礼

御回答ありがとうございました。

私も同感ですね。家は幸福の手段であって目的ではない
と思っています。

>補助金やら税制優遇とやら、あまい言葉で家づくりを後押し!

嫌な言い方になりますけど我々行政屋にとってみると、無理してでも
家を購入してくださる方というのは有り難いお客さんであるとも言えます。
税金も多く払っていただけるわけですし、景気にも寄与していただけるわ
けですから。
ただ、家を持つ満足感が対価として存在して、なおかつ無事に払い終えら
れれば良いのですが、明らかに経済的に苦しくなるだろうなという計画に
許可を出すのは気持ちの良いものではないですね。(とは言え許可しな
いと訴えられますけどね。)

投稿日時 - 2009-06-21 23:00:01

ANo.15

#9です。

>>確率論からいうと、死んでしまうよりも長く大病をしたり、障害を
負って生きる可能性の方が高いかと思うのですが、その場合には
ローンがあることでむしろ手詰まりを呼んでしまうような気がするの
ですがどうなんでしょうか?

現在残ってる住宅ローンと、同額程度の貯蓄があります。
ただ、手元に現金がないのも困るので、ローンをのこしてます。

ローンを組むなら、ローンと同額の貯蓄もできるのが、私どもの目安です。

もし現在、夫がケガの重傷や病気ではたらけなくなれば、親族の助けも得られますが(偶然にも、そのような状況なので)、借家ずまいで夫が亡くなったからと言って家を提供してくれる親族はいません。

また、そのような確率でいきてはいけません。
結婚して、相手がとんでもない人だっら、とか、子供がいるのに夫が働けなくなったら・・・・。
考えると、結婚も子供も、持てなくなります。

人が生きていく力は、「だから、しっかりがんばらなきゃ!!」
と、思うエネルギーです。
「心配だからやめておこう」では、何の夢もありません。

結婚も、かならず大丈夫なことばかりではないけど、乗り越えていける明日への夢があれば、ゆってゆけます。

投稿日時 - 2009-06-21 22:00:48

お礼

お答えありがとうございます。

>現在残ってる住宅ローンと、同額程度の貯蓄があります。
ただ、手元に現金がないのも困るので、ローンをのこしてます。
ローンを組むなら、ローンと同額の貯蓄もできるのが、私どもの目安です。

賢くローンを利用していらっしゃる例ですね。
こういう形で家をお買いになるのは無理が無くて良いと私も思います。

投稿日時 - 2009-06-21 22:18:21

ANo.14

ちょっと変わった買い方をした者の意見を。

5年前に2500万円の家を買いました。
転勤が多い職場で、買った時は青森で勤務していて、埼玉に家を買いました。
出身は福岡で今は福岡に勤務していますが、去年まで北海道で勤務していました。
日本全国動くので、何処に行ってもいいように交通の便を考えて埼玉。

転勤周期は2~3年です。
18才で就職して25年、8回転勤して、その度に敷金礼金支払い、退去時にはあそこに傷が、ここに汚れがと言われてきました。
嫌になりました。
家を荷物置き場にして生活できるようにし、勤務地は最低限必要なモノだけを持ち、安くて狭くてぼろい所にするようにしました。
今までは全てを一箇所の住居にしていたので、それなりの広さのそれなりの家賃を支払っていましたが、どうせ日頃は寝る場所があれば良いだけなので、使い分けようと。
転勤時の新居探しが楽になり、退去の手間も言われる事も減りました。
満足しています。
繰り上げ返済の結果、ローンの残りは500万円ですので破綻の可能性も低いです。
こんな人もいると言う事で。

投稿日時 - 2009-06-21 19:03:23

補足

御礼未記入の方には順次御礼をさせていただきたいと思いますが、
まずは全体的に補足させていただきます。

私は持ち家に対して慎重な考え方をもっておりますが
それが一個の価値観であり普遍的なものではないことは弁えております。
この場を借りて持ち家否定の見解を発表するつもりもありませんし、
持ち家派の方々を説得しようとするものでもありません。
日々疑問に感じていることについて、皆様方それぞれののお考えを拝聴
したいと思って質問をした次第です。

投稿日時 - 2009-06-21 19:13:31

お礼

御回答ありがとうございます。

なるほど納得の理由ですね。
確かに海外赴任の多い友人は「引っ越すだけで一大事業」
といっており回答者様のように早くにマンションを購入しておりました。

投稿日時 - 2009-06-21 20:13:13

ANo.13

みなさんの回答は、どれもみな、ごもっともだと思います。

多少、別の視点からの補足になります。

1 我が家は4人家族です。都会に通勤通学しています。75m2以上の家に住まないと苦しいですが、都心では、家賃が20万以上します。
35年ローンを組んだら、頭金ゼロで、15万くらいの支払いになりました。
35年間のメンテ費用は、300万円と考えています。
(文京区の一戸建てです。ただし、三階建てです。)

2 金銭的に得であるとか、資産を残すなどということは考えていません。これから、35歳前後の人の正社員数は減る一方です。ただでさえ人口が減っており、その上こういう状況ですから、家が欲しくて実際に購入できる人が増えるとは考えられません。

3 家は一種の消費です。
持ち家の注文住宅の住宅としてのクオリティーと賃貸とでは、ガラッと違います。
同じように見えても、ドアの開閉のスムーズな高級感や、床の剛性感や、大雨になった時の遮音など、細かなところが全く違います。
私は、高級車に乗るのと同じ気持ちで持ち家に住んでます。
突き詰めれば、趣味の問題なのではないでしょうか。
(はたから見ると、「もったいないことして…」と思われるでしょうね笑)

投稿日時 - 2009-06-21 19:01:48

お礼

回答ありがとうございました。

購入に比べて賃貸の家賃が非常に高い地域や家族が増えて
手狭になるなど相応の理由がある場合については納得出来ますね。

>突き詰めれば、趣味の問題なのではないでしょうか。
同感ですね。
私の場合は趣味の問題だからこそ慎重にと考えてしまいますが。

投稿日時 - 2009-06-21 20:11:09

ANo.12

♯6です。皆様の回答も大変興味深く拝見しております。質問者様には多くを考える良い機会を提供していただいた事に感謝です。

>そこまでしても持ち家が欲しいものなのでしょうか?
「そこまでしても」という言葉、このご質問は、質問者様が携わる現場で、
多くの方が無茶なローンを組まれているのを目の当たりにされたうえで、
賃貸での家賃との評価や結婚を機会にするような思想での持ち家取得についてが、ご質問の主旨であると感じました。

ですので、それらに該当するであろう方々を自分の見聞きした限りの範囲で書きました。
持ち家を持たれて感情的に正解の方は良いとして、財として成功されている方はあくまで少数派でしょう。
よく考えてみれば、苦しい生活を虐げられている方々は、PCで暇をつぶしている余裕すら無い方が多いようにも思えます。

私も最終的には賃貸に出している部屋やアパートを立て替えるなどして、自分の持ち家化するのかも知れない少数派ですね。

何事も思い通りには進まないという事は十分承知の上だからこそ、持ち家を借金や保険でどうにか賄おうとは思えない人もいる。
持ち家だからこそ味わえる喜びがあるのだ!と感じる人もいれば、賃貸の高層マンションでも十分に喜びが味わえている!と感じる人もいる。

自分もふまえ今ある生活に満足感を感じる方々は、堂々とここで自論を展開できるのでしょうが、
その通りですねと書ける立場に無い方々が多い事は、うちの身内を含め、現場関係者が一番実感しているのかも知れませんね。

投稿日時 - 2009-06-21 18:50:36

お礼

再度の回答ありがとうございました。

>多くの方が無茶なローンを組まれているのを目の当たりにされたうえで、
賃貸での家賃との評価や結婚を機会にするような思想での持ち家取得についてが、ご質問の主旨であると感じました

仰るとおりで、家族が増え、あるいは成長して手狭になった方、
相応の頭金などを用意している方については特に疑問を持つことは
ないのですが、新婚早々でかつ自己資金のない方、逆にある程度の
年齢でありながら相応の資金力を持たない方が家を買うことについて
疑問を感じています。

投稿日時 - 2009-06-21 20:08:34

ANo.11

#8です。何度も済みません。

>破綻すべくして破綻している人がそれでも住宅を購入するほどの魅力をどこに感じているのか。

現在の住宅ローンを組んだとき、返済率は年収の34%でしたので、我が家は外からは「破綻すべくして破綻する人」に見えたと思います。

旅行好きや車好きやグルメのように、持家は人によっては「人生の中で子供の次に大切なもの」です。私にとっては家族と仕事の次に大切なものです。
ローンを組んでまで購入するのは、他の方も書かれているように損得では計れないからです。
とはいえ、持家によって破産しても執着するつもりはありません。「それも人生」という感じでしょうか。
前投稿で、結果的にローリスクハイリターンとなったと書きましたが、我が家はハイリスクハイリターンだったのでしょう。

我が家の最優先支出は教育費ですが、次点は持家です。
これはもう価値観の問題なので、持家反対派も推進派も周りがとやかく言っても変わらないと思います。

また、都心という地域性もあると思いますが、実際に持家は得だと思いますよ。
我が家は今の住宅ローンを順調に行けば5年後に完済する予定で、その時はまだ私達夫婦は40歳前後です。
ちなみに、今の住まいを賃貸に出すと月家賃20万円以上します。今度こそ終の住処なので出すつもりはありませんが。
ローン完済後は、金融資産を形成していこうと皮算用しています。

投稿日時 - 2009-06-21 18:13:25

お礼

重ねての御回答ありがとうございます。

他の回答者様の回答にも書かせていただきましたが、
色々な価値観がある中で、住宅を保有するということに
大きな価値を見いだす方がいてもそれは当然だと思っています。

投稿日時 - 2009-06-21 19:04:07

ANo.10

人間という生き物は、 損か 得か だけでは生きていけない生き物だと思います。
特にある程度年齢がいって、生活がある程度安定していると、ただ生きていくだけでなく、自分の人生に色々な価値を求めるようになるのではないでしょうか?
それがマイホームを持つ事であったり、車好きの人は車であったり、旅行が好きな人は旅行だったり・・・


綿密に計算し尽くして、
平均寿命まで生きた場合賃貸の方がいくら徳だ  とか
今の収入がこれだけで定年までにいくらたまって、老後は年金がこれだけあって・・・
じゃぁ老後も家賃は払っていけるな とか

果たして完璧なシュミレーションを立ててもその通りに人生は進むでしょうか?
家族が増えたり減ったり、事故にあったり会社が潰れたり、どこかで遭難したり病気になったり・・・

人生、何事もなく平穏に計画通りに進んでいくかもしれませんし、そうでないかもしれません。

マイホームを夢と思えない人は、損得勘定だけで賃貸に住もうがマンションを購入しようが好きにすればいいと思います。

マイホームを夢と思う人は、マイホーム自体にももちろん夢を感じると思いますが、それだけではなく、そこで過ごす家族や友人との時間などを含めて“夢”としています。


もちろん、無謀なローンや返済計画はいい事だとは思いませんが、
昔からよく言うではありませんか。「自分の城」とか「一国一城の主」とか
それがハウスメーカーのキャッチコピーであったとしても。

衣・食・住 生きて行く為に必要な三大元素の一つの住を、借り物ではなく、自分の物にしたい
というのは、むしろ普通の感覚だと思います。

   

投稿日時 - 2009-06-21 16:08:48

お礼

御回答ありがとうございます。

こういうことには正解はないので、人それぞれの考え方だ
というのは弁えております。色々な人の考え方が聞けて参考になって
います。

投稿日時 - 2009-06-21 16:49:36

ANo.9

主婦の考えです。

もし、夫が病気や事故で万が一のことがあった場合・・・。

もし、借家だとします。
これからも家賃をはらわなければなりません。
まさか、夫の実家に姑と同居すること、まっぴらです。

ローンで、持家がある場合。
ローンは保険で賄われ、家だけが残ります。

家は、住んでこそ価値があります。
死ぬ間際に家を購入しても、意味がありません。
人生は何歳まで生きるのか、だれにもわかりません。
お金を貯めて、退職時に購入しても、住むのはわずかになるかもしれません。
そのころ、家を手に入れても、すでに老夫婦二人だけかもしれません。
子供と、あたらしい家で過ごす生活は、老後に家を購入しても、とりもどすことはできません。

投稿日時 - 2009-06-21 15:55:00

お礼

御回答ありがとうございます。

こういうことには正解はないということは弁えておりますので
個々の方々がどういう動機で住宅を買うのかということを伺えて
参考になっています。(本当はアンケートカテの方がいいかもし
れませんが、こちらの方がよりよい回答をいただけそうなので)

>家は、住んでこそ価値があります。
死ぬ間際に家を購入しても、意味がありません。

よくわかります。家自体を重視すれば多少無理をしようと
ローンを組んで購入する以外はないので、それが動機というのは
理解出来ますね。

>もし、夫が病気や事故で万が一のことがあった場合・・・。

こちらから一点逆質問して申し訳ないのですが、夫が死亡した
時には保険により相殺できるからという回答者様と同様の考えを良く
聞きます。
確率論からいうと、死んでしまうよりも長く大病をしたり、障害を
負って生きる可能性の方が高いかと思うのですが、その場合には
ローンがあることでむしろ手詰まりを呼んでしまうような気がするの
ですがどうなんでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-21 16:42:50

ANo.8

我が家は持家(都心なのでマンションですが)志向ですが、結果的にローリスクハイリターンでした。

ここ13年で、頭金は多いものの、年収に占める返済利率は多いという住宅ローンを組んで、既に3件目です。
毎回終の住処として購入するのですが、借金が嫌いなため5~6年で全額返済完了。
完了1年後くらいにまたマンションを購入して・・・の繰り返しです。
完済したマンションは人に貸し、家賃収入は2件で年間約400万円です。(経費を引く前)

メディアでは破綻している人ばかりが取り上げられますが(その方が面白いので)、前の方も書いておられるとおりそれは少数派で、
逆に投資とリスクの管理に目覚めて、資産を形成していく人は多いと思います。
我が家は低所得の部類に入りますが(中の下くらい)、それでもマンション購入をきっかけに資産が形成されました。
今では全て売却したら1億近く行くと思います。(うち住宅ローン2千万円・株及び債権は退職金で運用するのみ)
もし賃貸のままだったら、ここまでは貯まらなかったと思います。

破綻する人も多いと思いますが、きちんと資金計画を立てればローリターンの旨みは必ず出てくると思います。(うちはがっぽり出ました)

投稿日時 - 2009-06-21 14:26:38

お礼

御回答ありがとうございます。

破綻する人について疑問に思うわけではなく、破綻すべくして破綻して
いる人がそれでも住宅を購入するほどの魅力をどこに感じているのか。
というところに興味がありました。

>我が家は低所得の部類に入りますが
きちんと頭金を用意した上で短期間で完済していらっしゃるわけですから
低所得ということは無いと思いますよ。

投稿日時 - 2009-06-21 16:31:08

ANo.7

こんにちわ。
また違った視点かとは思いますが、こういう考えもあるんだな、と思って頂ければ。

私も「家が借りればよく、買うもんじゃない」「不動産を資産としてもつことは、身動きが取れなくなる」といった考えを持っていました。一部分は今も変わらないかも知れません。

私は趣味で車を数台所有しています。どれもこれも手が掛かるものばかり。所有するだけでなく、自分でメンテもします。

戸建て&敷地に余裕がある民間借家を借りていましたが、大家都合で退去することになったのが、購入のきっかけです。普通の町場の整備工場なみの工具類、4台の骨董車をすえられる場所をあわてて探しましたが、条件にあう借家は見つからず。

もうひとつは、やはり老後。そのときまで借家で大丈夫なのか、貯金があっても老夫婦に貸す大家などが都合よくいるものなのか、老人ホームへの入居など、巧い具合にタイミングが合うものなのか、、、、。

そんなわけで土地購入となった経験の持ち主です。家はどうせ建てるなら自分らしいものを、と言う感じで時間をかけて設計することになった感じです。

投稿日時 - 2009-06-21 12:23:14

お礼

御回答ありがとうございます。

私自身も老後の住宅については同意見です。借りれる内は借りて
貯金し、自己資金の比率を増やした上で老後用の住宅を(必要ならば)
購入するという考えをもっております。

昔は子供お断りのアパート・マンションが
ざらにあったりしましたし、賃貸では難しいので購入せざるを得ない
というケースもあるのかもしれないですね。

投稿日時 - 2009-06-21 16:25:46

ANo.6

まず結論から申しますと「持ち家は欲しいとは思いません。」

持ち家の「メリットとされている事」と、そこに潜む「目を背けている事実」は違います。

・持ち家を買った時点で、まだローンが数十年も残っているにも関わらず、「夢が叶った」「一家の主」「周囲からしっかりしている夫だと思われているだろう」などと、勘違いの自己満足に浸れる。

※持ち家をローンで買えばそれは単なる「借金」です。

※収入の増加に比例して伸びない資産価値の持ち家は、家庭の支出を圧迫し、転居や転職の自由を奪います。

・将来、持ち家のローンを払い終えれば、その後の生活が楽(らく)になると思い込んで満足感に浸れる。

※数十年のローンを払い終える前には、家自体の耐久性に問題が生じ、多額のリフォームが必要になる事が想定できていません。

※持ち家がある以上、固定資産税や高い保険料を払わねばなりません。将来的な物価や収入と貯蓄にあてもないまま購入し、差し押さえられている物件は多いと聞きます。

・持ち家なので生活スタイルや家のリフォーム等が自由。賃貸でありがちな騒音の問題や、周囲他人の怖さ、煩わしさが無いと思っている。

※隣人トラブルはどこでもつきもの、持ち家には転居できない不利さがあります。

※子供にとって、公立を選ぶ場合は学区ごとの不利有利が出ます。私立に通学する場合、多くは通学できる範囲が決められてしまいます。

その他、考えられるメリットにはデメリットもつきもので、よほど頭金や収入や貯蓄の想定ができていない限り、ローンを組んでまでして買う物ではないように思えてなりません。

ちなみに自分は会社員、家族に不動産関係者、一級建築士、医師、大学関係者等がおりますが、持ち家は建築士の兄のみ、キャッシュ払済ですし、家を買って賃貸に出していても、ローンをしている者はひとりもいません。

家も車も税金対策以外はキャッシュで買う、買えない物は買わない、自分に何かあっても家族は一切「金銭的な苦労」はしないように想定しておく、それが「守るべきもの」を持った者の責任であると考えております。

投稿日時 - 2009-06-21 11:53:34

お礼

御回答ありがとうございます。

私の考え方に非常に近い御回答でした。
(もちろん私の考え方は私の中の正解であって世間一般に対する
正解でないことはきちんと弁えております。)

リスクと得るものの比較考量においてどう判断するのか。
結局個人個人の考えになるのでしょうね。

投稿日時 - 2009-06-21 16:21:26

ANo.5

話を聞くと、マイホームというのは一般的に奥さん側の方が
あれこれ要望があったりするものらしいのですが
うちの場合わたしは持ち家に憧れなど一切なく、主人の方が熱心です。
わたしは持ち家で育ちましたが、家に対する憧れ、夢などはいっさいありません。
誰も継がない家など持っている必要が無いと思うからです。

うちはこどもは1歳の男の子一人ですが、
家を財産として残してあげようなどとは全く思っていないし
いつまでも親元に居てもらうようでは困りますので
必ず家は出てもらい自活させます。
主人が先に亡くなって、
こどもが自立して家を出て行った時
自分が家にひとりぽつんと居ても楽しくないなと。

しかし、
最近マイホーム購入を夫が進めてまして
仮審査は通りました。
返済比率12%のゆるいと思われるローンですが、
わたしはなんだかこれからの人生怖くてたまりません…

モデルルームを家族で見に行っても、
まさかこんな素敵なお家に住めるわけない…と思って、
じっくり見れませんし大した質問も出来ず。
家なんて玄関の扉がきちんと閉まって、雨漏りしなければいいや
くらいしか思わないわたしですから
モデルルームをみて、
今の家ってびっくりするほど快適に暮らせるんだなと感動しています。

多分うちの夫の場合は、
目標というか頑張る糧というか、そういうのが欲しいのかなと思います。
元々真面目な人なので家族の為に一生懸命に働いてはくれてますが
なんかもっとこう、うまく表現出来ませんが
形として目標が欲しいのかな、と。

あとローンを組むなら年齢的にギリギリな事もあったり、
ちょうど予算と立地と気に入った物件に出会ったというのも大きかったと思います。

投稿日時 - 2009-06-21 11:18:02

お礼

御回答ありがとうございました。

よほど高収入の方以外は、多かれ少なかれ不安を感じますよね。
その不安をおしてなお購入に踏み切る方の動機について興味があ
りました。

それが人生の張りであるとか、目標であるというのも理解出来ます。
いずれ買わなければならないとすればタイミングもあるのかもしれ
ないですね。

投稿日時 - 2009-06-21 16:15:21

ANo.4

家賃を払っていても何も残りませんからね~

持ち家でローンを払い終われば自分の物です。
固定資産税やメンテナンスこそありますが、老後、家賃や住む所に困らなくて済みます。

逆にリスク管理 という意味で家を買いローン組むという考え方もあります。
家を買ってローンを組むと大抵団信に入りますよね?そーすると自分が死んでしまったらローンは無くなり、残された家族に今後の家賃の心配をさせなくて済みます。

資産として残せるという面もあるでしょう。

対外的に「借家住まい」と「持ち家」とでは見られ方も変わります。
まぁ昔みたいに借家といってもすぐに長屋みたいなのを想像する事もないかもしれませんがね。

>必死に数年間お金を貯めて
必死に自己資金を貯める間の家賃ももったいないと思うからじゃないですか?

投稿日時 - 2009-06-21 11:02:03

お礼

御回答ありがとうございます。

>資産として残せるという面もあるでしょう。

確かに無事に払い終えることができればそうですね。
ただ、今の時代無事に払えるかどうか誰しもリスクを抱える中で
よりリスキーな選択をなさる方の動機に興味があります。

家賃がもったいない人というのも理解出来ますが、利子や税金、
減価償却について考慮した上で判断しているのかちょっと疑問
に思うケースも多いですね。

投稿日時 - 2009-06-21 12:00:06

ANo.3

10年前に家を購入したものです。
人によりけりだとは思いますが、実家が持ち家か賃貸に住んでいるかにより購入希望の有無が出てくると思います。ウチも親が持ち家でしたので購入は当然のことと思っていました。
ご質問者様の言うとおり、競売にかけられる人の何割かは資金計画に無理があると判断できない人も居るのでしょうが、全体としては少数派だと思います。購入当時、共稼ぎでしたが、とある物件の資金計算をしたところ「奥様の収入を返済に充てれば大丈夫ですよ」と言われました。どちらかが倒れたら家計が破綻するのでその物件はやめましたが、「そうか」と思う人もいたのでしょうね。

投稿日時 - 2009-06-21 10:49:05

お礼

御回答ありがとうございます。

>「そうか」と思う人もいたのでしょうね

私のところにも結構セールスがきたりするのですが、その説明の
拙劣さには驚かされます。しかし、そういう説明で買ってしまう人がいる
ことになお驚かされますね。

投稿日時 - 2009-06-21 11:03:12

ANo.2

人それぞれでなんともいえませんが、マイホームは夢ですからね。
「我が家を持つ」聞く人が聞けばなんて良い響きなんだろうと思いますよ。

投稿日時 - 2009-06-21 10:45:25

お礼

御回答ありがとうございます。

>マイホームは夢ですからね。
色々なメディアでそう言っていますね。ただ、状況次第で簡単に
悪夢に変わってしまう夢であることをもう少し認識した方が
良いのではないかと思ってしまいます。

投稿日時 - 2009-06-21 10:58:30

ANo.1

それぞれの人生観があり批判はできませんが、持ち家は多くの人が人生の最終目標として据えていることもまた事実です。賃貸がよいか、持家のほうが得か・・・比較検討して判断することが大事です。

投稿日時 - 2009-06-21 10:41:08

お礼

御回答ありがとうございます。

>多くの人が人生の最終目標として据えている

自分自身そうは思っていませんし理解できませんが(だから質問して
しまうわけですけど)多くの人がそう思うということは分かりますね。
しかし最終目標であるならなお慎重にすべきじゃないのかな。
と日々思っています。家さえ手に入れば何でも良いというのな
ら別ですが。

まあ、確かに人生観の問題ですかね。

投稿日時 - 2009-06-21 10:56:08

あなたにオススメの質問