こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己PRの添削をお願い致します

はじめまして。

現在、転職活動をおこなっているものです。

1社目 旅行会社(事務)
2社目 営業事務
を経験し、2つとも派遣社員だったため正社員への転職を考えています。

今度うける会社(事務職ですが総合的にいろいろする仕事)で、
『今までの自分の経験や体験をどう仕事にいかせると思うか(500字)』
かいて提出しなければなりません。

どうかアドバイスをお願いいたします。

以下、書いたものです。

『私の強みは目標達成にむけた行動力です。
旅行会社にて勤務をしているとき、社内で旅行企画の募集がありました。
会社でどのような商品が売れてきているのか調べたときに、インターネットの商品が売れてきていることがわかり、インターネット限定商品に着眼し、『インターネット限定フリープラン』企画案内をだしたところ採用していただくことができました。
他社商品を比較するため、仙台市内にある各社のパンフレットを全て集め、インターネットなどからも情報収集をしました。
またお客様の目線に立つためにも、インターネットの口コミや評価を調べたりし、旅行先や宿泊場所などの参考にしました。
そして、インターネット販売の長所はパンフレット印刷代のかからないところにあるので、そのぶん旅行代金を安くすることにしました。
企画採用後は、定期的に他社の商品をチェックしながら、随時他社より安い旅行代金を設定し、より多くのお客様に利用していただけるよう取り組みました。
一つの目標をきめ、情報収集し、相手の目線に立つことを大切にしてまいりました。
目標達成にむけた行動力をいかして、業務にとりくんでいきたいです。』

投稿日時 - 2009-06-17 14:22:45

QNo.5051462

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

『今までの自分の経験や体験をどう仕事にいかせると思うか』というテーマから少しずれてしまっていると感じます。

手直しをするにあたり、考えるポイントは、以下の3点です。
A.これまでの2社でどういった仕事をどういった姿勢でやってきたのかを要約する
B.応募先の会社でどういう仕事をどのようにすることが求められるかを想定する
C.AとBの間に共通点を見つけて、「Aの仕事を通じて得た○○(スキル・経験など)をBで生かせると考えている」と結論付ける(共通点が見つけられないなら、Aを別の視点で考えたりして練り直す)

これまでの2社は派遣だったということですから、相手の会社の方は、「派遣だと定型的で受身の仕事しか経験が無いかもしれない。そういう人だと応用が利かないからウチでやっていけるかな」
「社内で十分なコミュニケーションが取れる人だろうか」
「正社員としての責任感をもってやってくれる人だろうか」
といった点が気がかりなはずです。(質問者さんがそうだという意味ではなく、悪いほうに考えた場合の一般的な派遣のイメージとして)

ですから、上記の懸念を払拭させるような、「これまでの仕事の内容、経験(A)」を書き、「御社に入社したらこういうことが求められると思うが(B)」「こういう形で生かしていけると思う(C)」という感じでまとめると、良いかと思います。特に、Bの部分を的確に書くことで、「当社に入社した後に求められるモノを認識し覚悟を持って応募してくれているな」と高評価につながると思います。

「目標達成に向けた行動力」の話も悪くはないと思いますが、それだけで終わってしまうといけないので、Aを補足するときの面接時の話にとっておいてもよいのではないでしょうか。

抽象的な回答になってしまいましたがご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2009-06-17 23:53:50

お礼

ありがとうございます。

文の構成参考になりました。
今後になにをいかしていけるか、もう一度テーマを見直して書きたいと思います。
あと、派遣社員から正社員にむけての意気込みみたいなものもいれていきたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-19 12:39:42

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

強みの内容はアピールになると思います。

ただ、もう一度、課題テーマを思い返してください。
今までどんなことをしてきたか、ではなく、
これからどんなことができるか、です。

現時点ですと、最後の1行に抽象的に今後のできることを
書いているに過ぎないですよね。
また、転職先での業務内容は事務作業が多いのでしょうか。
それともあなたがアピールしている内容のようにアイデアを
必要としたりする仕事なのでしょうか。

事務作業中心であれば、正確で迅速な処理や+αの仕事ができるという
ことをアピールすることで共通点を強調したほうがプラスかもしれ
ません。

仮にあなたの内容が共通点があるとして、

目標達成に向けた行動力を実際のエピソードを交えて
伝えることは正しいです。
ですが、分量の割合を考えると、4:6で今後のできることを
多めに書くことをお勧めします。

これまでのエピソードを物語風に書くのではなく、
端的に簡潔にまとめてください。

目標達成に向けた行動力を活かせると考えます。
旅行会社では、『インターネット限定フリープラン』を自ら企画・実行致しました。
まず企画が採用されるために、他社商品やお客様の声の情報収集を徹底することで、インターネットが最善の媒体であること、格安プランにできたことを実証し、採用に繋がり、結果プランは大成功しました。

これまでのように、お客様目線で・・・・・・、(エピソードの工夫点を書く等)
という姿勢は貴社の●●●という点で活かせると考えております。


これはあくまで例なので分量がおかしいですが、エピソードを
簡潔に書き、成果をアピールしたうえで、
活かせることにエピソードでの工夫点を書く。
それを貴社で活かせるとアピールする。

こんな感じでいいと思いました。
頑張って。

投稿日時 - 2009-06-17 23:51:07

お礼

ありがとうございます。

今までやってきたことを、もっと簡潔にわかりやすく書けるよう考えてみます。
事務職でもあるので、その経験もいれてみたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-19 12:36:37

ANo.2

きつい書き方になりますが、
この文章だとやってきたことを書き出して、
頑張りますといっているのと同じに感じます。
出だしも長所のアピールで、その後に続く文章はやってきたことの羅列です。
最後の〆の言葉の「目標達成にむけた行動力」がどれ指しているのか不明です。
旅行会社の時の、企画を出し、それが採用され、継続して集客出来るようにさまざまな情報を収集をして、さらにより良くしてきた経験やそのことを行うことにより体験したさまざまな事をどう活かすことが出来るかを書かないと設問の内容と異なります。

投稿日時 - 2009-06-17 14:52:34

お礼

ありがとうございます。

そうですよね。
頑張りますみたいな、やる気だけで、今後につながるものが何かわからない文章です。
書き直してみます。

投稿日時 - 2009-06-19 12:34:35

ANo.1

これだけの長さの文に「インターネット」が6回も出てきていますね。
くどい感じがします。言い回しを工夫されたらどうでしょう。

投稿日時 - 2009-06-17 14:33:58

お礼

ありがとうございます。

たしかに。
インターネットという言葉がですぎですよね。
違う言い回しを考えてみます。

投稿日時 - 2009-06-19 12:32:31

あなたにオススメの質問