こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マウスコンピューターとマイクロソフト

私は、2006年2月14日、株式会社マウスコンぷーターカーから、
[Microsoft Windows XP Home Edition Ver.2002 SP3]が
インストール済みでバックアップディスクも添付された、
デスクトップパソコを通信販売で購入いたしました。

ところが、昨年の5月、パソコンが少し不調になり、
Windoswsには通常付いております「一部修復機能」を使用しようと
したところ、使用できません。(株)マウスコンピューターに確認した
ところ、

「(OEM)製品のため、その機能は省かれています。」との回答でした。

そして、Windowsを再インストールするたびに、すべての、プログラム、ファイルを一度、他へ保管し、
再度Windowsをインストールし、プログラム、ファイルを移し直す作業を
繰り替えさざるを得なくなってしまいました。

最近になり、突然、電源が落ちたり、モニター表示に異常が起きたりしたため、
モニターについては、MITSUBISHI製のため、素早い対応で、代替品を持ってきていただき、
自社で様子を見てみると言うことで、持ち帰ってくださったのですが、
代替品でも、同じ現象が起きたので、原因は、パソコンにあることが明確になりました。

(株)マウスコンピューターにクレームをつけたところ、
「Microsoft社」とは、「一部通常商品とは機能が異なります」などの表示は、
契約上義務づけられておりませんので、弊社としましては、責任は負いかねます。結果は、裁判で決着したい。」
と言っています。

私は、(OEM)の表示さえ気が付きませんでしたし、
私の認識では、OEMとは、他社ブランドによる生産、
例えば、トヨタで販売しているトヨタブランドの自動車は、実は製造しているのは、ダイハツ、というものであり、
パソコン業界のOEMの意味は理解できません。

一方の、日本マイクロソフトも、同様の見解で、責任を持ちません。

これは、日本の一般常識、及び法律上、どのように決着すべきなのでしょうか?

この世界に、精通した弁護士さんをご存知でしたら、教えていただけませんでしょうか。

私は、100万円くらい損失が発生しても、決着を付けたい気持ちで下ります。社会貢献のために。

投稿日時 - 2009-06-13 08:23:53

QNo.5039747

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

1.現在発売されているパソコンのWindowsOS搭載版はすべて「OEM版Windows」です。
  マウス社に限らずN社・T社・F社・S社、海外のD社・H社・L社と
  例外はありません。
  例外が無いのであなたが「知らなかった」「気が付かなかった」
  としてもメーカー・販売店に落ち度はありません。
  周知する必要が無いので。

2.Windows全てに「一部修復機能」という機能はありません。
  念の為、Googleで検索をかけましたが、TOP100には出て来ません。
  「自己修復機能」でも調べましたがありません。
  「WinXP 回復コンソールで起動ファイルの修復」「ネットワークの修復」
  は存在します。
  質問内容からの情報では「起動ファイルの修復」「ネットワークの修復」
  とは思えません。

3.「WindowsOSが不調の場合に有効なのは」という情報を調べましたが、
  あなたの言う「一部修復機能を使用すべし」という提案はありませんでした。
  一部サイトで「復元機能を使う」という記述がありましたが、
  「トラブルを完全に回避することが可能」という記述は無く、
  「完全に復元することを保証しない」とされているものの方が圧倒的に
  多い状況です。

以上のことを踏まえ、
・日本(たぶん世界共通)の一般常識ではマイクロソフト社、マウス社
 共に「普通の主張をしただけ」と受け取れます。
・ソフトウェアにおける修復機能を規定した法律は無く、
 民法でも通常の保証範囲で対応が標準であろうと思います。
・弁護士に依頼するなら法テラス等を活用の事
・一般的な保証期間を経過後のトラブルなので、無償での修理や交換は
 不可能と思われます。

一般的に「妥当な対応」であるのに、無理に「裁判等」の手段を用いることは、
相手から損害賠償請求(業務妨害・名誉毀損もありうる)を起こされる可能性もあり、
100万円程度の損失では済みません。
法律の専門家との協議をお勧めします。
理屈の問題ではなく、「法の適用」の問題です。

補足・反論は不要です。
あなたには「筋目が無い」ので。

投稿日時 - 2009-06-13 10:19:02

ANo.1

法律家ではなく元パソコン屋としてお話します。
この場合マイクロソフトはまったくのノータッチになります。
理由はOEM販売したOSは販売元が全責任をとると言うことになっており、その為のサポートを一切除外した契約になっているためです。
その為、市販品とは考えられないくらい安いOSをメーカーは提供されるわけです。
唯一マイクロソフトが責任を取っていると思われる所は、アップデート関係しかないはずです。

マウスのほうは、裁判でといっているのであれば、裁判などに乗ることは無く、まず公開質問状などで揺さぶりをかけてみたり、直接本社に行き、販売時の契約約款を見せてもらいながら、説明を受けるのも手です。
通例とされていることであれば、OEMを知らないのはあなただけではないかもしれませんがまったく関係ないことと思います。
OEM版には購入したパソコン会社にサポートをと確り書いてあるわけですし。
場合によってはクレーム対応という形で同等品との交換もありえますが、基本的には1年保障ですのでそれも無理でしょう。
あなたの知識がないのであれば大手パソコンメーカーを選ぶべきですし、リスキーな少数メーカーを選ぶのは価格に出ていることかもしれません。
基本的には、自分で何とかなると思っている方が買うようなメーカーですので・・・

投稿日時 - 2009-06-13 08:35:32

あなたにオススメの質問