こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

このゲームをするには、どんな設備投資が必要?

今度、これまでPS3・XBoxでしかできなかったゲームのWin版が発売されることになりました。
今さらゲーム機を買おうとは思いませんが、PCでできるなら、ちょっと買ってみようかな、と思っています。

私は、普段ゲームはしないので気にしてみたことがなかったのですが、読み飛ばしていた推奨スペックをよくよく調べてみると、私のPCではビデオカードというものが搭載されていないため、3Dの処理ができないようだということが分かりました。

私のPCは、富士通のFMV CE70R7で、
CPUはPentium4 2.93GHz、メモリは2GBなので、
必須環境:Pentium4 2.0GHz以上・メモリ1GB以上
推奨環境:Intel Core2 Duo 2.0GHz以上・メモリ2GB以上
は満たしていると思うのですが、
ビデオカード(チップ?)がIntel(R) 82915G/GV/910GL Express Chipset
というもののようで、目的とするゲームの
必須環境:NVIDIA GeForce6600以上・ATI Radeon(TM) X1600以上・VRAM 256MB以上
推奨環境:NVIDIA GeForce8800以上・ATI Radeon(TM) X1900以上・VRAM 512MB以上
と比較して、調べた限りでは『全然足りてない』という状況のようです。

このゲームは、一瞬の入力が勝負のものなので、画像の処理が間に合わずカクカクなってしまっては致命的で、確実に滑らかに画像表示してもらう必要があります。
そのため、必須環境ではきっちり処理できるか微妙なラインである場合は、ある程度余裕を見たスペックに上げておく必要があると思います。

私のPCを、このゲームに対応できるようにするためには、どのような設備投資が必要なのでしょうか?
(その前に、可能なのでしょうか?)
費用は、幾らくらい必要でしょうか?7,000~8,000円を超えるようなら、諦めようと考えています。

投稿日時 - 2009-05-19 17:39:21

QNo.4972453

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

RADEON 愛用者です。
http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0512/deskpower/ce/method/index.html
FMV CE70R7
http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0512/deskpower/ce/size/index.html
これに寄ると富士通専用コネクタでは無く、D-sub15ピン(RGB)接続の
様です。
http://buffalo.jp/search/pcnew/index.php?id=51630&category[]=2&category[]=1&category[]=5&category[]=9&type[]=&form_name=maker&action_index_detail=true
こちらの対応表に寄ると↓これが使用可能な様です。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/gx-hd2400_p256/
こちらのメーカに寄ると軽めのゲームもプレイ可能との事なので、
やって見ても良いと思います。
http://kakaku.com/item/05504016183/

投稿日時 - 2009-05-19 20:56:40

お礼

いろいろ調べて頂いて、ありがとうございました。
中程度のグレードのメーカー製PCでは、事実上対応は不可能のようですね。
一か八か(しかも、玉砕の可能性の方が高い状況)で1万5千円もの投資をすることはできないので、今回は諦めることにします。

投稿日時 - 2009-05-20 09:18:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

PCゲームは家庭用ゲームとは違い、新旧いろいろな世代のゲームが混在してます。
ゲームタイトルによって遊べる遊べない(動作するしない)、遊べても快適かカクカクかの違いが出ます。
OSが合っているから遊べるとは一概に言えません。

PCの性能が上がっても、ゲームの要求性能も上がっていきますので
「最新の重いゲーム」は大手メーカー製PCではいつまでたっても遊べないでしょうね。

>数万円程度のビデオカードなるものを増設すれば~
ニーズが違えば設計も違うわけです。
大手メーカー製の一般向けPCは拡張性より見た目や省スペースを重視します。
サポートが大変になるというのもありますし、パーツを増設する人は最初から相手にしてないんです。
拡張性の高いPCを買っておけば7,8千円のビデオカード増設でも遊べる可能性はあったんですけどね。

投稿日時 - 2009-05-20 21:57:09

ANo.7

>私としては、普通の価格だが3DゲームしかできないPCも、3Dゲームもできるが高価なPCも興味がありませんので、
今後、普通にメーカー製PCを買えば普通に3Dゲームができるようになるまでは、3Dゲームには手を出さないようにしようと思います

来ないと思いますよ。
むしろカスタマイズされた10万程度のBTOや自作PCであれば、
ソフトさえ揃えばメーカーPCで出来る事はほぼすべてカバー出来ると言えます。
慣れてしまえば大半がフリーソフトで代用出来ますし、拡張性も高い。

メーカーのメリットはサポートくらいでしょう。
トラブルや故障に対処できるだけの知識と経験がある人にとっては
メーカーPCのメリットは無いに等しいです。
逆に言えばそういった知識や経験を自ら得ようという意思の無い人は
使う限りサポートに対価を払い続けることになると。
HDD1つ壊れただけでも頼めば費用は数倍ですしね。

投稿日時 - 2009-05-20 17:07:17

ANo.6

> ゲーム名が分かったところで、私が挙げた以上に何か判断材料が得られるのですか?

実際のプレイでは、ゲームの公式サイトに載っている動作環境よりは、
ずっと高性能なパーツ環境が必要なゲームが事実多くあります。

例えば、メモリー 1GB としているところ、実際は 2GB が望ましかったり、
動作環境に記されているグラフィックボードではなくて、
より上位性能のグラフィックボードを搭載しなければ、
快適なゲームプレイが望めなかったりします。
ゲームタイトルが正しく記されていれば、そういったことまで知ることができます。

敢えて、ゲームタイトルを隠したい意図が不明ですが、
情報はより多い方がより多くの方から適切な回答を得やすいです。

投稿日時 - 2009-05-20 15:53:40

補足

 

投稿日時 - 2009-05-20 16:24:01

お礼

 

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

ANo.5

>普通の価格だが3DゲームしかできないPCも、3Dゲームもできるが高価なPCも興味がありません

「しかできない」の基準がどこにあるのか今ひとつわかりませんが…
自分の使うソフトさえパッケージで持っているなら、(パッケージ版のソフトは旧PCから削除すれば新PCで使える物がほとんどと思うので)「普通の価格」の機種を買ってそっくり移行すれば良さそうな気がしますが。
プリインストールソフト以外入れられないなんてPCは聞いたことがないですし。

>今後、普通にメーカー製PCを買えば~
「メーカー製PC」というのは「PCでゲームをする人はほとんどいないだろう→グラフィック面の拡張性を省いてコストダウンしても怒る人なんていないよね。拡張性がないことは仕様表に書いてあるわけだし、それより家計簿とかの家庭向けソフトを詰め込んだり、スリムな筐体にしてデザイン性を優先した方が受けは良いだろうから…」と言う発想で、言ってみればわざわざ「3Dゲームができない」ように設計して販売されています。

で、世の中の3Dゲームというのはその時々で存在する上位クラスのグラフィックカードを目安に、少なくとも中堅クラスの物は装備されているという前提で開発される物がほとんどです。
メーカー機でグラフィックをどうにもできない物は「チップセット内蔵」のグラフィック機能を使うことになるわけですが、いくら近年この分野の性能向上が著しいとはいえあくまで内蔵のおまけ機能、別途専用に装備されるハードウェアには及びも付きません。

つまり、「内蔵グラフィックで今ある3Dゲームが快適に動く」ようになる頃には「もっと美麗なグラフィックをその時点での中堅クラス以上な独立型のグラフィックカードで動かす」3Dゲームが主流になっていると想像され、結果として「今後、普通にメーカー製PCを買えば普通に3Dゲームができるようになる」時代は永遠に来ないことはほぼ確実かと思います。

#今取り組まれている「GPUを汎用コンピューティングに使う」用途がもっと開発されたとしても、メーカー機で独立グラフィック積んでくるのなんて「動画編集が超快適!」を謳う上級機(下手をすると最上級機)だけでしょうし。

投稿日時 - 2009-05-20 13:16:23

ANo.4

> PS3・XBoxでしかできなかったゲームのWin版

どうやらストリートファイターIVのようですね。
http://www.capcom.co.jp/sf4/pc.html

大前提として、PCIスロットしかなくグラフィックチップの必須環境が辛うじて満たせるという状況です。
しかもPCIスロットはAGPやPCI-Expressと比べて著しく速度が遅いのに加え、通信路をPCIに繋がっているもの全てで共有するため更に低速になります。
その辺を加味して考えると、「必須環境を満たすことは数字の上では不可能ではないが、実際にゲームにはならないだろう」というのが私の結論です。
#1/#2同様、私も本体の買い替えしか手はないと思います。

投稿日時 - 2009-05-19 22:05:19

お礼

なるほど。

私としては、昨今流行の3Dゲームは、中程度のグレードのメーカー製PCそのままではさすがに苦しいものの、数万円程度のビデオカードなるものを増設すれば普通に楽しめるようになるものだと思っていました。
ちょうど、標準仕様の512MBのメモリでは画像編集には能力不足でも、そのPCの最大メモリに換装すればサクサク動くようになるような感覚で。

しかしながら、頂いた回答を読んで改めて調べてみるに、3DゲームをすることができるPCは、自作をはじめとする3Dゲームに目的を特化したカスタム機か、メーカー製なら3Dゲーム対応を売りにしたほんの一部のハイエンド機に限られるようですね。
あれもこれも削って10万円を切るような廉価PCならまだしも、一般的なビジネス・家庭用途を一通りこなす25万円前後の『上の下』クラスのPCでさえ、用途を特化してお金をかけている3Dゲームユーザーにとっては「ヘボPC」になってしまうようで、私のような一般ユーザーにはとても超える気すら起きない敷居の存在を認識できました。
このサイトで「3Dゲーム用のPCを買う」という質問を見て、何と愚かな、と感じていましたが、PCで3Dゲームをするというのは並大抵のことではなく、ごく一般的なビジネス・家庭用のPCにちょっと手を加えてするようなものではないのですね。

私としては、普通の価格だが3DゲームしかできないPCも、3Dゲームもできるが高価なPCも興味がありませんので、
今後、普通にメーカー製PCを買えば普通に3Dゲームができるようになるまでは、3Dゲームには手を出さないようにしようと思います。

投稿日時 - 2009-05-20 09:52:07

ANo.2

> 富士通のFMV CE70R7で

TV 視聴を売りにした省スペース優先の小型パソコンです。
元々、3Dゲームをプレイすることを考えて作られていません。
そのため、ゲームプレイに必須のグラフィックボードが省かれている機種です。

そして、そのグラフィックボードを搭載したくとも、
省スペースの作りと廉価グレードのチップセットが搭載されていることが原因で、
グラフィックボードを設置するための専用スロットが省かれています。
汎用の PCI スロットは備わっていますが、決してゲーム向けではありません。

しかし、低性能には我慢をして、
PCI スロット用のグラフィックボードを搭載すると決めたとしても、
今度は、今のディスプレイが富士通専用の 30pin 端子接続のため、
一般的なグラフィックボードはその規格の端子を備えていないことから、
ディスプレイ自体も改めて購入することが必須です。

よって、幾らお金を掛けてもそれに見合うパフォーマンスは得られませんので、
今は我慢して、お金を貯めた後、
ゲームプレイが出来るように作られたパソコンへ買い換える方が賢明です。

> このゲームに対応できるようにするためには

「このゲーム」とは「どのゲーム」でしょう。
略称ではない詳細な名称を記して下さい。
動作環境についての情報の一部抜粋では分かり難いです。

しかし、先に記しました通り、
ゲームタイトルに限らず改善のやりようがありません。

投稿日時 - 2009-05-19 18:51:49

補足

ゲーム名が分かったところで、私が挙げた以上に何か判断材料が得られるのですか?

投稿日時 - 2009-05-20 09:11:26

ANo.1

不可能です。
増設用のスロットも無いですし。
メーカー製の上にスリムですからダメ押しです。
買い替え以外は無いですね。

投稿日時 - 2009-05-19 17:45:21

あなたにオススメの質問