こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業者の車の購入と帳簿のつけ方

白色申告(簿記よくわからないので)の個人事業者です。仕事をはじめて今までは自家用車を使用していたので経費にのせてませんでしたが(無知なもので)、近々車を(ほぼ100%仕事用)購入することになりました。今度はちゃんと経費としたいので教えてください!
1.購入する時の名義等は個人名ではなく屋号でないとダメでしょうか?
2.車200万、諸費用20万、消費税10万で現金80万で残高を5年ローンで買った場合は、どのように計上できるのでしょうか?
今までの質問では高度で理解できなかった為、新たに質問させていただきました。初心者の私に簡単に教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-03-10 23:54:49

QNo.494764

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

車  2000000円
諸費用 200000円
消費税 100000円
合計  2300000円

#1さんのとおり減価償却資産となります。
計算方法は
取得価格 2,300,000円
償却基礎 2,070,000円(90%)
耐用年数     4年
償却率     0.25(1/4)
本年償却期間 12/12ヶ月(購入月により変わる)
■償却費  517,500円←本年の経費(本年1月に購入した場合
)

1年目 517,500円
2年目 517,500円
3年目 517,500円
4年目 517,500円
5年目 115,000円(償却限度は取得価格の5%まで)
となります。
↑年末に処理します。


帳簿は
購入時

車両運搬具2,300,000/現 金  800,000
           未払金 1,500,000

年払の場合…(例)
未払金  300,000/現 金 310,000
支払利息  10,000/

白色申告の場合はどうなるのでしょう?

投稿日時 - 2003-03-11 12:10:00

お礼

具体的な数字での表示ありがとうございました。
わかりやすくて助かります。
こんなに経費にできるんですね!
知らないことは損することなんだーと思いました。
ありがとうございます。_(__)_

投稿日時 - 2003-03-18 09:29:58

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

#2の方の計算により減価償却費を計算することになりますが、これは白色・青色共に同じです。

また、未払金を支払った際に発生する利息は、個人経営の場合は利子割引料という科目を使用します。

以上#1#2の補足でした

投稿日時 - 2003-03-11 13:18:48

ANo.1

1.購入する時の名義等は個人名ではなく屋号でないとダメでしょうか?

屋号でなくても大丈夫です

2.車200万、諸費用20万、消費税10万で現金80万で残高を5年ローンで買った場合は、どのように計上できるのでしょうか?

どのように帳簿を記帳するのかがわかりませんが、車の購入代金230万円(車両200万、諸経費20万、消費税10万)は単年度で経費になりません。
10万円以上の車両や備品などは減価償却資産として取扱ます。この場合230万円の車両は、4年の償却期間(4年間に亘って経費に入れる)として、取得価格の90%を基礎金額として、償却方法は定額法(毎年同じ金額を経費にする方法)または定率法(はじめの年は経費としての金額が多く、年々減少していく計算方法)のいずれかを採用することが多いです。白色収支内訳書の裏面に計算表がありますので説明書と併せてよく読んで理解する必要があります。
また、ローンで購入した場合、利息は利子割引料という経費にしますが、支払代金は経費ではありません。(勘違いする人が多いので)

投稿日時 - 2003-03-11 09:01:17

お礼

早々のご回答ありがとうございます。
個人名でよいのですね!
記帳がんばります_(__)_

投稿日時 - 2003-03-18 09:28:23

あなたにオススメの質問