こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夫の生命保険の更新時期が近づき、悩んでいます。

夫(42歳)の生命保険の更新時期があと約2年後となり、
私としては、死亡保障を減額して更新すればいいかな
と思っていたのですが、生保の担当者から転換を勧められています。
わかる範囲で詳しく書きますので、
考えられるメリット、デメリットを教えてください。

現在の契約
主契約
 5年ごと利差配当付更新型終身移行保険
  1650万+500万×5年間
  (生存給付金22万)
特約 
 5年ごと利差配当付特定疾病保障定期特約 200万
 5年ごと利差配当付障害保障特約 100万
 無配当災害入院特約 100万
 無配当疾病特約 日額5千円
 無配当成人病特約 日額5千円
 無配当特定損傷特約 5万円
 リビングニーズ、保険料払込免除特約
10年ごと更新 払込満了74歳(終身保障 約194万)

このまま更新すると24,887円で、保険料が高くなるので
主契約を1千万+200万×5年間位にして、
特約部分も多少の見直しを考えています。
住宅ローンの団信に加入、
学資保険も総額260万ほど加入しているので、
死亡保障をこのように減らしてもいいと考えています。

転換で勧められている中で、一番良さそうなのは下記のものです。

主契約
 5年ごと配当付終身保障 200万
 (払込満了は80歳)
特約
 5年ごと配当付定期保険特約 500万+330万×5年間
 5年ごと配当付特定疾病保障定期特約 200万
 5年ごと配当付障害保障特約 100万
 新入院特約 日額1万円
 特定損傷特約 5万円
 入院時保険料相当額給付特約 21,000円
 リビングニーズ、保険料払込免除特約

転換を勧められている保険の保険料は18,546円です。

主契約の予定利率が、今、入っているものは2.15%で、転換後のものは1.65%になるようです。

また、今の保険は『利差配当付』とありますが、新しいものは『配当付』です。違いがあるのでしょうか。
保険会社の担当者では利害が絡むので、なかなか本音は聞けません。
アドバイスをお願いします。 

投稿日時 - 2009-04-15 16:50:00

QNo.4881609

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

現在の保険は定期付終身保険ではないと思います。アカウント型と呼ばれる積立部分のお金(たまったお金で満期時に終身保険を買う…当然高齢になっているので割高な終身は少ししか購入できない)と掛け捨ての特約部分の構成になっていると思います。更新して74歳まで支払?
トータルの支払金額を保険会社に確認してください。払えますか?
私は払えないと思います。
提案された保険は前の保険を下取り(たまったお金で当面10年間の保険料を割り引く)物と思われます。やはりトータルの支払金額を確認してください。払えますか?私は払えないと思います。
おそらく保険の担当者はその時は減額して保険料を見直しましょうと提案されると思います。

両者2つの保険の保障は手厚いので、「働き盛りには大きな保障」となりますが、所定の日時までに死亡しないと(例 高額保障は○●歳で終了)支払金が無駄になります。その時期に運悪く?運良く?ガン、脳卒中にでもなれば本人、家族は更なる悩みに直面します。
精神的にも保険は終身保険のみに1本加入し、不足する部分は別の掛け捨ての定期保険やさらに安い「毎年保障金額が一定に減っていくタイプの定期保険」に加入される方が一般論として、本人も家族も負担が少なく幸せだと思います。

投稿日時 - 2009-04-16 16:41:55

お礼

ご意見ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
今後の保険料が上がっていくことはわかっているので、
それでこのままでいいのかと思い始めたのです。
今回色々調べ始めて
逓減保険や収入保障のタイプなど
保険にも色んな種類があることを
今更ですが知りました。
考えてみたら、「近いうちに何かある」確率より
もう少し歳をとってからの方が
「何かある」確率が高くなるんですよね。
もう少し先を見据えて考えてみます。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-17 15:26:09

ANo.1

最も基本的な部分が抜けているような気がします。
それは、
「どのような保障が必要なのか」というニーズと
「どのような保険に契約したいのか」という希望。

どのような保障が必要なのか……
死亡保障を考えるときには、ライフプランとキャッシュフロー表を作ることが基本です。
ライフプランとは、これらこの人生の予定表です。
お子様の進学時期、ローンが終わる時、定年退職の時期……これらは、すでに決まっていることです。
次に、ライフプランに基いて、キャッシュフロー表を作成します。
キャッシュフロー表とは、今後30年間、40年間……の毎年の収支、累計の収支を一覧表にしたもので、色々なシミュレーションに使うので、EXCELなどの表計算ソフトを使って作成すると便利です。
夫様に万一があったとき、遺族の生活はどうなるのか……
キャッシュフロー表で、夫様の収入を遺族年金に、住宅ローンをゼロに、定年退職金を死亡退職金として計上、葬儀代を計上、生活費から夫様の分を引く、学資保険に育英年金の保障が付いていればそれを計上……などの操作をすれば遺族の方のシミュレーションとなります。
このときのマイナスを補う方法の一つが、死亡保険です。
このシミュレーションなくして、どんな保険が良いのか、考えても無駄です。

医療保障と死亡保障は、目的の異なる保障ですから、別々の保険にするのが基本です。
今回の件でも、もしも、質問者様が何らかの病気で、医療保険に契約できない状態だった場合、今の医療保険(特約)を手放すわけにはいかないので、主契約の見直しもできないことになります。
このようなことが起きないようにするために、別々の保険にしておくべきです。

転換するべきかどうかを考える前に、どんな保障が必要なのか、今の保険ではどこが過不足なのか、どこが問題なのか……
それを明らかにしてから、どうするべきなのか、ということを考えてください。
更新までにはまだ2年あります。
つまり、時間はたっぷりとありますから、焦る必要は全くありません。

投稿日時 - 2009-04-16 10:35:25

お礼

ご意見ありがとうございます。
キャッシュフロー表を自分で作るのは、私にはちょっと難しそうです。
やはりFPの方とか、専門家に相談しないといけませんね。
今まではどちらかというと
「何が必要か」より、「いくら保険料を払えるか」を重視して
それに合わせて保険を考えているような感じでした。
結局、保険の外交員さん主導だったわけです。
真剣に生活設計を考えるいい機会になりそうです。
アドバイス、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-17 15:16:34

あなたにオススメの質問