こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小学校英語教育の英語以外のメリットは?

小学校英語教育の是非を問うものではありません。
デメリットのコメントはご遠慮願います。


小学校英語教育によって他の教科や生活面に与えるメリットがきっとあると思うのですが、皆さんはどうお考えですか?
例えば、日本語と違う音に触れることによって逆に日本語を注意深く聞くようになるとか・・・
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2009-04-03 22:15:24

QNo.4850476

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

初めに断っておきますが、デメリットを言うつもりはありません。

英語に限りませんが、学校で習うことにはすべて、他の教科や生活面に与えるメリットがあると信じています。ただし、それは多くの児童にとって、小学校のうちから気づけるものではないと思うんです。むしろ、将来、メリットを享受できるように、今はわけがわからなくても小学校のうちに基礎を学んでおく、それが小学校教育のメリットだと私は常々感じているんです。

現に私は小2を目前に渡米して、自然と英語を身につけ、一方で現地の日本人学校に通ったり、帰国後に日本の小学校に通いましたが、当時、英語ができるメリットは全く感じていませんでした。むしろ、デメリットに感じていました。

しかし、幼いうちに自然に英語に親しんだため、中学以降の英語を効率よく学べましたし、いわゆる英語アレルギーを味わわずに済んでいます。大人になってからは、外国語や外国文化を知ったからこそ培った価値観や思考回路を仕事や生活に活用しています。

小学校英語教育が、英語に無理なく馴染むための良い導入部になれば理想的だと私は思っています。ただし、それには、英語教育の取り入れ方を工夫する必要があると感じますし、小学校英語教育を受けた世代が高校や大学で成果を見せないからといって、それだけを理由に辞めたら、ゆとり教育の二の舞です。

投稿日時 - 2009-04-04 13:33:28

お礼

本来は一つの教科で一つの分野しか学ぶということは無いですねよ。
教師が理解しているか、教えられるかは別として。

英語教育が中学校の前倒しでないことを願っています。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-05 06:39:34

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

私は英語を学んでから他国や他民族のことにすごく関心を持つようになりました。
発言ひとつとっても差別がないか・不公平でないか・ステレオタイプでないか
ということひとつひとつに気をつけ日々心がけるようになりました。
と同時に、日本や日本人としての自分はどうなのかということにも
注意が向くようになりました。
ですから、子供たちにも英語学習を通して異なる文化に触れ、
他国や他民族を尊重・尊敬・理解・協調できるような大人になってほしいと思います。

投稿日時 - 2009-04-04 13:29:05

ANo.1

アメリカに大学留学してました。また、今も仕事で「英語」を使っております。

私は、アメリカから帰国後、現在に至るまで「日本人」に対して、持っているわだかまりがあります。

あまりにも「世界を知らない」という事です。だから、外国人との「付き合い」も『日本人的』な部分を前面に押し出すだけで、いつも後手に回ってます。

小学生から「英語」に触れた場合、幼い頃から「外国」というものを意識出来るのではないかと思います。文化や民族性など、その後に進学した際に、生きてくるのではないかと感じます。

英語って、「科目」では無く「言語」ですから。本来「不得手」は存在しないと思うのですが、そういう人がいますよね。

そんな事も、小学生の内から接すれば、無くなると思うのです。

投稿日時 - 2009-04-04 00:31:04

お礼

英語を学ぶというよりも外国を感じるということですよね。
確かに今の日本人は世界(世間)を知らないと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-05 06:43:45

あなたにオススメの質問