こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校1年生の英語

私は来月に高校1年生になります。

高校生の英語の勉強方法についての質問です。

中学のときは英語用のたくさん線が入ったノートを使っていたんですけど、高校からは大学ノートでも大丈夫ですか?

あと、最初の授業でもノートに本文と訳書いたりとか予習はして行った方がいいですよね。

それと出来たら授業の受け方のポイントとかあれば教えてください。

回答お願いします。

投稿日時 - 2009-03-31 21:26:52

QNo.4842448

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

私は無地のノートを使っています。

>あと、最初の授業でもノートに本文と訳書いたりとか予習はして行った方がいいですよね。
高校の英語は分量が増えるので一々そんなことをしていたら大変ですよ。予習をするとしたら、特に文法を抑えておくといいですよ。

投稿日時 - 2009-04-01 10:52:07

お礼

ありがとうございます。
文法中心に勉強していきます。

投稿日時 - 2009-04-01 13:31:02

ANo.6

ノートは自由でよいと思いますよ。特に指定がなければ。

予習のやり方について、好みもあると思いますが、

・予習は、教科書に覚えさせる:
 教科書の本文から線を引っ張って、余白に調べたことをガンガン書き込む。
 →授業中、先生の質問に答えるとき便利です。
 完璧な訳は用意しない方がよい。
 →指されたときの緊張感の中で、その場で訳す方が身につきます。

・授業の内容は、ノートに覚えさせる:
 教科書の何ページについての授業かを書き込んだ上で、ノートに記録していく。 →試験勉強のときに便利です。

・予習でも復習でも、音読は必須:
 Oral practiceになりますので、声を出して読みましょう。
 →発音をしっかり調べる習慣もつきます。難しい単語や新しい言葉には、アクセントや発音記号を調べて、教科書に書き込んでおくと、授業中便利。

などなど。

自分のパターンを確立するとよいでしょう。

投稿日時 - 2009-03-31 22:18:52

お礼

詳しく書いてくれてありがとうございます。
すごく納得できました。
色々試してみて自分にあった方法を見つけたいと思います。

投稿日時 - 2009-04-01 13:34:06

ANo.5

大学ノートで構いません。というか高校で英語用のノートを使っている人を見たことがないですね。

1年の頃は全文写して全文訳を書いていましたが(先生が強制する場合もあります)慣れてくると時間の無駄なのでコピーして、授業前に一通り読んで(訳は書かず)授業を受けていました。訳は当てられたらその場でやっていました。
というのは3年にもなると量も増えてひとつの英文に時間をかけられなくなり、入試も考えると現実的ではなかったからですね。
ただ1年の頃は時間もありますからしっかりやるべきでしょう。上のようなやり方は基礎力があってこそ成り立つものだと思います。

受け方のポイントですが、これは先生に合わせたやり方が必要なので一概には言えません。
英語は授業そのものよりも予習が大事です。予習の際に訳がわからないとか文法的に解釈できないとか言う所をチェックしておきましょう。授業ではそこを理解できるようにして下さい。極論すればそこ以外は聞かなくても、ってくらいですが。まぁ1年の間は中学英語とのギャップがあると思うのでしっかりやりましょう。

単なる経験談ですになりましたが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2009-03-31 22:16:52

お礼

回答ありがとうございます。
1年の間は基礎を固めたり中学との違いになれるよう頑張りますね。

投稿日時 - 2009-04-01 13:39:42

ANo.4

Kit-Cut-100 です。 貴方の質問の授業の受け方のポイントですが、ポイントがあります。 それは疑問点は残さないことです。 授業でわからないことがあったけれども、それをそのままにしないことです。 できれば授業中にその疑問点を解決します。もしそれが不可能であれば放課後先生に質問に行く、または自分で調べる、または、次回の授業で聞く等の方法により決して疑問点は残さないことです。
これが授業を受けるときの最大のポイントです。

投稿日時 - 2009-03-31 21:56:56

お礼

ありがとうございます。
絶対に疑問点は残さないようにします。
先生にも積極的に聞くようにしますね。

投稿日時 - 2009-04-01 13:41:28

ANo.3

大学ノートで全然OKです

予習はー学校の先生の授業のスタイルがあるから
へたにしないかも。。

投稿日時 - 2009-03-31 21:53:46

お礼

回答ありがとうございます。
じゃあ大学ノートにします!
最初の授業では一応本文を読んだりどんな文法が使われているのかはチェックして行きます。
どんな予習がいいのかは授業に慣れてからアレンジしていきますね。

投稿日時 - 2009-04-01 13:45:51

ANo.2

小学校, 中学校、高校、大学、大学院と学校の種類がかわれば自ずと授業の
受け方も変わります。 小学校では先生のいうことをただしていましたが、だんだんと自主性が要求されます。 まだ高校の授業をうけたことがないのですから
そんなに心配することはありません。高校での授業の受け方は高校の先生が
まず最初に教えてくれます。 高校の先生は、中学を卒業した生徒を教えています。つまり高校の授業の受け方を知らない人をまず相手にするということです。
ですから高校での授業の受け方を教えるのは高校の先生のまず最初の仕事です。 貴方の質問は貴方が高校にはじめていったときに高校の先生が説明します。心配しないでください。
ただ事前にお知りになりたいなら、回答します。 高校では、ノートの種類など関係しません。 線の入ったノートは 英文字を綺麗に書くための便宜のためのノートです。それはもう必要ありません。 世間一般の英語の書類など線のはいっった紙を使った書き物を見たことはないと思います。
予習は必要です。これは高校でも大学でもどもでも必要です。たとえ先生が不要といっても予習は授業の効果を高めますので必要です。

高校では中学以上に自主性が要求されます。 つまり授業にでること授業を受けること自体が目的でなく、授業で教えてもらうことを理解することが目的です。
そのために予習もしますし復習もします。 自分がどれだけ授業が理解できるかがポイントです。 授業を受けるとのポイントではなくいかに内容を理解できるか
知識を増やせるかをポイントに、「予習、授業、復習」を総合的に生かしてください。 授業だけではなく「予習、授業、復習」や自分自身の個別の勉強を通じての
英語力強化を図るとの視点で考えてください。

投稿日時 - 2009-03-31 21:52:33

お礼

ありがとうございます。
すごく参考になりました!
最初に説明があるなら安心です。
英語が得意になれるように頑張ります。

投稿日時 - 2009-04-01 13:50:52

ANo.1

普通は大学ノートで大丈夫です。

おそらく授業の詳細について初めに説明があるはずです。
そこでノートについても言われるかもしれません。
予習についても言われると思います。

授業の受け方ですが、最初が勝負です。
学校にもよりますが中学の授業速度よりはるかにはやく量が多いです。

リーディング、リスニング、文法の授業があり、プラスアルファ単語を各自覚えると思います。

とりあえず、まずは先生に言われたことをきっちりすることが一番のポイントだと思います。あなたが大学受験するとき必ず役に立ちますし勉強の土台ができあがりますから。

長くなりましたが、はじめは高校になれるのに時間がかかると思います。とりあえず先生にいわれたことを従ってみましょう。
なれたら自分で授業の受け方がわかるはずです。

投稿日時 - 2009-03-31 21:50:45

お礼

やっぱり中学とはぜんぜん違うんですね、とりあえずは先生に言われたことはちゃんとやってから自分のやり方を見つけます。
とても分かりやすくて参考になりました!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-01 13:53:39

あなたにオススメの質問