こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ構図に対して興味を持たないのですか?

先日、東京で開かれたフォトイメージングエキスポを観てきました。あるブースで「構図を知れば写真が面白くなる」というセミナーをやっていたので、立ち止まり観ていました。
ディスプレイに様々な写真が表れて、講師が構図中心に開設していきました。僕は構図の話が大好きです。というよりもマニュアルに書いてあることが大好きです。

「他人と同じことをしたくない」「他人と違うことをやりたい」という人が世の中にいますが、僕には全く理解できませんし、そんな生き方をしたくはありません。
むしろ、廻りにいる優秀な人の行動をコピーして自分の能力を高めたいと考えています(学ぶと言う言葉は真似るからきているそうです)。だからマニュアルも大好きです。
「個性的だね」と言われるよりも「基本を抑えているね」「よく勉強しているね」と言われたい。

さて僕が多く撮影しているのはポートレートです。マニュアルも沢山読みました。書いてあることは大体決まっていて、機材の説明、ライティング、ポージング、カメラアングル、それから構図です。
僕はこれらを守ってマニュアル通りに撮影することを心がけています。

ところがある時知り合いのカメラマンに言われました。
「そんなに構図の話をしたがるのは貴方だけだよ」
言われてみれば、ポートレート撮影をしているカメラマンは大勢知っているけど、構図の話はほとんどしないし、構図重視で撮影しているカメラマンもほとんど知らない。
それで質問させてください。

1.マニュアルに書いてあることなのに、何故カメラマン達は構図に興味を持たないのでしょうか?

2.カメラマン達が興味を持たないことなのに、構図について必ずマニュアルに書いてあるのは何故なのか?

投稿日時 - 2009-03-31 21:23:50

QNo.4842440

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私は写真はほとんど撮りませんが,思うことがあったので回答いたします.
「質問者さんのポートレート」と「大勢のアマチュアカメラマンのポートレート」は違う物だと思います.
大勢のアマチュアカメラマンのポートレートは“ポートレート風スナップ”であり,だからこそ綺麗な構図に拘ろうとしていないのだと思います.みんながみんな,今回はスナップ,今回はポートレート,と切り替えて撮っているわけではなく,多くの人はやはり撮影会等でさえ記録写真であったりスナップに近くなるんだろと思います.
それは人それぞれの写真への取り組み方なので,ポートレートを撮る時はスナップみたいにするな,とは誰もいえませんし,スナップとポートレートを完全に区別する必要もないと思います.(必要なないと思いますが,区別された写真はやはりそれぞれ美しいと思いますけどね)
なので興味がないわけではなく,その知識等を完全に実行しようと思ってないのだと思います.
マニュアルは,人がスナップとは完全に区別されたポートレートを撮ろうと思ったときのために,基本を学ぶために書かれてるのだと思います.ただ大勢の人の撮る写真は,ポートレート風スナップなのではないかと思ってます.
写真は観るのが専門ですので,的外れな答えかもしれません.

投稿日時 - 2009-04-03 18:13:59

お礼

これは大変参考になる回答です。これで今までの疑問が解けました。

写真コンテストでは「ポートレート部門」と「スナップ部門」は明確に別れていることが多いです。
そして写真の撮り方は明らかに違います。
実は僕が初めてコンテストで入賞したのはスナップでした。
高校生の時のサッカー部の試合で、先輩と彼女が寄り添って歩いている雰囲気が素敵だから撮影して、先輩の許可を取ってCAPAに投稿したのが入選したのです。
(先輩は良い思い出になると喜んでくれました)

スナップにはスナップの良さがあるとは思いますが、ポートレートとは別物だと考えています。
ポートレートのマニュアルを読んでも、カメラマンの意図を反映させようとしています。
例えるならば映画の世界ですね。監督の指示に従って俳優は当然演技をする。
ポートレートならカメラマンが監督の役割でモデルに指示を出します。
以前参加したことがあるプロカメラマンが講師を務める撮影会(ポートレート講座)で、講師がモデルに色々と指示を出していたのが印象的でした。

だけど世間一般ではポートレートとスナップは区別されていないのかもしれません。
人物を撮っていればポートレートだと思われているのかもしれませんね。

これで13番の回答に対する疑問も解けました。

>電話で家族の無事を知ったアラブ系の男性の笑顔は私が今まで見たどんなポートレートよりもすばらしい物でしたよ。

なんでこの人は、ポートレートの話をしているときに、いきなりスナップの話を持ち込んできたのか?と凄く面食らったのです。
他の回答にしても、「スナップの楽しみ方」と考えれば、理解できないことはありません。
(ただし1番の回答は明らかに誤り、基本を知らなければ応用も生まれない)

これですっきりしました。

投稿日時 - 2009-04-06 06:52:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(26)

ANo.26

#15です。追記します。

質問者さんの書いたリンクではでませんが、撮影会でのモデル写真で、イベント会場での撮影画像ですね。
この場合には、ポートレートではなくスナップの範疇と思います。
背景として会場のブースを入れるので日の丸になっているので、別におかしくは無いでしょう。

ポートレートでも、背景を入れたい場合は日の丸になるので、「日の丸はだめ」とは一概には言えません。

投稿日時 - 2009-04-05 22:51:36

お礼

背景を入れるためという理由付けがあって、見た人がその意図を感じられるのなら問題はありません。

ただ撮影者の意図がなくて撮られているポートレートが多いので疑問に思いました。

>ポートレートではなくスナップの範疇と思います。

なるほど、そう言う捉え方もありますね。素晴らしい着想です。
僕は単純に、ポートレートを撮る撮影会のモデル紹介用画像だからポートレートなのだろうと解釈していました。

貴方の回答に出会えて良かったです。

投稿日時 - 2009-04-06 06:37:17

ANo.24

最近、このテの投稿に縁がありますが(笑)、

「基本」とか「マニュアル」を大切にされている方にしては
このサイトの基本的な遵守事項を守れないのはなぜでしょうか。
すっかりご質問者の嫌いな「個性的」になってるじゃないですか(笑)。

ここは議論や自己主張の場ではないはずですが。

そういったことをしたければ、もっと別の板がありますよ。

投稿日時 - 2009-04-03 15:00:22

お礼

25番の回答者の言うとおりだと思いますよ。

「ポートレート撮影」について質問してきた僕に対して、「スナップ撮影」に関する回答をしてきたから話がわかりにくくなったのです。

13番の回答なんて、
>電話で家族の無事を知ったアラブ系の男性の笑顔
ですからね。

コンテストがポートレート部門とスナップ部門に分かれているように、ポートレートとスナップは別物です。
スナップなら頭から木が生えてようが、日の丸構図だろうが構わないです。表情狙いだけ、雰囲気狙いだけのスナップ撮影ならポートレートのマニュアルは不要です。

投稿日時 - 2009-04-06 06:57:31

ANo.23

最後と、言いつつ…アマリに…なので、今回が最終です…
アナタは人とコミュニケーションがトレないヒトのようですネ。
私も、会社を経営シテますが、アナタの会社のスタッフはツライで
しょうネぇーーー(^^

スタッフの言葉尻を取って論点をズラす!のが得意なシャチョさんの
ヨウにお見受けしまス。

まじめに回答シテいる方々に失礼!!!だとは思いませんか?
ソノ自覚がナイなら、アナタの会社がどのヨウな業種か知りたくも
ナイですが、↓↓↓↓↓↓↓↓デスよ。

コノ質問を早く打ち切ルコト!がアナタのタメ!だと思いマスよ~!
恐らくポートレートでも、モデルとのコミュニケーションの一つも、
取レ無いヒトのヨウに感じルのは、私だけではナイ、と思いマスよ~
\(^_^)/

アナタへの人格攻撃ではナク、本心からの最後通牒デス。

投稿日時 - 2009-04-03 04:35:50

ANo.22

サイトの写真が下手すぎて、レベルが低すぎる見る気もしない下手すぎる写真で文句言ってもしかたないです。

あと
構図、構図と言うのなら
どのようような構図があるのか説明をしてください。

黄金分割以外に
全部で3種類あります
正解をしたらあなたは構図のことがよくわかっておられる。




マニュアル、マニュアル 構図、構図
確かに重要ですが

写真で怒鳴られたり、撮った写真のすべてを否定されたり
したことがない
実力がない人間が何を言おうとも
誰も聞く耳を持ちません。

これが
日本トップクラスの写真コンテストで入賞、NO1になった人
写真界で名前が売れている人が同じことを言う事とは
大きく違います。

まずは
会社で経営が成功していたとしても
写真での実力を持ちましょう。

投稿日時 - 2009-04-03 02:52:06

ANo.21

フォトショップがあるからですよ!(笑)

投稿日時 - 2009-04-03 02:38:15

お礼

回答ありがとうございます。

フォトショップがあるおかげで、随分助かっています。

投稿日時 - 2009-04-06 06:31:17

ANo.20

なかなか面白い言葉遊びですね

>質問者さんはプロと同じ事が出来るのが楽しいようですが、楽しくない人も居るという事です。人の楽しみは十人十色なので疑問でもなんでもないと思いますが・・・
結局これには反応なしですか?
そういう人が不思議に思うという質問だったのでそれに対して回答したのに「私の考えでは楽しいはずだからそれは答えじゃない」と言うのですか?実際に楽しくないと感じる人もたくさん居るのですが。

回答のところは流して、自分の考えで反論出来るところだけお礼の欄に書くのでしょうか?

投稿日時 - 2009-04-03 01:44:11

お礼

平日の昼間は僕も働いています。
勿論、生活の時間や趣味のためにも時間を必要です。
そんなに直ぐに回答できません。ニートじゃないのですから。

初めてキャッチボールをする人や何年もキャッチボールをしていない人はボールをわしづかみして投げます。
初めてピアノを弾く人は1本指で演奏します。
だけど趣味で野球やピアノ演奏をしている人は、そんなことはしません。趣味ならばマニュアルに近づけようと努力します。

ポートレートだけですよ。マニュアルを無視したがるのは。

投稿日時 - 2009-04-06 06:30:02

ANo.19

単純に「感性」で撮っているという風に解釈は出来ないのでしょうか?
基本として構図を考えるという事は大事だと思いますが、写真はそれだけじゃないと思います。
マニュアルに沿って撮影をして綺麗な写真を撮るのも表現手法の一つだと思いますし、構図をそこまで重視せずに雰囲気や表情を撮影するのも一つの手法だと思います。
あとは出来上がった写真を見た人がどう受け取るかです。
意図したように受け取ってもらえれば大成功ですし、そうでなければ失敗です。(これも撮影者の感じ方一つで変わりますが)
ただ、「正しい」や「間違い」では無いと思います。
「感性」は0か1かでは無いので、もう少し柔軟な考えを持たれても良いのでは?と私は思います。

投稿日時 - 2009-04-02 19:05:47

お礼

回答ありがとうございます。

>感性で撮っている

なるほど、大変興味深い回答が帰ってきました。こういうのを待っていました。

それでは下記サイトをご覧ください。
http://www.mittel-tokyo.jp/page006.html
上から32番目の右側、佐藤瑛見子さんの頭の上に絵が乗っていますね。頭の上に絵が乗ることによりモデルの表情や雰囲気が輝いて見えると解釈をしてカメラマンは撮影した。そして世間一般の多くの人が、「頭の上に絵が乗っていることでモデルの魅力が増した」と捉えるのでしょうか?

僕は絵画も好きです。
有名なモナリザの頭の上に絵が描いてあったら、誰も名作だとは思わないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-04-06 06:23:53

ANo.18

1.そういう人は、別にカメラに限らずその他の、練度の違いによって優劣の出るような、”努力が必要な技術”に関し、同じように基本だけではつまらない。という言葉を念仏のように唱える人たちです。なぜかアマチュア写真・絵かき等には多くこんな人がいます。
また、なぜこんな人が多く発生し自身の立場主張をその自分の世界の中で確立してるのかというと、
こうした写真や絵画等、芸術における客観的評価には観念的な要素が多く、文章によって伝えるには表現が難しい内容が多い為、
これはこうである~”なぜならば”
を伝達するにはあまりに曖昧で、的確に情報が伝わりにくいのをいいことに自身の勉強不足・センスの無さを「基本に忠実なのはつまらない。」という言葉で修飾し、そうしたスタイルを”ぶる”ことで虚栄心を満たすと共に自身を正当化してしまうのです。

よって、そんな”基本を顧みないどころか基本を碌に習得しようとしないのに口がでかい人”。
というのは例外なく”自意識過剰”で、そして”怠け者”です。

カメラ以外の例:漫画家志望とかイラストレーター志望
たしかにクラスの中ではちょっと絵が上手な人だった、そしていつまでも夢を語ってる。大人になるとニートやフリーアルバイターとして親の元でいつまでもくすぶってる。自分の好きな分野に対しやたらと態度がでかいが実は小心者、本質が怠け者なために絵を描くこと自体実際には月に3・4枚だったりする。漫画家志望なんて言ってもこの10年で完成できた漫画は1本あるかないかだったりする。

こんな人が多いです。(´・ω・`)y-~

そしてネットの中では態度がでかくなれる。
ほんとに何も知らないど素人に対し先生気分でやほーいできるため病みつき。
そんな自己主張を含んだ付け焼刃なテクニックや主張をウェブページやブログで手軽に書き込む。無論付け焼刃なだけに勘違いや恥ずかしい間違いもあるが、それに対しありがたがる変な人が増え出す。
これによってカメラやりだす人がそんなページを参考に第三者にまたちょっかいだす。
勘違いしやすい”間違い”が、正しいことだとして媒介され独り歩きしちゃったりする。実に迷惑。

例:デジタルズームはうそんこズーム。
光学ズームとデジタルズームではできる絵が違うんだ。
光学ズームでは広角でとれば近いものが”より大きく”遠いものが”より小さく”映る。デジタルズームはトリミングだから、”パースペクティブがおかしくなるんだ”。

などという恥ずかしい間違いが偉そうにネットに氾濫していたため数年前まで常識のように言われていた。
今でもこの恥ずかしい間違いをしてる人は多いが

1.の答えとして。
アマチュアカメラマン全てがそうだと言うのは失礼である。そんな興味を持たないというか適当なこと言って基本を理解しようとしない人は怠け者で虚栄心が強く自意識過剰な人だというだけである。

2.必要なことだから。


しかし、NO1であなたが返答で言う内容でも時として顔を大きく体のラインを足に向かうにつれ細く小さく映るパースを利用して顔を強調する。などは生かしたい効果としてそれを望むなら、それを否定する意味はありません。

投稿日時 - 2009-04-02 04:00:12

ANo.17

No.9デス。
>構図と雰囲気が対立する関係
誰もソンなコトはいてませんが…!撮影状況・スキルにより、撮影者
ソレゾレが好きに撮レばイイだけ!!!趣味の世界は「十人十色」
アナタが、構図に拘ルならソノ拘リを貫けばイイだけ!!

質問というコトで、他の回答者の方々も解決にナルような回答を
寄せてイルと思いマスが、回答者の言葉尻を取ってイチャモンをつけて
イルように感じルのは、私だけでしょうか?!

アナタは、構図マニュアル通りの写真を撮レレば満足でしょうから、
マニュアルに忠実な写真を目指すコトを目標に!ソレが一番イイと、
思いマス。他人の写真の欠点(アナタから見た)をカテに、ご自分の
理想のショットを追求シテくださいね。

私は、アナタのゲームに付き合う気がナイので、ココで降りさせて
モライます。

投稿日時 - 2009-04-02 03:55:28

補足

僕自身が多趣味だし、色々な趣味の人とつきあいがありますが、「趣味の世界は十人十色」というのが判りません。
小学生の時は地域の野球チームに入っていました。
僕を含め始めてキャッチボールをする人は、ボールをわしづかみして投げます。大人でも何年もキャッチボールをしていない人は同じ傾向があります。ところが経験を積む内にマニュアルに載っている「ボールの握り方」で投げるようになります。
ピアノを習っていました。習っている内にマニュアルに近い指使いで鍵盤を叩くようになります。1本指で鍵盤を叩く人はいません。
バンドをやっている友人(ギターなど)はマニュアルに近い指使いを普通にやっているし、オーディオに詳しい友人は電子工学などを自分で勉強していました。
将棋が趣味の人は定石本を読むし、料理が趣味の人も料理本を読んで真似します。
以上全て趣味の人です。たとえ趣味でも勉強してマニュアルに近づいていく、そしてマニュアルを覚えると応用力が付きます。
定石を知らないけど応用力があって将棋が強い人を僕は知りません。
基本のトラップが下手だけどパスセンスが素晴らしいというサッカー選手を僕は知りません。
マニュアルを知っているからこそ、応用力があるのです。

ところが僕が知る範囲の中ですが、色々な趣味の中で写真撮影だけが例外で、「写真が趣味」と良いながらマニュアルに興味を示さない人が多いのが不思議に思えました。

投稿日時 - 2009-04-06 06:13:53

お礼

>「趣味の世界は十人十色」

そうは言ってもキャッチボールの時に又の間からボールを投げたり、足の指でピアノを弾いたりしたら変でしょう。

趣味で野球をやっている人や趣味でピアノを弾いている人は、もっと真面目に取り組んでいます。
趣味の世界は十人十色だからマニュアルを無視しても構わないというのが理解できないので質問しているのです。

投稿日時 - 2009-04-06 06:17:33

ANo.16

No.13です。

微妙に勘違いされているようですが、記録としてカメラを使う場合も、その目的は撮った写真を見てもらうことです。
彼らが記録に徹するのは、本物の持つリアリティを伝えるためです。
そこで不要な演出を行うと作品の質が下ります。

カメラマン自身が全てを制御できる状況下で作られた物はどんなに精巧に出来ていても偽者であるのは変わりが無いからです。

私が中東の男性の笑顔の話を出したのは、彼の笑顔が本物だからです。
本来人間は無意味に笑ったりしません。
どんなに優秀なモデルとカメラマンを連れてきても、その表情が作られた物である以上本物にはかなわないと思います。

これは私が普段3DCGを使っているからだとも思いますが、全てが制御出来る状況下というのは良くも悪くも嘘っぽくなりやすいのです。

カメラの場合、まだ、ランダムな要素も多いのでそうなることは少ないですが、それでもやはり不自然な印象はぬぐえません。
それをいかに本物のように出来るかは腕次第ですが、まあそう簡単な話では無いでしょう。

そして、そういう場合に出来るだけ本物の状況下に近い場所で撮影するというのはありだと思います。
アマチュアが撮る場合、その方が良くなる傾向が強いとも思います。
それが実際にスポーツをしているところだったりパレードだったりするだけです。

動物園の虎の顔は、裏山の狸に劣ります。

投稿日時 - 2009-04-02 00:51:24

補足

質問文にも書いてありますが、僕が指摘しているのは「ポートレートの話」です。スナップについての話をしているのではありません。

また報道写真やスポーツ写真やスナップをポートレートよりも下だなんて思っていません。分野が違うのだから、撮り方が違うのは当たり前でしょう。
スナップで角だしがあっても構わないです。
スナップのマニュアルを読むと「気楽に撮影しましょう」と書いてあります。まさにその通りだと思います。
僕だってスナップを撮るときは指示はほとんど出しません。そしてペットや子供の写真を撮って、可愛いですねと言われると嬉しいですよ。

でも僕が質問をしているのはポートレートについてです。
モデルとの会話で表情を軟らかくしてから、構図を作り、光を読み、スタイルがよく見えるポージングをして、会話をして表情が良くなったところでシャッターを押す。
もっと細かく言うと、撮影の前に煙草の吸い殻などがないかを確認、綺麗にすることも大切、背景に通行人など余計な物が写っていないことも確認、モデルの顔を確認して表情が良くなっていることを確認するのは当然だけど、同時にウエストや足も観る。いかにしてウエストを細く見せるか?足を細く長く見せるか?表情が大切なのは事実だけど、スタイルがよく見えることも大事だよ。
当然、ポージングの指示を出すこともある。だけどシャッターを押さないで指示しているとモデルの表情が硬くなるから、シャッターを押しながら指示を出す。
「いいね。いいね。綺麗だよ。あと右手の位置を5cm前にずらして・・・・そこでストップ、肩・背中・腰のラインが綺麗に見えてる・・・最高に綺麗だよ」

そうやって撮影した写真が「魅力的な表情ですね、素晴らしい」で終わってしまうのには納得がいかない。表情を褒めて貰うのも嬉しいけど、構図とかポージングとかライティングも褒めて欲しい。

だって、考えてもみてください。
ポートレートの魅力は表情だけじゃないでしょ。

投稿日時 - 2009-04-02 01:17:53

お礼

回答ありがとうございます。

>私が中東の男性の笑顔の話を出したのは、彼の笑顔が本物だからです。

それは当然でしょう。疑う余地はありません。

>それが実際にスポーツをしているところだったりパレードだったりするだけです。

スポーツ選手の笑顔も素敵だと思いますよ。
先日ダンスをやっている友人(女性)に頼まれてダンスショーの写真を撮りましたが、とても魅力的な表情が撮れていました。
前後の人が重なることもあるけど、それはそれで構わないと思っています。スナップなので。
スナップだからカメラマンは指示できません。まさかダンスをしている10数名の女性達にやり直しを指示できませんよね?報道写真やスポーツ写真も同じです。だからスナップやスポーツ写真やスナップで頭から木が生えていようが、後ろにいる選手の頭が飛び出していようが僕は気にしませんよ。

でもポートレートは違うでしょう。ポートレートはカメラマンが指示を出せるのです。構図に失敗したらやり直せばよいのですよ。
休憩中のカフェにて、僕は言ったことがあります。
「すまない、僕の技術不足で構図を失敗した所為で、せっかくの君の魅力的な表情が台無しになってしまった。予定を変更して撮影をやり直させてください」
ちなみに構図に失敗して、翌日にも同じ場所に行ったこともあります。

せっかくモデルが魅力的な表情をしてくれたのだから、構図にも拘ってあげないと、どんなに優秀なモデルでも構図は作れない。だから良い構図を作るのはカメラマンの責任だと思っています。

投稿日時 - 2009-04-02 01:07:28

ANo.15

ポートレートならば、構図よりモデルの表情を優先させます。

間が空くと、表情の間が抜けてしまうので、テンポ良くシャッターを切る方が良い表情になります。

構図は、後でトリミングでどうにでもなるの、周囲を広く撮影して、余計なものが写りこまない点だけを注意するくらいですね。

投稿日時 - 2009-04-01 23:24:26

お礼

質問の書き方を変えた方が良かったかなと考えています。
「僕は構図と表情は相互補完する関係だと考えています。魅力的な表情を撮るためにも構図に対する拘りは必要だと感じています。ところが僕とは逆に、構図と表情を対立する関係だと捉えている人もいます。実際のところどうなのでしょうか?」

>間が空くと、表情の間が抜けてしまうので、テンポ良くシャッターを切る方が良い表情になります。

うん、それは当然ですよね。

>構図は、後でトリミングでどうにでもなるの

まぁ、構図失敗をトリミングでごまかすことは僕もよくあります。

ところがトリミングでごまかしているのはまだましな方で、トリミングさえしない人も大勢います。
http://www.mittel-tokyo.jp/page006.html
上から10番目右側など、「せめてトリミングをしたら?」と思ってしまうのですが、nobugs様はこの日の丸写真を見て、魅力的な表情に見えますか?

世の中にはたくさんのマニュアル本が販売されているのに、なんでこうなるのだろうと思ってしまいます。

投稿日時 - 2009-04-02 00:52:03

ANo.14

ついでにポートレートで構図云々より

基本を抑えた良い構図の写真より

私なら

表情の良いものとか魅力がある写真の方が好きです。

ポトレってそういうもんじゃないの?

まぁ あんまり撮らないからわかんないけど

そんな気がする

投稿日時 - 2009-04-01 17:29:22

お礼

なんで構図と表情を対立する関係と捉えるのか僕には理解できません。
「表情を輝かせるためにも、構図に拘る」というのが僕の考えだからです。
実際、色々なポートレートを拝見していますが、僕が見る限りでは、「表情が魅力的に撮れているポートレートは構図にも拘りが感じられる」と感じるし、「構図に拘りを感じないポートレートはモデルの表情にも魅力が感じられない」と認識しています。

http://www.mittel-tokyo.jp/page006.html
の上から32番目右側、頭の上に絵を乗せている佐藤瑛見子さんの表情が魅力的に見えますか?
上から45番目右側、頭から窓枠をつきだしている西岡優美さんの表情が魅力的に見えますか?

それだったら同じページでも、多少なりとも構図に対する配慮が感じられる上から8番目右、美貴まりなさんや上から13番目右、竹内ひな
さんの表情の方が魅力的にみえるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-04-02 00:41:01

ANo.13

よく言う、教科書通りにやっていてはいけない。
というのは、教科書が不必要で読まなくてもいいという意味ではありません。
教科書の内容は一通り理解していて当たり前の事です。

教科書は教科書に載っていないことをするためにあるのです。

それと、私見ですが写真には二通りのやり方があると思います。

記録として撮るのか絵として撮るのかです。

報道写真のような記録写真の場合、より忠実に現場を再現する事が望まれます。
この場合重要なのは何が写っているかです。
絵としてよかろうが悪かろうが関係ないのです。

逆にコマーシャルフォトのように絵としての完成度を高めることに重点を置く場合、部分撮りやライティング、画像処理などを駆使して自分のイメージに近づける作業になります。
これの最終形態というか、完全な制御を求めると3DCGのような物が出てきます。
現にコマーシャルフォトのCGの占める割合は年々増加しています。

まあ、これらは極論的なので実際にはその間の部分で撮ることが多いと思います。

構図について基本的なことは理解していて当然です。
ただ、それよりも写っているものが大切である場合も往々にしてあります。
ポートレートなんて、構図が完璧でも表情が良く無いと論外でしょう。

昔のNHKのニュース映像で、中東の紛争地帯で携帯電話を無料で貸し出すサービスの特集が組まれていました。
そのときに、電話で家族の無事を知ったアラブ系の男性の笑顔は私が今まで見たどんなポートレートよりもすばらしい物でしたよ。
構図的にはただ正面に写っているだけでした。

まあ、所詮趣味でやっている事ですから、やりたいようにやればいいのですがね。

投稿日時 - 2009-04-01 17:15:51

お礼

回答ありがとうございます。
フォトイメージングエキスポの会場にはたくさんのコンパニオンがいて、それを撮影するカメラマンも大勢いました。
でも僕はそういうのには興味がないのです。
「パレードやお祭りやスポーツの大会に行くと生き生きした魅力的な表情が撮れるよ」と言われたこともあります。ずっと前に僕も言ったことがありますが熱中できませんでした。

スナップには興味がないのです。

スポーツ写真にしても、報道写真にしても、スナップにしても、カメラマンは撮らされている存在です。カメラマンがいなくても試合は行われるし、犯人逮捕も行われます。カメラマンがいてもいなくても構わないのです。
だけどポートレートは違います。ポートレートはカメラマン自身を表現できます。カメラマンの技術(心配りとコミュニケーション能力)によってモデルの表情が良くも悪くもなります。
また構図を指示できるのもポートレートの醍醐味です(風景写真や物取りも構図を作れるので好きです)。撮影した写真の構図が気に入らなかったらモデルに指示を出して撮影し直すことも出来ます。

>電話で家族の無事を知ったアラブ系の男性の笑顔は私が今まで見たどんなポートレートよりもすばらしい物でしたよ

いや、それはスナップでしょう?記録でしょう?
その写真のどこにカメラマンの意図がありましたか?
スポーツ写真や報道写真も大事だと思うし、僕自身も観るのは好きですよ。でも撮影したいとは思いません。

投稿日時 - 2009-04-01 23:21:01

ANo.12

ようは、貴方と同じ考えの人ばかり集めて撮影会すればいいんじゃない?

そうすれば話も弾むと思うよ。

>廻りにいる優秀な人の行動をコピーして自分の能力を高めたいと考えています(学ぶと言う言葉は真似るからきているそうです)。だからマニュアルも大好きです。

それも良いのかも知れないですね。

同志を募ってみれば?

投稿日時 - 2009-04-01 10:20:07

お礼

僕自身会社を経営していますが、商売というのはお金儲けが目的です。そして市場が大きくないと商売は成り立ちません。
質問文の中で僕は「構図に拘るカメラマン(アマチュアカメラマン)は少ない」と指摘しています。
つまり構図優先の撮影会という商売は成り立たないのです。

僕は人から褒められるのが好きです。そしてお金は一番わかりやすい尺度です。毎年沢山の利益を上げられる会社を経営していれば他人から褒められますけど、赤字に苦しんでいる会社を作って誰が褒めてくれるのですか?誰も褒めないでしょう。

投稿日時 - 2009-04-02 00:28:54

ANo.11

趣味で写真とってます。 当然アマです。

1.マニュアルに書いてあることなのに、何故カメラマン達は構図に興味を持たないのでしょうか?

べつにマニュアルに書いてなくても構図は考えます。
でも別に思った通り撮りたいなら迷惑かけてないんだからいいんじゃない?
余計なお世話って感じだと思うけど?

2.カメラマン達が興味を持たないことなのに、構図について必ずマニュアルに書いてあるのは何故なのか?

マニュアルって初心者を対象とした教本見たいな感じでしょ?
なら興味があるない関係ないでしょ^^;

なんたって教本なんですから

極論で言えば興味がないから数式がかいていない数学の教科書ってありますか?

投稿日時 - 2009-04-01 10:14:19

お礼

まずOKWEBは質問に対して回答するサイトだということを判ってください。
仮に「新幹線の名前は何故ひらがななのですか?という質問に対して、
「誰にも迷惑かけてないからいいんじゃない。余計なお世話だ」などという回答があったらおかしいでしょうね。

同様に僕の「何故構図に興味を持たないのですか?」という質問に対して
>でも別に思った通り撮りたいなら迷惑かけてないんだからいいんじゃない?
>余計なお世話って感じだと思うけど?

というのは回答としておかしいのです。

>マニュアルって初心者を対象とした教本見たいな感じでしょ?

「コマーシャルフォト」の記事を思い出してください。あれに書かれているのはどうみてもプロ向けでしょう。

>極論で言えば興味がないから数式がかいていない数学の教科書ってありますか?

すみませんが、意味がわかりません。

投稿日時 - 2009-04-02 00:24:22

ANo.10

1.マニュアルに書いてあることなのに、何故カメラマン達は構図に興味を持たないのでしょうか?

そこがアマチュアカメラマンの自由な部分なのではないでしょうか。
誰かに依頼されて撮る(つまり、プロ)のではなくて、自分が楽しめればいいだけなのですから
構図の問題も含めてすべて自分の自由。他人に口を挟まれるようなことではないと思います。

それらはコンテストや写真展などで他人に自分の写真を見せる段階になれば
自ずと意識しなければいけないようになります。

2.カメラマン達が興味を持たないことなのに、構図について必ずマニュアルに書いてあるのは何故なのか?

だから尚更に構図について説かなければいけない、という危機意識かもしれません。
それと、精神の問題より構図や数値がらみの事柄のほうが「教えやすい」こともあります。

それともうひとつ。
「マニュアルには構図のことを書かなければいけない」というマニュアルがあるのかもしれません(笑)。
つまり、古いマニュアルどおりに新しいマニュアルを作りました・・・。

投稿日時 - 2009-04-01 09:32:40

お礼

回答ありがとうございます。
18OSX様の回答は大変斬新でハッとさせられました。下記の部分です。

>自分が楽しめればいいだけなのですから
>構図の問題も含めてすべて自分の自由。
>他人に口を挟まれるようなことではないと思います。

なるほど、そういう考え方もあったのですね。

2つの場面を想像してください。
舞台は野球場、大観衆が見守る中で貴方が逆転ホームランを打つ、大観衆の歓声、自分の名前が連呼され、賞賛の叫びが聞こえる・・・これって凄く楽しいですよね。
次に同じ野球場でも、観衆が一人もいないなかで貴方が逆転ホームランを打つ、当然歓声も名前の連呼も賞賛の叫びも聞こえない。これってあまり楽しくないですよね。

僕だったら他人に口を挟んで欲しいな。賞賛して欲しい。
もし誰も褒めてくれなかったら、即刻写真撮影をやめます。

投稿日時 - 2009-04-02 00:17:55

ANo.9

キャリアの長いアマチュアカメラマンなら、構図についてはアル程度の
知識&経験から学んだモノを持っていル、と思いマスよ。

個人的には、 スティル・ライフフォトを撮ル時には、結構構図を意識
して撮影していますが、手持ちでのポートレート・スナップなど被写体
の一瞬を狙う場合には、構図より雰囲気・表情を優先してシャッターを
切っていル、と思いマス。
結果、串刺し・首切り構図の写真が撮レてしまいます。
まぁ、ポートレートでヘンなモノが写り込みソウな場合は、背景から
距離をおいて絞りアケ気味で撮ってはいますが…

初心者の場合は、被写体にしか目がイッテないので、構図云々を
考えル余裕はナイ人が多いのでは…?!また、構図のコトを知らない
人も多い?と思いマス。そんな人たちが、ご自分の写真をステップ
アップさせルために、構図の本を購入さレるのカモ…?!

私は、1枚のポートレートを見せられたらソノ写真の雰囲気
(説明がムツカシイですが…)を第一に見ていると思いマス。第二は
モデルさん。また、シタからあおった写真は、目線よりウエから撮った
写真より好きですネ。patorasheサンのヨウに構図云々は、私的には
下位の問題デス。

趣味の世界は「十人十色」!patorasheサンのヨウに構図が気にナル人
もイルし、私のヨウに雰囲気やモデルさんが気にナル人もイルでしょうし、
それで「OK」では?ソレが趣味だ、と思いマスよ。

投稿日時 - 2009-04-01 02:05:09

お礼

>構図より雰囲気・表情を優先してシャッターを
>切っていル、と思いマス。

>patorasheサンのヨウに構図が気にナル人もイルし、
>私のヨウに雰囲気やモデルさんが気にナル人もイルでしょうし

coxym様の書き方だと、構図と雰囲気が対立する関係のように思われますが、本当にそうでしょうか?
僕は互いに補完する関係だと考えています。
だから僕ならこう言います。
「モデルの表情や雰囲気が大事だからこそ、構図やライティングやポージングにも拘る」

下記サイトをご覧ください。
http://www.mittel-tokyo.jp/page006.html

上から32番目の右側、佐藤瑛見子さんの頭の上に絵が乗っていますね。この絵が頭の上に乗ることによりモデルの表情や雰囲気が輝いて見えると思いますか?

僕だったら絵をどけてから撮ります。絵を退けて、さらに日の丸構図をやめた方がモデルの雰囲気は出せると考えています。
報道写真と違って、ポートレートはやり直しがきくのです、被写体に指示が出来るのです(報道写真では警官や犯人に指示を出すことは出来ません)
モデルの魅力を活かすためにも、構図やライティングやポージングに拘って、どんどん撮り直せばよいと考えています。

ところで一般的に考えて、サイトやブログで発表するのは自信作ですよね?
http://www.mittel-tokyo.jp/page006.html
の管理人もこの写真が自信作だと思っているからこそ掲載しているのです。
これは他のアマチュアカメラマンのブログやサイトを見ても、同じ傾向があって、頭から木が生えていたりとか、鼻の頭だけ露出オーバーで飛んでたりとか、そういう写真が一杯見つかります。
この場合の彼らの言い分は、coxym様と同じ
「マニュアルなんて関係ない、構図よりもモデルの表情や雰囲気の方が大事だよ」

それに対する僕の意見は
「マニュアル通りに構図やライティングに拘っていれば、モデルの表情や雰囲気がもっと輝いているポートレートを撮れるよ」
なのです。

投稿日時 - 2009-04-02 00:06:10

ANo.8

ポートレート撮影のアマチュアカメラマン
前に撮影会の手伝いをしたことがあるのですが、たしかに構図というか写真に興味が無い人が多いですね。カメラとレンズには興味あるようですが・・・

マニュアルと同じ写真を撮るのは写真の上達には一番良いといわれています。しかし、上達してプロと同じような写真が撮れても言うなれば中級者です。その写真を見ても「キレイだね」と思うだけで何も心が動かされない。

それは報道写真であり証明写真です。(報道の方すみません。世界報道写真展は心を動かされます。それは除いて)アマチュアの方で構図を気にしない方は、興味が無いか芸術写真を撮っている方だと思います。
それと日の丸という名前があるように、日の丸も使い方によっては立派な良い構図です。

長々と書きましたが
質問者さんはプロと同じ事が出来るのが楽しいようですが、楽しくない人も居るという事です。人の楽しみは十人十色なので疑問でもなんでもないと思いますが・・・

ポートレートは構図2割・表情8割って個人的に思ってます。オフショットでも良いのがあれば良い写真ですし

投稿日時 - 2009-04-01 01:08:37

お礼

サッカーの教則ビデオには一流選手のプレーが納められています。
それを観て真似をする。例えばジダン選手のマルセイユルーレットを中学・高校の試合で披露すれば、周りの人はビックリして賞賛しますでしょうね。これって凄い快感です。
実際の僕はジダン選手と同じプレーをできなかった(もし同じプレーをできていたら日本代表入りしていたでしょう)けど、マニュアルは好きでした。これは僕だけじゃなくてサッカー部の仲間達も同じように一流選手のビデオを観たり、解説書を読んで真似をしていました。トヨタカップのテレビ放送が行われた翌日にはみんなで一流選手の真似をしていました。楽しかったです。ちなみに野球部など他の運動部にも友達がいたけど、やっぱりマニュアル好きでしたよ。
部活に限らず、ゴルフ好きのサラリーマンなどでもマニュアル好きな人が多いのですよ。

ところが写真撮影については違うのです。マニュアルはたくさん販売されているのに、真似をしたりしない。これが凄く不思議なのです。

>ポートレートは構図2割・表情8割って個人的に思ってます。

こういう人が多いのが不思議なのです。マニュアルに書いてあることとまるで違う。(表情がよいと言われても、褒められているのはモデルであって、カメラマンが褒められているわけではないです)

以前の「コマーシャルフォト」では物撮りのコンテストが開催されていました。入選したカメラマン達の写真と講師の写真が掲載されて、制作過程も書かれているのですが、この内容が素晴らしいのです。
例えばビールの広告用に冷たい質感と美味しさを表現するのにドライアイスを使ったり、色々と考えているのです。これを観て僕は「基本を抑えてあるな」「よく勉強しているな」と感心していました。

僕はマニュアル通りに撮影して(実際には困難だけど)、同じように言われたいのです。
良い表情を写してモデルを褒めて貰うのではなくて、僕自身が褒められたいのです。

投稿日時 - 2009-04-01 23:47:38

#3です。

他の方向けに書かれた内容を拝見し、質問者さんへの回答になりうることを思いつきましたので、重ねて書き込ませていただきます。

質問者さんが求められておられるのは、マニュアルを勉強し、それに近い写真を作ることなのではないかと拝察いたします。趣味の世界ですので、こういう目的を持った方もいるのでしょう。しかし、大多数のアマチュアカメラマンの方々の目的は「自分がよいと思う写真を撮る」ことにあるのではないでしょうか。とすれば構図重視ではない方もいるでしょうし、「目切り」(この言葉は初めて知りました)やら「角出し」にこだわらない人だっていることでしょう。

結局目的の差なのだと思います。よいと思ったように撮ればいいわけですから。写真の構図については、常にマニュアルでは一般論でしか語れません。良し悪しも人それぞれの評価でしょう。「趣味の世界はなんでもあり」ということでよろしいのではないでしょうか?

ポートレート写真はまず構図ありき、という質問者さんの主張は実に興味深いので、ホームページを立ち上げてご自身の作例を発表されるなどして、ご意見を世に問うてはいかがかと存じます。魅力的な構図の写真を拝見するのを楽しみにしております。あるいは既にHPをお持ちでしたら、検索のヒントでもお与えください

投稿日時 - 2009-04-01 00:36:06

お礼

回答ありがとうございます。

一部誤解をされているようですが、僕は「他人から褒められることが大好き」なのです。「自分が納得できなくても他人から褒められればそれで良し」逆に「自分が納得していても他人から褒められないと意味がない」のです。
http://okwave.jp/qa4737266.html

そのために利用しているのがマニュアルなのです。
サッカー部時代に、解説書に書いてある解説入りの連続写真を真似していたのも他人に褒められたかったからです。マニュアルをそっくり真似てドリブル突破したり、シュートを決めたら歓声が起きる。試合後は仲間やクラスメートから賞賛される。それが快感なのです。
赤本を片手に受験勉強したのも効率よく大学に合格するためです。マニュアル通りに近い行動をするのが一番効率がよいからです。
(マニュアル通りに行動して)僕の得点で試合に勝利、○○大学合格、資格取得、周りの人に賞賛されるというのが理想です。オリジナルに拘って失敗しても誰も褒めてくれません。

マニュアル通りに行動する(実際は困難だけど)のが一番効率がよいのです。
ただし写真の世界は別なのです。
マニュアル通りに作った僕の写真よりも、頭から電柱が生えている顔のアップの写真の方が「表情が良いですね」という理由で喜ばれたりする。
それで僕も顔のアップを撮ったりして、被写体に喜んで貰うこともあるのですが、なにか釈然としない。本当は引きで撮影して、「体の線が綺麗に出ていますね」とか「光の使い方がお上手ですね」とか言われたい。褒められないよりはマシだけど、毎回毎回「表情がよいですね」のワンパターンでは快感じゃない。
それでもポージングやライティングについては極稀に話題に上るからまだいいけど、構図については話題にも載らない。
できることならば、色々な理由で褒められたいのです。

ちなみにサイトを持っていないし、今後も作る予定はありません。そんな時間があるのなら、自分が経営している会社を成功させるために努力したいです。
だって、その方が他人から褒められるでしょう。

投稿日時 - 2009-04-01 23:06:24

ANo.6

1.興味というかたいへん重要な事です、そこまで話す事に気が回らないだけ

2.基本ですから。

マニュアルどーりに撮るのなら、写真撮る必要ないですよ
写真撮ってる人に画像を貰えばいいんです。

ラーメンやカレー、世の中に沢山の店があるけどどれも少しずつ違うからおいしいんです、どこで食べても同じ味だったら楽しく無いでしょ?

投稿日時 - 2009-03-31 22:26:58

お礼

>マニュアルどーりに撮るのなら、写真撮る必要ないですよ
>写真撮ってる人に画像を貰えばいいんです。

オーウェンやクリスチアーノ・ロナウドの様なドリブルが自分で出来たら楽しいなと思います。
野球でもゴルフでもマニュアル本に載っているような一流選手そっくりのプレーができたら実に楽しいでしょう。
料理でも、レシピ集と全く同じ盛りつけが出来たら楽しいでしょうね。
オバマ大統領のような演説が本になって売られてますよね?あれと同じ演説を大勢の人の前で出来たら、気持ちがよいでしょうね。

写真だって同じでしょう?
「コマーシャルフォット」ではスタジオライティングとか構図の記事が度々載っているので、僕にも同じ写真が撮れたらどれだけ楽しいかと夢想してしまいます。

投稿日時 - 2009-04-01 00:04:47

ANo.5

プロカメラマンは口にしませんが構図には十分気を使って撮影しています!
写真集など見ても基本マニアルに人物撮影時のカットラインのおおよそその位置でカットして撮影してあるでしょう?
風景撮影のカメラマンならもっと気を使って構図決めています!
あるプロカメラマン(有名ではない)人と話したことありますが以前も書いた事あります!
そのカメラマンいわく、構図という漢字よく見てください構図の木ヘンがカメラを覗く人、構図の漢字の右側か三脚にセットされたカメラ、構図の図がファインダーの中の画像(作品)図と言う漢字周りの囲まれた四角が写真の枠、右上から川が流れて橋が架かり図の点々が木の枝をイメージすると典型的な紅葉撮影などの川と橋と紅葉の木の枝という形に見えてきます!
図の漢字こそが奥行き感も出て構図の基本形!ここから応用して色々な形にすれば?といってました!
プロカメラマンは頭の中に目の前の被写体をこう撮るときれい、美しいと言うのが即時に判断できます!
おそらくアマチア写真家以上に神経張り詰めて構図決めて撮影してると思います!
プロに失敗は御法度ですから!

投稿日時 - 2009-03-31 22:24:25

お礼

すみません。説明不足でした。プロカメラマンが構図に気を遣うのは当たり前です。
僕が質問をしたのはアマチュアカメラマンの話です。

写真撮影に関するマニュアル本はたくさんでている。
カメラ雑誌にも、構図に関する記事はたくさん載っている。
でも何故、多くのアマチュアカメラマン達は、表情や個性の話をしても、構図についての話をしないのか?という疑問です。
多くの場合、「被写体の表情が良くて、個性的に撮れてる万歳!え、構図って何?」という感じなのです。

投稿日時 - 2009-03-31 23:55:16

ANo.4

1.そのような事はないと思います、基本を修めてそこからの応用
   になると各人の感性や好みの範疇になるので、その点に付いて
   意見をし合わないので、興味がないのではと勘違いをしている
   のでは。
2.表現の方法として重要だから。

投稿日時 - 2009-03-31 22:09:33

お礼

アマチュアカメラマンの話ですが、

>基本を修めて・・・・

それでは下記事例の構図の作り方を説明できますか?

やはり具体例を載せないとわかりにくかったようですね。
でも、さすがにアマチュアカメラマンのブログやサイトを載せるわけにはいかないので、撮影会のサイトを載せておきます。

マニュアルに書いてあることをもう少し詳しく観ていきましょう。
どのマニュアルにも書いてあるのが、「角だしや首切り、目切りをやめましょう。背景から順に構図を作っていきましょう」

それから、次のようにも書いてあります。「日の丸構図はやめましょう」

それでは下記サイトをご覧ください。
http://www.mittel-tokyo.jp/

上から9番目の森由梨香については完全に角だしですね。32番目の佐藤瑛見子さんについても同様です。

1番目の白澤まゆかさん、10番目の百瀬ちえさん、11番目の五十子明恵さん、その他多数は完全な日の丸構図になっています。


またマニュアルには、「全身を撮影するときは下からあおるように撮影しましょう。上から全身を撮影すると頭でっかちで足が短い写真になります。逆に顔のアップを撮影するときは、目より少し上から撮影しましょう。下から顔のアップを撮影すると鼻の穴が目立ってしまいます」とも書かれています。
「フレームに足を乗っけていたり、フレームに体を預けてもいけません」とも書かれています。

それでは下記サイトをご覧ください。プロカメラマンの作品だそうです。
http://www.burnam.co.jp/s-cross/classicsakuhinrei.htm

上から5番目の左端の全身写真は明らかに目より上から下向きに撮影していますよね?
上から3番目左側の全身写真は、フレームの上に載っていますよね?
1番下、これは目切りの典型例ですよね?

昔、まだインターネットがなかった頃は、雑誌や写真集に掲載されたプロの写真くらいしか見ることがなかったのです安心して見れました。
しかし今のように素人がサイトやブログで写真をどんどん発表しているのを見ると、非常に不思議に思えてくるのです。
なんでマニュアルに書いてある構図通りに撮らないのだろう?(マニュアルに近づけようと努力しないのだろう?)

投稿日時 - 2009-03-31 23:50:48

報道カメラマンをしています。当然仕事の一環でポートレート撮影をしますが、質問者さんの視点は面白いですね…。構図優先にお考えなのですね。

自分自身が撮影する場合、構図は意識しません。というか、意識せずとも「絵になる構図」で撮るのが当たり前なのですね。それより大事にしているのは被写体の個性をどう出すか、魅力的な表情をどう映し込むか、ですね。表現の一環としてライティングに配慮するのは当然ですし、多忙な相手であれば短い撮影時間に全てを撮りきらねばなりません。また、出来上がった写真をノートリミングで媒体に使用することはあまりなく、カメラマン本人や編集者、ディレクターによってトリミングされます。最終的な出来上がりを考えると、撮影時にあまりきっちり構図を決めすぎると、後で困ることが予想されます。

カメラマンは構図に興味を持たないのではないのです。プロなら説得力ある構図で撮るのが普通のことで、あえて話題にするほどのことでもない、ということではないでしょうか。しかしもちろん初心者には構図の勉強が必要です。それでマニュアルには記載されているのではないでしょうか

投稿日時 - 2009-03-31 22:02:37

お礼

すみません。説明不足でした。プロカメラマンではなくてアマチュアカメラマンの話です。

投稿日時 - 2009-03-31 23:48:24

ANo.2

1の答え
カメラマンで飯が食えている人は構図に興味を持っていないのではなく、熟知して当たり前のことだから話題にしない。
むしろマニュアルに載っていない、見たこともないような刺激的な新しい構図やライティングに出会ったときには話題になると思います。

2の答え
最初の一歩ということもあるけれど、センスや発想、コミュニティ能力や表現力等と違って説明しやすいし、なんとなく専門的な雰囲気ばりばりなで、これから勉強しようというアマチュアカメラマンにはウケがイイのでとりあえず載せている。

カメラマンやデザイナー、いわゆるクリエイターという職は、色々な制約もありますが、その中で写真やデザインで「表現すること」が仕事なわけです。
基本を抑え、よく勉強しているのは当たり前。
歩けない人は走れません。

patorasheさんが何を望んでおられるのか解りませんので気を悪くしたらすみません。
ボクは「個性があって当たり前」だと思っているので「個性的だね」なんて言いません。
それと「基本を抑えているね」「よく勉強しているね」と言うとしたら・・・
それ以外に何もない人(趣味なら良いけど仕事には向いてない人)をがっかりさせないように何か言わなければいけないときでしょうね。

投稿日時 - 2009-03-31 22:00:14

お礼

すみません。説明不足でした。プロのカメラマンの話ではなくて、アマチュアカメラマンについての話でした。

投稿日時 - 2009-03-31 23:46:21

ANo.1

1.

基本だからです。

2.

基本だからです。



世の中、基本だけでは回っていません。
”応用”を覚えましょう、

投稿日時 - 2009-03-31 21:40:04

お礼

やはり具体例を載せないとわかりにくかったようですね。
でも、さすがにアマチュアカメラマンのブログやサイトを載せるわけにはいかないので、撮影会のサイトを載せておきます。

マニュアルに書いてあることをもう少し詳しく観ていきましょう。
どのマニュアルにも書いてあるのが、「角だしや首切り、目切りをやめましょう。背景から順に構図を作っていきましょう」

それから、次のようにも書いてあります。「日の丸構図はやめましょう」

それでは下記サイトをご覧ください。
http://www.mittel-tokyo.jp/

上から9番目の森由梨香については完全に角だしですね。32番目の佐藤瑛見子さんについても同様です。

1番目の白澤まゆかさん、10番目の百瀬ちえさん、11番目の五十子明恵さん、その他多数は完全な日の丸構図になっています。


またマニュアルには、「全身を撮影するときは下からあおるように撮影しましょう。上から全身を撮影すると頭でっかちで足が短い写真になります。逆に顔のアップを撮影するときは、目より少し上から撮影しましょう。下から顔のアップを撮影すると鼻の穴が目立ってしまいます」とも書かれています。
「フレームに足を乗っけていたり、フレームに体を預けてもいけません」とも書かれています。

それでは下記サイトをご覧ください。プロカメラマンの作品だそうです。
http://www.burnam.co.jp/s-cross/classicsakuhinrei.htm

上から5番目の左端の全身写真は明らかに目より上から下向きに撮影していますよね?
上から3番目左側の全身写真は、フレームの上に載っていますよね?
1番下、これは目切りの典型例ですよね?

昔、まだインターネットがなかった頃は、雑誌や写真集に掲載されたプロの写真くらいしか見ることがなかったのです安心して見れました。
しかし今のように素人がサイトやブログで写真をどんどん発表しているのを見ると、非常に不思議に思えてくるのです。
なんでマニュアルに書いてある構図通りに撮らないのだろう?(マニュアルに近づけようと努力しないのだろう?)

投稿日時 - 2009-03-31 23:44:43

あなたにオススメの質問