こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の裁判 (双方の保険会社の主張が一致する場合)

交通事故のことで、教えてください。


見通しのよい道路で、相手方(甲)の車がセンターラインを割って、
こちら側の車線に突っ込んできました。
30~40メートル先で、
センターラインをまたいでいるのが見えたので、
私(乙)は、普通にブレーキをかけて一旦停止していたところ、
相手方(甲)は、自分の車線に戻る気配がなかったので、
私(乙)は、危険を感じてクラクションを鳴らしましたが、
そのままぶつかってきた次第です。

事故後、私(乙)の車は、少し右に回転して、
そのまま押されるままにバックして、
歩道に乗り上げ、歩道上のポールにぶつかって停車しました。

事故後の写真もあり、(甲)(乙)双方の保険会社とも、
過失割合の見解は、10:0だったのですが、
私の一旦停止していたところは、付近の建物の入り口だったため、
相手方(甲)は、私(乙)はそこから出てきたと主張しだしました。
写真で、
相手方(甲)がセンターラインを超えた事実は確認できますので、
相手方(甲)が違反をした事実は明白だと思います。
しかし、相手方(甲)は、
私(乙)がセンターラインを超えて左折するところだったときに
衝突したとしたとして、
自己の過失0を主張しています。

今後、裁判で解決を図るのですが、
裁判をするにあたって、私(乙)に問題はありますか?

相手方(甲)が主張している
私(乙)が出てきたと言われた建物にはいなかったことを、
どう説明したらいいのでしょうか?

私(乙)の出発点から、事故現場までの道路の防犯カメラの開示を、
警察から要請していただいて、
事故前に通った道路
(実際は、「通ったことは否定できない」くらいですね。
特徴があっても私の車だとの特定は難しいでしょうから)
を示すならば、
何かの役にたつことはあるでしょうか?

来週、弁護士の先生や保険会社の方と相談していく予定ですが、
私にできることがあるならば、していきたいと思っています。

投稿日時 - 2009-03-25 16:13:42

QNo.4826022

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No1です。

なるほど。甲は俺には過失がないから任意保険は
使わない!って言うわけですね。
どなれば甲加入の任意保険屋は動きようがないで
すね。

じゃあ、私も過失0だから任意保険は使わない!
となれば誰が得するか。
事実をねじ曲げた人が得しますね。

でも
「事故後の写真もあり、(甲)(乙)双方の保険会
社とも、過失割合の見解は、10:0だった」
のですから誰がウソ付いているか一目瞭然ですよね。

miyakoteraさんの保険屋に甲の一時的な錯覚による
事故なんだよ!写真が物語っているでしょう。誰でも
事故当時のことは錯覚しやすいからね(^^)」
って言う事で10:0に持って行けない物なんです
かね。
だって写真が全てを物語っているんですよね。

しかも甲は任意保険に加入しているんですから
こういうときに保険使わなかったら、毎月保険料
払っているのばからしい!って思わないのかな。
なんか頭悪そうな甲でねー。
これじゃ甲の保険屋はぼろ儲けですよね。

ほんとmiyakoteraさんがお気の毒です。

投稿日時 - 2009-03-26 08:59:57

補足

相手方(甲)の保険会社の方も、
写真を提示して説得にあたってくださいました。
けれど、無過失を主張されたそうです。
なぜならば、私(乙)が急に横から出てきた・・・と。
そして、私(乙)は自分でバックしてポールに衝突して停止したと。
タイヤもはずれ、エンジンルームは壊れている状態で、
どうやって私(乙)の車が動いたのか、
また、
証拠写真では明らかに(甲)(乙)の車は接触しているではないか、
と、逆に問いたくなりましたが、
直接お話ししたのではなかったので、できませんでした。


ここまで強固に自分の主張を繰り広げた場合、
裁判で、その主張が1割でも加味されたら、
なんとお得なの・・・、と。
そんなふうに思っておられるのでしょうかね。

投稿日時 - 2009-03-26 12:01:40

お礼

nik670様
ありがとうございます。
まさしく、そうなんです。
こういう方法で、保険料の値上げが食い止められるのかと、
私も勉強になった気がします。
相手方(甲)の保険会社も、
なんとなく困っておられる感じがします。
でも、裁判ってのは想定の範囲外の判決があるようで、
だからこそ、心配しています。
そして、相手方(甲)の上告・上告となれば、
私(乙)の時間もお金も精神力も、辛いですね。
交通事故の原因究明のための科学研究所に、
事故状況の説明を依頼すると、
ちょっとした車なら買えるくらいの金額になるそうで・・・(泣)
もしも、できそうなことがあれば、また教えてくださいませ。
お気の毒・・・そう思っていただけただけで嬉しいです。

投稿日時 - 2009-03-26 11:43:54

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

どちらが、裁判の原告になるのでしょうか?
相手であれば、裁判には原告立証責任と言うのがありますので、自分の主張する内容を証拠や証人で証明する義務があります。

相談者さんの場合、車の移動経路と時間帯の流れ、この二点で反論証明していけます。
出来たら、出発点から事故現場に至る経路、途中に寄った店舗や場所を具体的に箇条書きにして、弁護士と会って下さい。

それと、事故を警察へ届け出した時、事故状況を説明していると思いますが、それも証明する資料になります。

投稿日時 - 2009-03-25 18:42:22

補足

私(乙)が原告になります。
なぜなら、被害者であるのに、何の補償もないからです。

投稿日時 - 2009-03-25 19:10:32

お礼

sfx1208様
ありがとうございます。

>車の移動経路と時間帯の流れ


そのとおりですよね。
実は、私(乙))の、当日の移動経路にある防犯カメラについて、
警察に要請書を書いていただけるように依頼しようと思っていますが、
それがどこまで、裁判で役立つのか・・・。
画像の鮮明さも気になります。
なんとかしてほしいです(泣)

投稿日時 - 2009-03-25 19:23:20

ANo.1

私の一旦停止していたところは、付近の建
物の入り口だったため相手方(甲)は、私
(乙)はそこから出てきたと主張しだした
のなら甲にその証拠を提出してもらうのが
スジじゃないですか???

なんでmiyakoteraさんが、私(乙)が出て
きたと言われた建物にはいなかったことを
説明するのでしょう?っていうか説明だけ
なら、事実をいえば良いだけです。
でもその事実の証明は必要ないですよ。

相手が、いや違う!というのであれば
相手に違う証拠を出させれば良いんです。

じゃないと殺人事件で、あんたが犯人だ!
っていわれたら、犯人だ!と言われた方が
無実を証明しなければなりませんよ。
そんな理不尽なことはないと思います。

私(乙)がセンターラインを超えて左折
するところだったときに衝突したのは気
のせいだよ!実際はこうなんだよ、と甲に
いってあげればいいのでは。
だから甲も錯覚して事故起こしたんでしょ
うと。

弁護士の先生が無料なら良いですが、お
金出してまで相談するなら相手が弁護士に
相談してからの出方を待った方がいいので
は。

あるいは保険屋に、あなたの一時的な
錯覚により事故になった!といってもら
えればいいんじゃないのかなぁ。

じゃなければ、誰かに「私目撃していまし
た」と証人になってもらうとか。
でもこれはまずいかな。

事故後の写真もあり、(甲)(乙)双方の
保険会社とも、過失割合の見解は、10:
0だったんですよね。だったらこれを
くつがえす証拠が出ない限り10:0を
突っぱねてもらってもいいんじゃないですか。

だから甲には、保険屋から「いつまでに証拠
を提出しなければ事故後の写真もあり過失割
合の見解は、10:0にします」でいいと
思うのですが。で、不服なら裁判でも起こし
て下さい!で。でも裁判起こしても証拠が出
なければ10:0のままですよ!と保険屋に
念を押してもらえばいいと思います。

俺ならそうするなぁ。
なにも自ら証拠探す必要ないと思うのですが。

投稿日時 - 2009-03-25 16:44:43

補足

補足ですが、
相手方(甲)の対応ですが、
保険会社には、自分は無過失だから対応しなくても良い、
と言っているそうです。
それゆえ、保険会社は、相手方(甲)の了承がなければ、
こちらに関与できないようです。
つまり、車の修理代も、治療費も、
すべて私(乙)持ち!
・・・こんあことってあるのですね(泣)
幸いなことに、弁護士特約をつけていたので、
「裁判しましょう」みたいな流れになっています。


証人については、警察の方が付近を回ってくださいましたが、
見つからなかったようです。

投稿日時 - 2009-03-25 18:11:39

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
nik670様が仰ってくださっているように、
「近くの建物から出てきた」という主張に対しては、
こちらはそういではないと、言いうのみでいいのですね。
例を出してくださって理解できました。
でも、まさか私が裁判にいくなんて・・・。
恐怖です。

投稿日時 - 2009-03-25 18:11:15

あなたにオススメの質問