こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

増改築の登記

このたび、父親名義の土地・建物に二世帯住宅を増改築しました。費用に関しては、一部は自己資金で、大半は私名義で住宅ローンの借入をします。増改築にかかる登記などの諸費用に関しても、自己負担します。この場合の登記の際、建物の名義は共有名義にすると贈与税がかからないと聞き、そのように登記するつもりで、ローンに関しても父親を連帯債務者としました。
そこで、建物の登記に関して、まず、所有権を共有名義にしてから、表示変更登記、最後に抵当権設定という順序でやるのが税金軽減の面でも一番いいと、司法書士からアドバイスされました。
この共有名義に関しての持分割合についてですが、増改築前の建物の時価額分は父親名義に、増改築にかかった費用分は私名義にすればよい様なのですが、費用は工事費用の他に、表示変更登記や印紙代などいったいどこまで入れたらいいのかわからないので、教えてください。また、所有権移転を先にやるとなると、持分割合を先に決めなければならず、表示変更登記代金も含めて持分割合を正確に出すのは難しいのではないかと思いますが、多少金額の変更はあっても、贈与税が後で請求されてくるという心配はないのでしょうか?
どうか宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-03-24 19:54:45

QNo.4823977

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 相当アバウトでも税務署は何も言ってこないと思います。

 どうしても心配ならば税務署に相談して見てください。

投稿日時 - 2009-03-24 21:56:26

あなたにオススメの質問