こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

分詞の修飾場所

The running boy is Tom. と The boy running is Tom.に違いがありますか。学校英文法では後者は間違いと習ったのですが、外国人英語講師はOKだと言っています。確かに This is Tom speaking.とかfor the time being のように単独のingが名詞を後ろから修飾しているのですが説明できる方居られたら助けてください。

投稿日時 - 2009-03-21 10:03:28

QNo.4814510

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

それほど厳密に考える必要はないと思います。

That's Tom running.

といった使い方も想定できますので。

一般的には、単独の形容詞は名詞の前に置かれ、長い形容詞句は名詞の後に続くことが多いということができます。
「学校英文法」(または特定の教師?)がこの点を、「running一語であればboyの前に来るのが正しい」といっているのだと思います。

であれば、「学校では」the running boyといっておけばよいのであって、無理にthe boy runningという必要はないでしょう。

あえて文法的に納得を求めれば、"The boy running is Tom."は、"The boy (who is) running is Tom."の省略形だと考えればよいと思います。

投稿日時 - 2009-03-21 11:17:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

(1)は、どこを走っているのかについての情報が読み込まれていると考えるとよいでしょう。
(1) The boy running is Tom.
つまり、意味の上では、over thereのような表現が存在しているが、わざわざ言葉に言わなくても了解できるので省かれていると言えます。
これに対して、(2)は、何人かいる男の子の中で、"running"という行為をしているかどうかに着目すると、誰がTomか分かると述べています。
(2) The running boy is Tom.

投稿日時 - 2009-03-22 19:19:38