こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車の運転が怖くて仕方がない

今月、車の免許を取得しました。
教習を出て、はじめは家の車で練習していたのですが、
特に問題もなく普通に走れていました。

ですが、2回目の運転のとき、初めての駐車で、
当ててしまいました。
バックでの駐車だったのですが、幸い軽く当てただけだったらしく、
傷もなにもありませんでしたが、
そのときから本当に申し訳なくて、
自分の運転に完全に自信をなくしてしまいました。
完全に練習不足なだけなのですが、今ではすごく怖いです。

最初は駐車が怖かったのですが、今では普通に一般道路を走るのだけでも怖いです。
人の車で、教習の車よりも小さく、
車幅感覚もつかめません。ハンドルも小さくて固く、
最初は違和感がなかったのですが、今はとても怖いです。
怖くなるとますます回りも怖く見えてしまうもので、
歩行者や自転車など突然飛び出してくるものに対して
びくびくしています。
毎回無事に帰れたときは、よかった今回は何もなかったと安心しています。

皆さんは毎回こんな思いで車を運転しているのでしょうか?
車の運転は運だなんて思っています。
事故にあわなかったのも、駐車がうまくいったのも
今日は運がよかったと考えています。
事故は絶対起こらないとは言えないのでそれでいいのでしょうが、
駐車は、これで絶対入るという確信がありません・・・。
これは自分の技術なのにこのままではいけないと思っています。

うまくなるには練習のみと分かっています。
でもこのままの気持ちで運転するのは危ないですよね・・・?
まだ間もないのでヘタなのはわかっています。
でも最初はこんな風に考えてしまうのでしょうか?
いつか練習して、車に乗るのが怖くなくなることがあるでしょうか?
少しトラウマになっている部分もあると思います。
長くぐだぐだになってしまいましたが、
よかったらアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2009-03-20 03:50:51

QNo.4811522

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

俺も免許取って数か月はそういうガクガク状態でしたし、一年くらいはリラックスしてドライブなんか無理でしたね

自他へのリスクを小さくしつつ運転に慣れるには、
・一日に長時間乗らない
総運転時間は同じでも、短時間を長い日数、のほうが、長時間を短い日数 よりも危険度的にはよろしいでしょう。

・遠くへ行かない
・よく知ってる道を何度もぐるぐる廻る

ある程度慣れてきたら、今度は逆に
・遠出してみる。高速でぶっとばしてみる
(と、言ってもふつうに100km/h以内で。じゅうぶん「ぶっ飛ばし」ですよね)

とか。

クルマの運転は怖いと、いつまでも思ってるほうがいいと思いますね。
普段走ってると「コイツが事故してないのは運が良かっただけ」って運転の奴をいっぱい見ます。
そういう奴は最初から怖いとも思ってないのではないでしょうか。
というか年中行事のようにぶつけたりぶつけられたりして平気でいる奴も実際居ますし。

投稿日時 - 2009-03-20 04:09:34

お礼

やっぱり最初はそういうものなんでしょうか・・・。

細かく教えてくださってありがとうございます。
むしろ高速のほうがいいかもです・・・
障害物が怖くてしょうがない。

そう、事故してないのは運がよかっただけ!
ってほんとに自分のことだと思っています;
怖いと思ってない人ほど怖い運転なのでしょうか。
適度に怖いと思えるように頑張りたいと思います。笑

細かくありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-20 04:30:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

慎重なことは良いことだと思うけど・・・
免許をとってしばらくして自信がついて慣れてきたころが事故が多いと聞いたことがあります。

駐車は、両隣に車のない、スペースの余裕のあるところを選んでとめてみては?どうしても狭い場所しか無かったなら、また後で来くることにするという気持ちの余裕も必要かもですね

スピードにのれない、他の車よりかなり遅いというのは、危険です。でも、一般道で、しかも追い越しできる二車線だったら、左側をゆっくりはしっても問題ないよね・・・ゆっくりはしっている物体にぶつかっても、怪我も事故も大したものにならないよね。

もしかしてあの角で飛び出しがあるかも もしかしてあと少しバックしたら壁にこするかも・・・という、もしかしてをたくさん頭の中で想定しながら、視線は遠くに、慎重に運転すれば大丈夫です。

ハンドルが固いのは・・私も以前そういう車でした。はじめは嫌でしたが、慣れたら逆に、他の車が運転しづらくなりました。

私が免許を取って1年くらいは、運転前に5分だけざっと教習本を見てから運転していました。そのときは運転を思い出すため、と思ってましたが、今思えば自信が出て、気持ちが落ち着くおまじないだったと思えます。

投稿日時 - 2009-03-21 21:52:09

お礼

やはり両隣があいてるほうがいいですよね。
最初のうちは止めやすいところを選びたいと思います。

ハンドルが固いのは慣れるしかないんですね・・・。
教習本ですか。
まだ免許取ってから読んだことないです・・・。
もう一度復習のためにでもよんでみようとおもいますね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-29 07:25:10

ANo.11

乗り始めの最初のころは、車庫ではハンドルをあっちこっち回して大変でしたね、サイドミラーも当てそうになったり、当ててましたね。
だけど今は駐車はそれほど心配してないです。
まず当たらないように、当たるということがないように停めるようにしています。
速度は歩くような速度ですし、駐車スペースをよく確認したり、ハンドルを切る時も横のもの(車や壁)からかなり離れて、すれすれということがまず起こらないようには気をつけてます。
途中で降りて車の周囲を再確認ということもありますよ。
だけどそれでも思いがけずに人が通ったり、操作に過信が出るのでやっぱり安心というわけにもいかないです。
やっぱり停めて安心という感じです。
(そんなこんなでいろいろ工夫するとこが少し楽しいのかもしれませんね)
運転も大雑把にいうと、そんな感じでやっているかもしれません。

ま、細かく見れば、運というのもあるんでしょうけど、運という感じは持ってないと思います。
くじ引きじゃないし、やっぱり走ってるときの目の前の状況と自分の考え・操作・選択などが主なものになると思いますので。

それで、乗ってないときは、あまり考えすぎない方がいいのかもしれません。マイナスの方向に考えやすい気がします。怖いという方向で考えやすいですね。(これは自分もそういうとこがありますね)
で、乗っていても調子の悪い時は消極的になったりするときはありますよ、やっぱり。
だけど乗ってしまうと、前向きなものが出やすいとこはありますね、でないと進みませんもの。
運転中は集中すること、やドライバーがしっかり運転しないことにはという感じにはなります。

あとは次のようなものがありましたので何かの参考になればと思います。では、あせらずに頑張ってください。
(アクアジャパン:安全運転テクニック:Q16 ハンドルを持つのが、とても怖い)
http://polymer-sensya.com/drive-technique.htm#dt16

投稿日時 - 2009-03-20 12:15:51

お礼

駐車の途中で降りるのもありなんですね。
周りがこんでて出来ないときがほとんどなのですが・・・
練習のときにやってみます。

考えすぎないことも大事なんですね。
消極的にかなりなってしまうところがあります。
前向きに頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-29 07:22:26

ANo.10

いや、誰でも最初はそんなものですよ。
小さくぶつけるのなんて当たり前です。
わたしは他人に初めてのクルマを推薦するときに
「教習車に近いサイズの車」を勧めますが、サイズの違いが少ないのはもちろんですが「丈夫」というのも理由のひとつなんです。
ある意味最初の一台は「練習車」と割り切ったほうが良いですね。

しかし現在クルマがあるのですから、それは無理ですね。
かといって、今が実はクルマをのり続けるためには「大切な時期」でもあります。
ですので、きちんと「心の整理」をしないといけない。

「運転が下手な人」というのは、大抵が「我流」に走るから下手なのです。
最初のトラブルがトラウマになってしまうと
・早く走れない
・車線の真ん中をキープできない
・流れに乗れない
・速度のコントロールが極めて雑
・車間がとれない
などの影響が出てきます。
これは我流の運転が染み付いてしまったためで「遅く走りたい」もしくは「早く目的地に着きたい」ために、安定した操縦を「無視」してしまっているからです。
こうなってしまうと直すのが大変ですから、今のうちにどうにか解決しないといけません。

車の運転はサイズが違っても「すること」はまったく同じです。
教習所の運転をよく思い出しながら運転してください。
車が小さくなると
・左右が広く見えて、真ん中がわからない
・トランクが無いクルマだと、バックの目印が無い
などの違いがあって戸惑いますが、基本的にはクルマは
「ただの箱にタイヤが4つ付いた乗り物」だということです。
ただタイヤの位置に違いがあったり、大きさや、前の出っ張りが長いとか、後ろの出っ張りがないとか、そういうことでしかありません。
基本は「同じ」です。
そして教習所はその「基本」を第一として教習を行っているのです。
大きい、小さいはありますが、それは
「教習車より前が短いなぁ」「トランクが無くて後ろが短いな」「幅が狭いな」という「認識」のもとで、イメージしてみてください。
走る前でも良いですよ。
運転席にのってから、教習車に乗っていたときの感覚を思い出し、形や大きさを思い出してから、自分の車を想像してみて下さい。
良くわからなかったら降りて確認してください。
いろいろなことに気づくはずです。
その上で運転してみると「あれ?」って思うはずです。
これを繰り返し、徐々にイメージを補正していきます。
そのうちに、自分の車の「感覚」が身についてきますよ。

運転はすべて「理由」がある「現実」です。
「運」と書かれている方もいらっしゃいますが、それは違うと私は思います。
事故は未然に防ぐことが出来るものです。
技術が足りないから、止まるときに止まれない。
法規を理解していないから、車の動きがわからない。
車の構造を知らないから、どんな挙動が起きるかがわからない。
そしてそれを「運」とか「まあいいや」とか、そういった認識で運転するから技術が向上しないし、時に大事故を引き起こしたりもするのです。
アグレッシブに運転と向き合うことです。
それが「恐怖」を乗り越える方法なのです。

投稿日時 - 2009-03-20 10:31:29

お礼

たくさんありがとうございます。
今のところ5つの項目にはひとつも当てはまりませんね・・・
大丈夫です。

基本を思い出すべきなんですね。
すっかり緊張して忘れているのもあると思います・・・。

理由がある現実ですか。
難しいですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-29 07:20:23

それは練習不足とかじゃなくて 安全確認不足です 安全確認をせずに車を動かせば当然ぶつかりますよ

投稿日時 - 2009-03-20 10:20:47

お礼

ソレはあると思います。
見えないというのもありますが・・・
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-29 07:17:56

肩までガチガチじゃハンドルも回せないでしょう。
怖い中でも操作は軽くできるように練習しましょう。

飛び出してきてから考えるんじゃなくて、この交差点は大丈夫かな?この路地は大丈夫かな?「人だったらこうしよう」「自転車だったらこうしよう」と、考えながら運転します。
回りの状況を判断しながら、それが出来る速度でね。

慣れてくれば、判断も速くなるし、それにつれて速度も上がります。
ただし、慣れて感覚が麻痺してくると危険
誰にでもあることだけどね。ここで事故になるかその直前なのかは運です。

>駐車は、これで絶対入るという確信がありません・・・。
20年運転していますが、未だに入れられないこともありますよ。
やり直せば良いだけです。
別に、それで免許が取り上げられたりするわけじゃないんだし。

恐怖心は必要ですが、それだけを考えていたんじゃ上手くはなりません。
運転は「読み」ですから。
回りの状況から、次の状況を読んでいく。
悪い方で(曲がった先に車や人がいた!)読みが当たれば、よっしゃぁ! さぁ、次はどうする、よし、こうしよう。
この読みを楽しめれば、運転も楽しくなるよ。
そうすれば、車も、自分の動きたいように動かせるようになるし。
そうすれば、更に楽しくなります。

投稿日時 - 2009-03-20 08:50:10

お礼

運転には全く問題ないのです。
まだリラックスして出来るほうだと思います。
とっさのことが緊張してしまいますが・・・

やり直しですか・・・
当てるまで分からないのが困ったところです。
読みですか。
やっぱり予測が大事なのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-29 07:17:16

ANo.7

>車の運転は運だなんて思っています。

運ですよ。
普通に走っていても、前の車が急ブレーキをかけることだってありますし、子供って平気で飛び出してきますからね。
裏路地を走るときは、いつも緊張していますよ。
今なんて、高速を逆走する人もしょっちゅういますから。
いきなり前から来るかも??なんてことを考えながら走っておかないといけないですからね。

俺は細い路地に入るといつも、「前から対向車くるなよ」「自転車飛び出してくるな」って祈りながら走っていますよ。

>2回目の運転のとき、初めての駐車で、
>当ててしまいました。
>バックでの駐車だったのですが、幸い軽く当てただけだったらしく、
>傷もなにもありませんでしたが、
>そのときから本当に申し訳なくて、
>自分の運転に完全に自信をなくしてしまいました。

バックで当てるなんて誰もが通る道です。

余裕が出てきたら前を走る車をよくて見て見てください。
後部の端っこの方かど真ん中が凹んでいる車って結構います。
みな、結構当てているんですよ^^;

>駐車は、これで絶対入るという確信がありません・・・。
これは自分の技術なのにこのままではいけないと思っています。

慣れればなんとかなります。
早めの切り替えし!
縦列駐車を含め、とめにくいと感じたら入り口から遠かろうが、遠い駐車場だろうがそちらを選ぶ、そうやって無難なところを使うようにし、徐々に慣れて行きましょう。
そうやって「あたらない距離感」が把握できれば、とりあえず当てることはなくなります。当たりそう!って思ったら切り返せばいいんですからね。

投稿日時 - 2009-03-20 08:30:16

お礼

やっぱり運なんですね・・・

結構皆当ててるんですね・・・!
誰もが通る道、ちょっとだけ安心しました。笑

慣れればなんとかなりますか!
やっぱりなれですよね。
練習頑張ります。
あたらない距離感・・・これだけは早くつかみたいです・・・。

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-24 09:43:47

その怖い気持ちが大切です 走る凶器と言われる車を運転しているのです
その気持ちを 無くして安易に運転する人が事故るのです
安全第一で慎重に運転してください 加害者にならない条件です

投稿日時 - 2009-03-20 06:59:06

お礼

怖い気持ちが大事なんですね。
安全運転、心に刻みたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-24 09:38:33

自分も、初めは恐怖心を抑えながらの運転でしたよ。

初めのうちは初心者マークをおもいっきり見える位置に貼って、迷ったら、止まるぐらいの気持ちで運転した方が良いですよ。

後、自分だけかもしれませんが、自分はフィーリングだけで覚えないようにしています。乗らないでいると、このフィーリングの掴み具合が解りづらいですから。ある程度、理論や位置的なものが頭に入っていると、フィーリングも戻りやすいです。

もしかして、軽トラックとか乗っていませんか?
軽は、ハンドル硬くて、クラッチペダルは、変な感覚です。

ハンドルはパスステという小さな力でも回せるシステムがついているのですが、古い軽トラックにはついていません。

軽のクラッチペダルは、油圧式ではワイヤー式なので、半クラッチが解りづらいものです。

個人的意見ですが、バックは、ATの方が覚えやすいですね。
MTでも、いいですけど、下手に半クラをしないことを意識するとなかなか上達しない可能性があります。エンジンが温まっていない状態で、バックでクラッチつなぐとけっこう速度でますからね。

バックは、ドアを開ける。駐車し降りて確認してちゃんとした位置に止める。そして、その時の運転席から見たミラーや目視しの感覚を覚えるだけです。

運転する前に、3次元的にイメージして先端、横、後ろ、後ろ角がどのへんと考えると、けっこう掴みやすいものですけど。
とはいいつつ、ぶつけたくないから、いっつもドア開けて目視しています。

投稿日時 - 2009-03-20 05:28:54

お礼

感覚だけではだめなんですね。

いや、ケートラではないです。笑
ATなので・・・
軽でもないんですけど教習者に比べて小さいなぁと。

ドアをあけるんですね。
逆に反対が見えなくて怖そうですが・・・
やっぱり駐車は感覚ですか・・・

イメージもだいじなんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-24 09:32:08

ANo.4

こんにちは。私が初めて免許を取ったのは二輪(中免)だったので、初めて車の教習に行き、免許を取り、車に乗った時には「なんて安定しているんだ」とまず安心感から入りました。二輪はまず「真っ直ぐに倒さずにいる」事から始まりますから。自信過剰もダメですが恐怖ばかりでは体が固くなり、かえって冷静な判断ができないかも知れません。やはり徐々に慣れて行くしかないですよね。私は恐怖より(乗りたい)が勝っていたので、恐怖ってのはあまりありませんでした。むしろ違法改造車に乗っていたので(21年前)警察に捕まる方が恐かったですね。(笑)ゆっくりゆっくり焦らずにやっていきましょう。因みに車は小さい方が簡単な気がしますが大きい方が簡単な気がしますよ。例えばバック時の駐車など白線に車体の幅が合わせ易いです。たまーに軽四とか乗ると「乗りにくいなぁ」と感じる事が多々ありますね。

投稿日時 - 2009-03-20 05:21:48

お礼

おー二輪車の話ありがとうございます。笑
乗りたいが勝ってたんですけどねえ
頭を打ってしまいました。
アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-24 09:29:16

ANo.3

 始めは怖いモノですヨ。
 場数をふんで慣れるのが一番良いと思います。

 毎日、ちょっとでも良いので運転すると、だんだん慣れますヨ(コンビニまでとか)。夜(夜中)の方が運転しやすいかと思います。

 そのうち、気をつけるポイントがわかってきますので、そうするとメリハリのある運転ができるようになります。

投稿日時 - 2009-03-20 04:17:13

お礼

やっぱり場数ですよね・・・
わかっているのですがそれが怖くて。

そうですね、毎日少しずつ練習したいと思います。
夜中ですか!
考えもしませんでした。
確かに人なんかは少なくてよさそうですね。

メリハリがある運転が出来るよう、頑張ります
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-20 04:32:31

ANo.1

車の運転手に「恐怖心」は必要です。
こわがって「あたりまえ」ということを
忘れないでください。
人の命さえ、かんたんに奪える機械ですから
あたりまえですよね。

ジムカーナクラブ とか 卒業した教習所では、
そういう問題を解決してくれますよ。

いまの現状に安心したいのなら、
いまより厳しい条件・環境下で練習すると、
自信へつながるでしょう。

むしろ、恐怖心なく運転している人たちより、
あなたはドライバーに向いてます。

恐怖心よりも、過失のほうがもっと救いようがありません。

投稿日時 - 2009-03-20 04:03:36

お礼

やっぱり恐怖心は必要なのですね。
適度な緊張感を持ったほうがいいということでしょうか。

人の命を簡単に奪えると知ってしまったから
余計に怖いです。

残念ながらジムカーナクラブというものは知りません・・・。

今より厳しい条件ですか・・・
頑張って挑戦してみたいと思います。

向いていると言って頂いて嬉しいです。
これが自信へ繋がればと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-03-20 04:27:25

あなたにオススメの質問