こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FX取引の内容について

FX取引にお詳しい方にお聞きしたいことがございます。

例えば証拠金10万円で10倍の買い取引を行ったとき、FX会社が差額の90万円を負担して合計100万円分の為替を現物買いしているということでしょうか?
刻一刻と変動して、例えば開始時に1ドル=100円だったのが1ドル=90円になった時点で”強制終了”となり、証拠金の10万円が没収されるという理解でよろしいでしょうか?

この時にFX会社が行う”カバー取引”の内容としては、100万円分の”売り”であり、これにより為替リスクは相殺。この解釈だと為替が為替が上がり続けたとき儲けは全て顧客のモノになってFX会社の儲けはありません。逆に為替が下がって強制終了になった場合に証拠金の10万円がFX会社に入ってきて初めて儲けになるという解釈でよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2009-03-07 00:15:01

QNo.4774941

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> つまり、為替取引は全て相対取引なので、FX業者自体が相手方になったり、FX業者内の顧客を引き合わせたりするのですね?

FX業者自体がそのまま相手方になることはほとんどないと思います。顧客の利益がFX業者の損失になってしまうのでリスクが大きいです。

> もしくは、カバー取引とはその相手方にカバー先金融機関をあてることなのでしょうか?

そうですね。このケースがほとんどだと思います。当然、カバー先金融機関にはFX業者以外にも様々な取引先があるので、間接的にその取引先と取引を行っていることになる場合もあるでしょう。

投稿日時 - 2009-03-08 20:56:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

FXは差金決済です。差金決済とは「現金の受け渡しをせずに反対売買の差金のみで決済すること」です。

買う人と売る人がいて売買がなりたちます。決済時にどちらかが損してどちらかが儲けるわけですが、損した金額と儲けた金額(差金)は同じです。決済時に損した人から得した人へその差金だけが動くわけです。損してなくなった証拠金は、FX会社の利益になるのではなく、反対売買で儲けた人に渡ります。

FX会社は、カバー先金融機関が提示するレートより、わずかに悪いレートを顧客に提示し、そのわずかな差から利益を得ているのです。

投稿日時 - 2009-03-07 11:40:00

お礼

ありがとうございます。なるほど!
つまり、為替取引は全て相対取引なので、FX業者自体が相手方になったり、FX業者内の顧客を引き合わせたりするのですね?
もしくは、カバー取引とはその相手方にカバー先金融機関をあてることなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-03-08 14:35:21

ANo.1

最低必要証拠金という設定があると思いますが…。
それは恐らくFX業者により異なります。
強制決済の場合はその強制決済の基準になる時間から次の基準時間で
大幅に相場が変動した場合は請求もあり得ます。

儲けは常にスプレッドや手数料で発生していませんか?
実際そのFX会社が取引してようとしてまいと
それは私にとってはどうでも良いことですので考えたこともありません。
他の方からの回答をお待ちください。

投稿日時 - 2009-03-07 11:26:58

あなたにオススメの質問