こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

論文検索法(アートマネージメント関係)

こんにちは。経済のカテゴリーで質問してみます。
論文の検索方法をご存知の方、教えてください。過去の質問を見ると分野を書き添えるとよいようでしたので簡単に説明しますと、レベルは修士で、テーマは(漠然としていますが)芸術と経済、特に日本経済です。
よろしくお願いします!

投稿日時 - 2003-02-12 20:11:15

QNo.471188

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

わたしは経済・芸術の専門家というわけではありません。が、文献情報の収集に関して、多少知識がございます。
その観点から、もしかしたら、お役にたつのではないかと思われるサイトがありますので、ご紹介いたします。


◆こちらは東京大学で所蔵する【本】の「目次情報」や「内容情報(要旨・帯・カバーからの情報)」で検索できるデータベースです。
◎ブックコンテンツ・データベース
http://contents.lib.u-tokyo.ac.jp/contents/index_j.html

「検索キーワード」に「経済 芸術 日本」といれて検索し、ヒットしたリストの中には↓のような本がありました。


「デザイン」の経済学―“付加価値の時代”の意味と読み方
Author: 佐藤/典司【著】
Publisher: PHP研究所
Year: 1989



◆こちらは国会図書館に収められた【雑誌】の目次の情報を検索できるサイトです。 ただし、抄録情報はありません。

◎国立国会図書館蔵書検索・申込システム
http://opac.ndl.go.jp/

↑こちらの画面から「雑誌記事索引の検索/申込み」をクリック

「論題名」に「芸術 経済」といれ検索ボタンをクリックします。
(ここでは、論題だけが検索範囲となりますので、論文タイトルに含まれるだろう単語を想定しなければいけません。また、シソーラスは用意されていません)

ヒットした文献の中には。
↓のような文献がありました。


粟野 修司 「芸術と経済の狭間で--Desperate Remediesとアイデンティティの揺らぎ」
『大阪学院大学外国語論集』(46) [2002.9]


また、こちらのデータベースでは、論文著者名からも検索できますので、研究者名から、先行論文を洗い出すことも可能かと思います。
あと、雑誌名を「エコノミスト」というように、最初から経済誌に絞って、論題名を「芸術」だけとするなど工夫すると、検索に広がりが出ることもあります。


いずれのデータベースも、「メセナ」「美学」「美術」など、検索語を変化させると、検索結果はずいぶんと違ってくると思いますので、いろいろ工夫してみてください。



#このほか、有料の文献データベースに、「大宅壮一文庫雑誌記事索引」「MAGAZINEPLUS」などがあります。
所属大学の図書館で契約していないか、レファレンス・カウンターでご確認ください。
学部生では使用できない場合もありますが、院生なら無料で使用可能としている場合もあるかと思いますので。

#また、「日本経済新聞」には、CD-ROM版があります。
もし、これが図書館にあれば、そちらを利用してみると、また違ったヒントが得られるかもしれませんね。

ご参考までに。

投稿日時 - 2003-02-12 23:00:39

お礼

たいへん参考になりました。
大学が海外にあり、もう戻らずに論文を仕上げるつもりですので大学の図書館が使えないのがつらいところですが、がんばります!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-17 10:01:24

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>大学が海外にあり、もう戻らずに論文を仕上げるつもりですので大学の図書館が使えないのがつらいところですが、がんばります!


いまは日本国内在住なのでしょうか?
まだ時間的に余裕があり、ご紹介した「国立国会図書館蔵書検索・申込システム 」内にほしい論文などがある時は、インターネットで文献複写依頼をすることも可能です。ただし、事前に登録して、IDとパスワードの交付を受けなくてはいけません。
詳細は↓で。

◆登録利用者制度のご案内
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html
http://www.ndl.go.jp/

投稿日時 - 2003-02-17 20:58:53

お礼

はい、今は日本です。再度の書き込みありがとうございます。
実はぜんぜんテーマが絞り込めず、あれからずっと同じ場所で足踏みをしている感じです。。。 がんばらねば。

投稿日時 - 2003-02-27 11:13:14

ANo.4

参考URLと同じ答えになりますが…。

 大学院の方であれば、図書館に行って調べましょう。わからなければ司書に聞きましょう。レファレンス窓口はそのためにあります。レファレンス窓口でどれだけのことをしてくれるかは「九州地区国立大学図書館協議会レファレンス事例DBシステム」
http://web.lib.kumamoto-u.ac.jp/ref/edu/
を見ればいいかと思います。もっとも、司書資格すら持っていない大学図書館員も多いですから、あたりはずれもありますが。

なお、論文は学術雑誌に載りますからWWWサイトではかなり偏るでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=392758

投稿日時 - 2003-02-13 12:24:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
図書館で助けてもらえる、というのは、恥ずかしながら知りませんでした。
さっそく行ってきます!

投稿日時 - 2003-02-17 10:06:09

ANo.3

経済学研究科で修士論文を先月書き終えた者です。

ここでのご質問はおそらく、インターネットでの論文検索方法のことだと思うのですが、
私の経験上、論文検索にはあまりインターネットは役立ちませんでしたね・・・
むしろ、ご自身のテーマに関しての最新の本なり論文なりを読んで、その参考文献として載せられているものを辿っていくというやり方が(地味ではありますが)一番有効だと思います。

なお、経済学の分野に関して言えば、英語の論文では、NBER(http://www.nber.org)などでダウンロード可能ですし、下記のHPで検索可能ですよ。(残念ながら、日本語のHPは私は知りません。あるのかもしれませんが。)

参考URL:http://ideas.repec.org/

投稿日時 - 2003-02-13 06:54:47

お礼

「参考文献を辿っていく」
とっかかりの数冊の本をたよりに、やってみます。
英語の論文については所属大学のフォローがあるのでなんとかなりそうです。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-17 10:04:28

以下の参考URLには関連質問がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#7で紹介した成書を参考にされては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=328136

投稿日時 - 2003-02-12 22:23:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
さっそく入手してみます!

投稿日時 - 2003-02-17 09:56:05

あなたにオススメの質問