こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ポトスの水栽培→鉢植え、葉の大きさ

ポトスを水栽培し、根が10cm以上・数本出てから鉢植えにすると…なぜか枯れてしまいました。枯れる寸前をまた水に浸けると根がでるので、葉が7、8枚出たところで再び鉢植えにすると…また枯れてしまいました。今、3回目の水栽培で元気に半年程いるのポトスを、今春再び鉢植えにチャレンジしたいのですが…。枯れないコツをお教えください。また、葉を大きくするコツもありましたら、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-02-03 08:23:13

QNo.4684958

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは
水栽培した根と土の中の根はちがうようですよ

初めから土に挿すといいです

園芸店に行くと「発根剤」と言うものが売っています

それを切り口にちょんとつけて 土に挿すと根が出安くなります

もちろん冬などではだめですが 暖かくなってから試してみてください

発根剤は大抵の植物に使えますから一度買ってしまえばしばらく持ちますよ

それとポトスは上に行くほど葉が大きくなる性質がありますから伸びてきたら支柱につけるなどすると良いと思いますよ

投稿日時 - 2009-02-04 10:05:25

お礼

え?根が違う??ははぁ…なるほど…。発根剤なるものがあるのですか?!いよいよ試してみたくなりました。ありがとうございます☆

投稿日時 - 2009-02-04 10:13:08

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

植替えをされたのは、最近の事でしょうか。
もしそうであれば植替え時期外に行われたためで、基本とされる5月~
8月の間に行えば失敗は少ないと思います。これが枯らせないコツだと
思いますよ。

葉を大きくさせるには、やはり環境と栽培管理がポトスに最適である事
が第一条件になりますね。春と秋には直射日光に十分に当て、夏は葉焼
けから防ぐために半日陰に置くか遮光をして光線を弱めてやります。
冬場は窓辺で光線が常に当たるようにすれば、元気に生育します。

越冬をさせるのに必要な温度は5℃以上で、光線が当たってエアコンの
温風が直に当たらなければ大丈夫です。

鉢植えの場合の水遣りは、春と秋は鉢土の表面が乾いたら与えます。
夏場は多くの水分を必要とするので、基本としては毎日あたえますが、
天候によって土の乾き具合も変化しますから、目視だけでなく指先で土
の湿り具合を確認して与えるようにして下さい。冬場は休眠するので、
鉢土が乾いたら与える程度で構いません。

肥料は5~8月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えます。
緩効性化成肥料は名前の通りで、緩やかに溶け出して効き目が長く持続
する肥料です。この肥料でしたら、根に直接触れても根枯れを起こす事
はなく、量を間違わなければ肥料による失敗はありません。
またほとんどの植物に使えますから、購入してみられて下さい。

投稿日時 - 2009-02-03 15:49:26

お礼

詳細な専門的情報をありがとうございました☆5月以降に植え替えを試みてみます。

投稿日時 - 2009-02-04 10:09:51

ANo.1

はじめから土に挿すといいでしょう。
もしくは葉が出始めたらすぐ土に下ろします。
葉を大きくするには陽を少なくすることです。
私の場合北側の窓で、しかもレースのカーテン越しです。
陽が射すようなところにおいているのでしょう?

投稿日時 - 2009-02-03 08:53:09

お礼

日当りは、微妙に当たるところに置いてます(^^;はじめから土に挿す?!そんな斬新な手があったとは…面白そうなので試してみます。ありがとうございました☆

投稿日時 - 2009-02-04 10:07:28

あなたにオススメの質問