こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

計器速度と真大気速度について

1・計器速度(IAS)とはピトー管へ入ってくる空気密度(気圧が低い=動圧小さい)が少ないと遅く、多いと(気圧が高い=動圧大きい)速度が速く表示するのでしょうか?

2・真大気速度(TAS)は気圧が低い=動圧小さい時は速くなり!・気圧が高い=動圧大きい時は遅くなるという考えでよろしいのでしょうか?

3・今実際に出ているスピードを確認する時は計器速度?真大気速度どちらですか?また、2つのスピードはどのように使い分けるのでしょか?

よろしくお願します。

投稿日時 - 2009-01-23 19:53:01

QNo.4654892

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

nrb

対気速度計
周囲の空気に対する航空機の速度(通常はノット)を表示する。ピトー管でラムエア圧を測定して動作する。真の対気速度を得るには、表示される対気速度を空気の密度(高度や気温や湿度で変化する)で補正しなければならない。対地速度を得るには、風の状況で補正しなければならない。

実際は今は速度はGPSで確認する

投稿日時 - 2009-01-23 20:05:31

あなたにオススメの質問