こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ipv6の表記方法

ipv6の種類で、
・グローバルユニキャストアドレス(2000::/3)
・サイトローカルアドレス(fec0::/10)
・リンクローカルアドレス(fe80:://10)
があるのはわかっているのですが、これらの表記方法について曖昧な点があるので投稿させていただきました。

グローバルユニキャストアドレスの「2000::/3」という表記方法ですが、
なぜ「2::/3」ではなく、「2000::/3」という記述方法をするのでしょうか?
やはり、「区切り内に先頭から0が含まれている場合0を省略できます」
というルールがあるみたいですが、先頭から0が続いているからではなく、ブロックの後ろに(0010=2の後ろ)0が12個続くから、
2000::/3の表記になっているのでしょうか?
それで、頭の3ビットの「001」がグローバルユニキャストであるという
意味を示すために/3がついているのでしょうか?

サイトローカル、リンクローカルの後ろの「4ブロック目の0」が表記されている意味も同じなのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授のほうよろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-01-23 19:26:28

QNo.4654831

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> なぜ「2::/3」ではなく、「2000::/3」という記述方法をするのでしょうか?

「2::/3」(=「0002::/3」)と「2000::/3」って別物ですから
他も同様

投稿日時 - 2009-01-23 19:45:51

お礼

やっぱり、0002になるんですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-26 13:31:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問