こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ガーミンGPS Vista HCx の使い方

意を決してGPSを購入したのは良いのですが、基本的な使い方がわからなく困ってしまいました。

地図上に、登山で歩いたコースを表示させたいと思います。GPSのメモリーの中には、現在、08-12-12、08-12-13などのように、全部で5~6回分の登山データがいくつも入ったままです。

それを登山日ごとに個別に取り出してPC上に.gbd(?)データとして保存したいのです。

ところが、GPSからPCにアップロードすると、GPS内の全てのコースが同時にアップロードされてしまい、登山日ごとのルートを個別に保存出来ないのです。

ですから、GPS本体のメモリーが99%のところまで来てしまって、もうこれ以上解決を先延ばしにもできないなあ、というところまで来てしまいました。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、アドバイスして頂けるとありがたいです。

カシミールはVer 8.8.2、MapSourceのTrip & Waypoint Manager は Ver 1.00ですが、いずれもうまく使いこなせていないため、データが個別に取り出せないのです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-01-18 12:27:28

QNo.4639771

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 Jagar39です。

>これは、Topoの2万5千図を入れれば何とかなるのでしょうか。

 大幅に改善されると思います。
 ただ、20万分の1地図でも、「だいたいこの辺」というあたりをクリックすれば、候補がずらりと出てきませんか?その候補から一番早い時刻のモノを選べば、それが始点ですし、一番遅い時刻のモノを選べばそれが終点ということになります。

 実際に山で使うにはTOPOが入ってないとほとんど使い物にならないので(地図表示機種としてはほぼ無意味)、TOPOは購入をお勧めしたいところです。

>もう一つ疑問点が残りました。HCx内のこれまでの軌跡は全てクリアしたつもりでしたが、登山途中に現地で記録したフラッグのアイコンのウェイポイントが数字つきで残ってます。これは、どうやってメモリーからクリアするのでしょう。

 いくつかあるのですが、メニューから「検索」→「ポイント」でポイントの検索画面になったらサブメニューを開いて「削除」で全ポイントを一気に削除できます。
 また、メインメニューから「トリップコンピュータ」を開いてサブメニューで「リセット」を選ぶと、ウエイポイントだけでなくいろいろなメモリを消去できます。
 散歩の時に歩いた距離などをリアルタイムで知りたければ、ここで積算距離を消去してから歩き出せば、トリップコンピュータで歩行距離を見ることもできますし。

投稿日時 - 2009-01-25 01:28:11

補足

Jagarさん、返事が遅くなってすみません。

>「だいたいこの辺」というあたりをクリックすれば、候補がずらりと出てきませんか?

このあたりが、よくわかりませんでした。GPS本体に入っているデータは全て消去してしまったので、また山行後に試してみないといけません。

多分、その候補に時刻のデータがついているわけですね?

なかなか機械と相性が合わず、いつも苦労しております。マップソースとカシミールをどう使い分ければ良いのかもわかってないのです。どんな時に、どちらをどう使えばいいのかもわかってません。情けないですね!

TOPOを入れたときには、どちらのソフトでも地図を開けるわけですよね?

取りあえず、お勧めのように、さっそくTOPOを買いました!

最後に。フラッグのアイコン削除の件も一度、おっしゃる通りに試してみます。実は、明日からしばらく出張で、インターネットの環境にないため、レスができません。

また、試した後で、改めてお礼を述べさせて頂きます。

ご丁寧にありがとうございます。感謝しております。

では。

投稿日時 - 2009-01-26 20:04:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

#1です。

乗りかかった船?なので…

カシミールは特に使い込んでいたわけではないのですが、
ファイル編集は
・メニュー=>通信=>GPSからダウンロード=>トラックデータ(またはすべて)を選択
・「アップロード/ダウンロードリスト」ウィンドウが表示されているので、ここでとりあえずカシミールにデータを保存します(ここまではOKでしたよね)
・メニューから編集=>GPSデータ編集を選び、「GPSデータエディタ」ウィンドウを表示させます。
・このウィンドウの左側のツリー表示の「トラック」をクリックすると右側に、ダウンロードしたトラックデータがすべて表示されます。
・スタート時刻やエンド時刻が表示されているので、1つのファイルに保存したいトラックを(複数)選択しておき、メニューの「ファイル」=>「選択したGPSデータの書き出し」を実行して適当なファイル名を付けて保存します。(自分はファイル名に日付+行き先を付けて保存しています。ファイル名の前半に日付を使うとエクスプローラなどで検索する際、日付順に並んでで表示できるので)

トラックデータの複数選択は通常のWindowsのアプリの作法です。(CTRLキーを押しながら選択したり、SHIFTキーを押して選択など)

上記の方法をお試しください。

あと、PCに吸い出しただけで消えてしまうような仕様だと、万が一吸い出しに失敗してしまった場合にデータが消えてしまう可能性があるので、製品的にはそういう仕様にはしないと思います。

投稿日時 - 2009-01-21 09:04:11

お礼

あ~なるほど!

GPSデータ編集の画面には、登山日ごとの複数の軌跡があります。そして、確かに、それぞれの軌跡に付随した細かいログが、その下にずらり並んでいます。

pochi2tamaさんのおっしゃるのは、これですね。これを日付ごとに複数選択して、アドバイスして頂いたようなやり方で保存していくのですね。

何となく、イメージはできてきたような気がします。

今後のGPS利用については、みなさんの助言で方向も定まってきたのですが、自分にとっては、これまでのデータをどうやって分断するか・・・でしたので、これで、解決の糸口がつかめたような気がします。

データ編集画面を開いて、チャレンジしてみる予定です。一度やってみます。本当に御世話になりました。

再度、お礼を述べさせて頂きます。

では。

投稿日時 - 2009-01-22 06:47:56

 同機種を使っています。購入してもう1年くらいになります。

 単純な話ですが、軌跡ログをずっとオンにしてませんか?
 それと、ユニット上で軌跡ログを保存する時、「全ての軌跡を保存する」かどうか選択肢が出てくるのですが、そこで[はい]を選択してないでしょうか?
 ここで[はい]を選択すると、ユニットのメモリにある軌跡データ全てを1つのファイルとして保存してしまいます。
 ですから例えば、1月1日にAという山に行き、下山してから軌跡を保存し、1月2日にBという山に行き、下山してから軌跡を保存する、ということをやると、1月2日に保存したデータには、1月1日の軌跡と1月2日の軌跡が両方含まれているわけです。

 私は、軌跡は通常はオフにしていて、登山口でオンにします。そしてその日の行動を追えたらオフにするわけです。
 オフにした時に軌跡ログを保存しますが、その時は「全ての軌跡を保存する」に[いいえ]を選択します。
 すると、どこからどこまでを保存するか聞いてくるので、登山口のポイントと行動終了地点のポイントを指定する、という手順でやっています。
 こうすると、1月1日のファイルは1月1日のログのみになるため、ユニットに残しておいてもカシミールやマップソースに転送しても扱いやすいです。

 これまでのデータが全て一連になってしまっているのは、マップソースかカシミールで分断することができます。

投稿日時 - 2009-01-21 08:42:44

お礼

Jagarさん、お世話になります!

軌跡ログをずっとオンにしてませんか?・・・その通りです。
オフにするという発想がまったくありませんでした!

さっそくテストしてみました。

軌跡全体を保存しますか(いつもは、ここで「はい」)→今回は「いいえ」→開始ポイントを選択→ポイント選択→終了ポイントを選択→選択→保存軌跡の画面→OK

なるほど、です!納得がいきました。まずは、ここの部分がわかっていなかったことでした。

今、机上でGPS片手にテストしてみた様子では、開始ポイントと終了ポイントは地図上で設定することになっています。これは、開始地点をクリックする形で指定しました。

ただ、自分のHCxには、まだTopoが入れてないので、工場出荷時の20万図上で開始&終了ポイントを指定することになっています。

ですから、非常に見づらくて、保存軌跡が山中だけに、人工物等がほとんど20万図には記載されていません。そのため、どこが開始&終了ポイントなのか、非常に見づらい状態です。

これは、Topoの2万5千図を入れれば何とかなるのでしょうか。

もう一つ疑問点が残りました。HCx内のこれまでの軌跡は全てクリアしたつもりでしたが、登山途中に現地で記録したフラッグのアイコンのウェイポイントが数字つきで残ってます。これは、どうやってメモリーからクリアするのでしょう。

いつもすみません。助かってます。

では。

投稿日時 - 2009-01-22 06:36:24

ANo.1

カシミールに読み込んでからトラックデータを編集して、日付ごとに別々のファイルとして保存すればよいと思います。
以前はカシミールを使っていましたが、今は
SportTracks(下記)
http://www.zonefivesoftware.com/SportTracks/
を使っています。
地図はGoogleMapをオンラインで使うようになっています。
また、データを食わせると自動的に日付ごとに管理されるようになっています。

GPSのトラックデータ形式はたくさんあるので、どの形式で保存するかは悩むところですが、自分は現在GPXという形式(XMLのテキストファイル)で保存しています。(SportTracksの標準ファイル形式)。
一般的な形式なのでカシミールでもこの形式で読み書きできます。
以前は.TRK形式でしたが、すべてGPX形式に変換してしまいました。

カシミールでも何でもよいですが、いったんPCに吸い上げたらGPS側のデータを自分で消去しなければならないのは当然です。

投稿日時 - 2009-01-18 17:37:44

お礼

pochi2tamaさん、お礼が遅くなり、申し訳ありません。

あれから、もう一度格闘(!?)してみましたが、やはりどうにもうまくいきません。

おっしゃるように、いったん、PCに吸い上げたら、GPS側のデータを消去しなけらばならない・・・と言うのがミソではないか、と思っています。

ですから、今後は、山行後すぐにPCにデータをアップロードし、GPS側のデータは次の山行までには消去しようと思いました。

いずれにしても、現時点では、複数の登山データが一緒に表示される状況です。ですから、違う日に同じ登山道を歩いたので、複数の奇跡が同時に表示されて何がなんだかわからない・・・という状況です。

何とか、過去のデータを登山日ごとに分割する方法を考えねばなりません。アドバイス頂いたように、「カシミールに読み込んでからトラックデータを編集して、日付ごとに別々のファイルとして保存する」方法を見つけねばなりません・・・・

GPSのトラックデータ形式にもいろいろある点、それからカシミール以外にもSportTracksのように違うソフトがあることも知りました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-21 06:32:58

あなたにオススメの質問