こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

胆嚢摘出手術前の検査

1ヶ月前くらいに、背中の痛みと胃のあたりの痛みで、近所の消化器系のクリニックに診察に行きました。『エコー』『胃カメラ』で検査を行い、エコー検査で【胆石】が見つかりました。
「薬では散らせない大きなモノと、小さいのもいっぱいありますね・・・」と医者に言われ、造影剤を使っての2種類のCT検査を薦められました。点滴を30分程入れてからの検査と、注射をしながらの検査です。
同日に2つの検査は出来ないらしく、2度、検査のみを大きな病院で行いました。結果を持って、また近所のクリニックへ・・・
クリニックの先生は、摘出を薦めるのですが、石の大きさも数もハッキリした事は告げられていません。このサイトをみてから、(そういえば何ミリとか聞いてない・・・と気づいたのですが)
結局、(1)様子を見る (2)摘出する
「今後の事を考えると摘出をお薦めします」と言われ、手術の方向で話を進めてきたのですが、今度は、『胃カメラ』と『大腸の検査』をしないといけないというのです。『胃カメラ』は最初に行ったので、不必要となったのですが、『大腸検査』は胆嚢摘出手術に必要なのでしょうか?
どうせなら、早くに大きな病院に紹介してくれれば、2つの病院を行ったり来たりすることもなく、1日で済ませられるようなことも、かなりの日数と診療費を費やしています。しまいには、また検査??
ちょっと不安になってきました。
・これまでの検査は適当か?
・大腸検査は本当に必要か?
・摘出の必要はあるのか?
以上の3点を、詳しい方にお聞きしたいです。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-01-08 22:13:19

QNo.4614852

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

・これまでの検査は適当か?
・大腸検査は本当に必要か?
「背中の痛みと胃のあたりの痛み」に対する検査と胆石の手術を想定した検査であれば、それで妥当かと思います。敢えて追加するとしたら、MRCPというMRI検査ですね。大腸の検査は胆石手術にはご指摘のように直接必要性は低いと思いますが、痛みの原因を探す上では必要だと思います。胆石がある人に大腸がんが絶対にない、痛みの原因となるような大腸の病気が絶対にないと言い切れませんからね。もちろん、質問者さんは自己責任で拒否することも可能でしょうけど。

・摘出の必要はあるのか?
これはいろいろと調べておられることで、賛否両論あることはご存じだと思います。#1の経験者さんも書いておられるようにいろいろ考え方があります。

投稿日時 - 2009-01-09 08:49:49

お礼

回答ありがとうございます。
検査続きで、仕事も休んだりして、結構気まずい思いをしているので、疑ってしまいましたが、そんなものなのですね。
胆石は発見されたものの、炎症もないようですし、血液検査の結果も正常値のようでした。
このような場合でも、今後の様子を見ていくのではなく、摘出が望ましいのでしょうか?
薬で散らす・・・という方もいらっしゃったようですが、その段階ではない?のでしょうかね。
実は、今日、クリニックに電話をして、手術の件を一時キャンセルしてもらえるように伝えたところ、『大腸の検査は、術前検査なので、その予約もキャンセルですね?』と言われました。
それって、【手術するには必ずしなければならない検査】のように聞こえるのですが・・・。
病院を変えて、他の先生にも聞いてみたいのですが、また検査するのかと考えると、それもまた気が重いです。

投稿日時 - 2009-01-09 19:00:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

約4年前に胆石症で手術の経験をしました。
検査はエコーに始まり胃カメラ・大腸レントゲン検査・MRI・血液検査(何故か2回)・心電図・CTこの他に検査したと思いますが結構多かったという記憶だけが残っています。

私の場合ある日突然お腹が張って少し苦しくなりました。
町の病院でエコーで検査してもらうと胆石に石があるよと言われ胆石症のお話を少し聞くことに。

胆石に石があるのに気がつかない人は多いそうです。
その石をサイレントストーンと言い年を取るとともに大なり小なりの石持?の人が増えるが死ぬまで気がつかない人がほとんどだとか。

ただ私の場合石があるという事実が分かったの手術を勧められました。
そのまま痛みも起こらなければ良いのですが放っておくと癌化することもあるし痛みが起こった時はメチャメチャ痛くてその時は手術しなかったことを後悔すると思うとか!

しばらくは様子見と言うことにしたのですが食事制限(油物やタマゴを食べると胆嚢が働きまた炎症を起こす)もある意味面倒です。

1ヶ月経った時にまたお腹の張りがあったので先生の手術をするなら日医大を勧めているという言葉があったので日医大に直行
2日くらいで退院出来るだろうと思っていたら結局1週間の入院にその後手術の日取りを決め手術を行うわけですが初めの入院時にある程度の検査を行ったので自分としては比較的楽でした(手術するまで3回入院しました2度目もお腹の張りで1週間、3度目は手術に備えての入院でした術前3日術後3日の1週間が基準と考えてとか)。

取り出した石の大きさがゴルフボール大の物が2個入っていてこれでは胆嚢は機能していなかったのではと言われました。

当然腹腔鏡手術のために開けた穴から摘出出来ず穴を5センチ程切り広げられたのでそこの痛みがちょっと辛かった・・・
でも術後はお腹の張りや痛みも無いので手術を受けて良かったと思っています、食事制限と病院食でダイエット?も出来ましたし(今は戻っちゃったけれどね)。

時間的余裕があるなら手術に踏み切った方が私はいいと思います、自分は後悔していませんから。

投稿日時 - 2009-01-09 00:26:50

お礼

貴重な経験談をありがとうございます。
検査はやはり多いのですね。
私の場合、痛みは比較的軽かった(たぶんですけど・・・)し、他の機能も低下していないようなので、「まだいけるかな」的な気持ちがあります。
これまで健康が取り柄みたいな私でしたので、いざ【手術】となって、怖気づいてしまいました。
もう少し考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-09 18:37:46

あなたにオススメの質問