こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

画像形式のちがい

こんにちは。デジカメの画像保存形式でTIFFとかJPEGとかあるんですが,どういう違い,短所長所があるのですか。短くてすいません。

投稿日時 - 2008-12-22 16:22:03

QNo.4575328

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「JPG」(ジェイペグ)というのは撮影した画像ファイルをなるべく軽く(ファイルサイズを小さく)するために考案された形式で、画像の隣り合った画素部分をまとめてしまうなどの操作によりファイルサイズを小さくしています。(圧縮する、といいます)そのため圧縮が過ぎると画像が滲んだように不鮮明になってしまう欠点があるのです。もちろんデジカメの撮影ファイルでは目で見た限り劣化していると気づかない程度の圧縮ですが。
これに対して「TIFF」(ティフ)というのは、圧縮せずにファイルサイズは巨大(JPGの数倍はある)のですが、画像が一切劣化していないので鮮明なまま保存できます。
現実的にはJPGで十分間に合うのですが、特に大きな写真を大きくプリントしたい、微妙な色合いを再現したいなどの要求があるときにはTIFFで保存して使うと良いでしょう。

投稿日時 - 2008-12-22 16:37:25

お礼

ありがとうございました。丁寧な説明,感謝しています。

投稿日時 - 2008-12-22 16:56:34

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

TIFFとJPEGの細かい仕様はウィキペディアとかで詳しく書いてあるから自分で読んでみてくれ。
ただし、あなたの求めてる答えを言うなら、以下の通り。

TIFF:
 より高画質を求める人向けで、大判印刷をしたい場合など。
 写真1枚の容量が大きくなりがちでメディアを圧迫する。

JPEG:
 WEBサイトに乗っけるとか、メールで配る場合などはこっち。
 JPEG圧縮がかかると、画質が若干落ちる(気になる程度ではないけど)。
 ただし、写真1枚の容量は小さくてすむ。

投稿日時 - 2008-12-22 16:30:15

お礼

ありがとうございました。
やはり,手軽なのはJPEGなんですね。とてもわかりやすかったです。

投稿日時 - 2008-12-22 16:58:14

あなたにオススメの質問